【2021年“配信ライバー”に関する調査】ライブ配信で身についたスキル1位はコミュニケーション力!有名ライバーの配信を見て勉強するライバーも多数!ライバーがライブ配信を始めた理由を大調査!

全国で開催する新時代のロールモデルを発掘するライブ配信コンテスト『MODECON』の運営、その他Z世代をターゲットとしたデジタル事業を手がける株式会社KIRINZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鵜池 航太)は、KIRINZに所属している配信ライバー(以下、ライバー)135名を対象に「ライブ配信」に関するアンケート調査を実施しました。

 


【調査結果概要】
  1. ライバーがライブ配信を始めた理由1位は「夢を叶えたい」から!次点で「有名になりたい」もランクイン。
  2. 他の人のライブ配信は「たまに見る」「よく見る」が90%!ライバー同士のコミュニケーションや配信の参考にするライバーが多数!
  3. ライブ配信をしていて身についたと思うスキル1位は「コミュニケーション力」!「トーク力」や「自己PR力」など就活や芸能活動で役立つスキルも多数ランクイン!
  4. ライバーの憧れのメディア1位は雑誌!広告、地上波テレビなどマスメディアに出たいライバーが多数


【調査概要】
調査方法:インターネット調査
地域:全国
調査対象:KIRINZ所属のライバー135名(女性:113名、男性:22名 )※有効回答数
調査時期:2021年7月
※本リリースの調査結果や分析をご掲載いただく際には「株式会社KIRINZ 調べ」とご記載ください。

 
  • KIRINZライバーの配信の頻度/配信歴


今回調査対象となっているのは半数が「毎日配信」を行い、3ヶ月〜1年未満の配信歴のライバーです。

 
  • ライバーがライブ配信を始めた理由1位は「夢を叶えたい」から!次点で「有名になりたい」もランクイン。

ライバーを対象に、「ライブ配信を始めた理由を教えてください」と聞いたところ、「夢を叶えたい」の回答が1位になりました。「夢を叶える為の手段」としてライブ配信を始めるライバーが多くいることが分かりました。2位には「有名になりたい」がランクイン。有名になるために様々な人に自分を知ってもらいたいという思いから、ライブ配信を始める人が多くいるようです。

その他、ライブ配信プラットフォームやKIRINZなどで主催している「イベント」に参加するためにライブ配信を始めたとの回答も集まりました。

 
  • 他の人のライブ配信は「たまに見る」「よく見る」が90%!ライバー同士のコミュニケーションや配信の参考にするライバーが多数!

「他の人のライブ配信は見ますか?」と聞いたところ、45,9%が「たまに見る」45,2%が「よく見る」と回答しました。自分の配信を応援しに来てくれたライバーへのお返しや、仲の良いライバーとコミュニケーションを取りたいなどでライブ配信を視聴するようです。
また、人気ライバーの配信を見て、上手な配信のやり方を勉強しているライバーも多くいました。

 
  • ライブ配信をしていて身についたと思うスキル1位は「コミュニケーション力」!「トーク力」や「自己PR力」など就活や芸能活動で役立つスキルも多数ランクイン!

「ライブ配信をしていて身についたと思うスキルを教えてください(複数回答可)」と聞いたところ、「コミュニケーション力」の回答が1位になりました。ライブ配信は、配信者であるライバーが一方的に話し続けるなどの一方通行の配信だけではなく、視聴者から送られるコメントなどで双方向のコミュケーションが取れることが強みです。送られてくるコメントに対してどのような返しをするかがライバーとしての技量を試されるポイントです。
2位には「トーク力」がランクイン。ライブ配信は基本1人で行うため、話のネタを途切らせず話し続ける力が必要です。最初は上手く話せないライバーが多数ですが、経験を積むにつれ、段々と話し続けることができるようになっていきます。
3位は「自己PR力」がランクイン。上位2つの「コミュニケーション力」「トーク力」がついたことにより、自分の魅力をPRできる力が身についたと感じるライバーが多くいることが分かりました。これらはライブ配信だけではなく、就職活動での面接や、芸能活動でも役に立つスキルです。

 
  • ライバーの憧れのメディア1位は雑誌!広告、地上波テレビなどマスメディアに出たいライバーが多数

「将来、どんなメディアに出たいですか?(複数回答可)」と聞いたところ、「雑誌」の回答が1位になりました。誌面として手元に残るだけでなく、憧れのモデルなどと同じ雑誌に出てみたいという意見が多く集まりました。2位には「広告」がランクイン。看板やwebの広告モデルになれるイベントも多く開催していることもあり、票が多く集まる結果となりました。3位には「TV(地上波)」がランクイン。昨今ライバーに身近なネット配信番組より票数を集めました。今回の結果ではマスメディアに憧れる配信ライバーが多いことが分かりました。






より詳細なデータが欲しい企業様や、KIRINZライバーにアンケート・ヒアリングしたい企業様は、以下のメールアドレスよりお問い合わせください。
info@kirinz.tokyo


今後も当社では、大学生マーケティングのリーディングカンパニーとして最新のトレンド調査を実施してまいります。


名称:株式会社KIRINZ
代表:代表取締役 鵜池 航太
所在地:東京都渋谷区猿楽町5-8 KIRINZビル
設立:2016年4月27日
URL: https://kirinz.tokyo/ 
MODECON : https://modecon.jp/ 
JOSHIME!! : https://joshime.com/
KIRINZライバー:https://kirinz.tokyo/liver/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KIRINZ >
  3. 【2021年“配信ライバー”に関する調査】ライブ配信で身についたスキル1位はコミュニケーション力!有名ライバーの配信を見て勉強するライバーも多数!ライバーがライブ配信を始めた理由を大調査!