【8月14日 ABEMA TVで生中継】人事部長がエディオンアリーナ大阪でボクシングの試合!対戦相手は元紅白歌手 キマグレン クレイ勇輝

株式会社シティコミュニケーションズ(本社:神奈川県横浜市 / 代表取締役社長:三田 大明)の人事部長である長石優敬(ながいしまさたか 38歳)は8月14日(日)エディオンアリーナ大阪第1競技場にて行われるボクシング興行「3150FIGHT vol.3」 メインイベント終了後の『エンタメファイト』に選手として試合に出場し、その様子が「ABEMA TV格闘チャンネル」にて生中継されます。(生中継の都合上、放送が中止される可能性がございます)

対戦相手は紅白歌合戦にも出場したことがある、元キマグレンのクレイ勇輝氏(42歳)。元プロボクサーでもあり、現在も30歳以上のボクシング・スパーリング大会「ザ・おやじファイト」に出場しています。
長石は現在、仕事をしながらボクシング元世界2階級王者 亀田大毅氏指導の下トレーニングを積んでおり、亀田大毅氏のYouTube 番組「副会長。亀田大毅」内の企画『亀田大毅のサラリーマンファイトクラブ』にて、格闘技経験ゼロのサラリーマンがボクシングに真剣に打ち込む様子が公開されています。

※『3150 ファイト』はボクシング元世界3階級王者の亀田興毅氏が会長を、亀田大毅氏がトレーナー兼副会長を務めるボクシングジム「KWORLD3ボクシングジム」が主催する興行。

亀田大毅氏と長石亀田大毅氏と長石


 亀田家への試合出場直談判から、仕事をしながらの猛練習開始

 38歳。格闘技経験はゼロ。喧嘩もしたことがない。今までボクシングに対して興味すら持っていなかった長石ですが、昨年12月16日に行われたボクシング興行『3150ファイトvol.1』を観戦した時、初めて見るボクシングの試合でプロの選手たちの戦いに感動し、自らもボクシングをやってみたいという思いが沸き上がりました。

まずはプロテストの合格を目標に据えましたが、プロテストの年齢制限が34歳までと分かり断念。それでもボクシングにかける想いを抑えきれず、自社が協賛として参加しているボクシング興行『3150ファイト』のエキシビションマッチ「エンタメファイト」のリングに立たせてもらえないかと、興毅会長、大毅副会長、そしてYouTubeの撮影で同席していた父親、亀田史郎氏に対して直談判を行いました。


3人の世界チャンピオン(亀田大毅・内山高志・宮崎亮)と亀田史郎氏の指導

長石の申し出を受けた興毅会長は、38歳ボクシング未経験の人間をリングにあげることに対して不安を感じながらも、大毅副会長が専属のトレーナーにつくことでこれを了承。大毅氏の指導のほか、元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志氏や、元WBA世界ミニマム級王者で現在もKWORLD3ボクシングジム所属選手である宮崎亮選手との練習、そして亀田三兄弟を世界チャンピオンに育て上げた父・亀田史郎氏による独特のトレーニングなどを受け、エディオンアリーナ大阪という大舞台で試合ができるレベルまで成長しました。


仲間からの応援ソングを入場曲に。当日は生歌パフォーマンスの中、花道を歩く

長石のボクシング挑戦はYouTube『亀田大毅のサラリーマンファイトクラブ』 や社内報を通じて多くの社員が応援をしており、インターネットカフェ「DiCE(ダイス)池袋店」で勤務する齋藤祐司はオリジナル応援ソングを制作。仲間からの熱い気持ちを受け取った長石は、この大舞台でその曲を自身の入場曲に使用することにしました。更に長石は「齋藤の生歌で入場したい」という要望を主催者側に打診をし、当日は斎藤の生歌パフォーマンスの中、リングへの花道を歩くこととなりました。

Mr.LikeStone / boon(齋藤祐司)

boonboon

 


齋藤「バース(メロ部分)はボクサー目線、サビはセコンド的な身近な立場から鼓舞する歌詞になっています。
リングに向かう長石部長を奮い立たせ、同時に観ているオーディエンスも熱くさせるような曲を目指しました!当日の生歌は緊張しますが、楽しみの方が大きいです!」

 
対戦相手 クレイ勇輝 氏について

クレイ勇輝氏クレイ勇輝氏


2005年に幼馴染のISEKIを誘い、逗子海岸に海の家ライブハウス音霊 OTODAMASEA STUDIOを発足し、同年にキマグレンを結成しKUREIとして活動。
2011年にボクシングを始め、2013年5月9日にプロテスト合格。リングネームは本名を使用。11月29日後楽園ホールでの窪田晃則戦でボクサーデビューするが、2度ダウンを喫し1回KO負け。
現在も30歳以上のボクシング・スパーリング大[クレイ勇輝氏] クレイ勇輝氏会「ザ・おやじファイト」に出場中。2戦2勝(2KO)





【長石コメント】…あの時感じた「ワクワク」をカタチに

「12月の試合を見るまでは、ボクシングはただの殴り合いだと思っていましたが、初めて生で観戦して近くで選手たちの動きを見て、特に元WBA世界ミニマム級王者の宮崎亮選手の一つ一つの研ぎ澄まされた動きを見て、ボクシングは殴り合いではなくスポーツなんだ!もっと深くボクシングのことを知りたい!選手として実力を付けたい!と一気に心が燃え上がってワクワクしたことがきっかけです。

また、自分は人事部の新卒採用担当者として、弊社のブランディングコンセプト「ワクワクをカタチに」を体現したいという思いもあります。あの日、初めてボクシングを見たときに感じた「ワクワク」を採用担当者自らがカタチにすることで、説明会などで発する言葉に説得力が出てきますし、今頑張っている学生さんたちに自分が挑戦している姿を見てもらうことで、何か勇気づけられることがあればと思い、今回の挑戦を決意しました。」

その日から半年…寒い日も暑い日も欠かさずトレーニングをしてきました。仕事をしながら練習をしている人、という意味では誰よりも練習をしてきたという自負があります。その成果を当日どれだけ出せるか、もうあとはそれだけです!とにかくパンチを受けることを覚悟して、打ち合ってきます!やるかやられるかの勝負になると思います。この挑戦に対して多くの方から応援の声をいただきました。その声援は本当にいつも支えになっていました。そんなみんなへの感謝の気持ちを持って気合い入れてリングに上がってきます!
 

長石優敬長石優敬


長石 優敬(ながいし まさたか)38歳
2007年入社 入社15年目
人事部 部長 / ブランディング推進員会委員長


入社1年目はパチンコホールに勤務。好感度の高い接客と、
熱い思いを伝えるリーダーシップで2014年に店長に。
以後人材マネジメントが評価され2016年人事部に配属。
2022年人事部長に就任。
スポーツ経験:野球、バレーボール




🔶YouTube「副会長。亀田大毅」

サラリーマンファイトクラブサラリーマンファイトクラブ

「3150ファイトクラブ」会長・亀田興毅氏と副会長兼トレーナー・亀田大毅氏の兄弟による「亀田興毅×亀田大毅の3150チャンネル」内のボクシングバラエティコンテンツ。今後長石の挑戦も定期的に「副会長。亀田大毅」内の「亀田大毅のサラリーマンファイトクラブ」にて配信していきます。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLDWmeRj9s9auJK51ZRNDuK9akmFFDTKT-

【配信】毎週⾦曜 20:00〜YouTube にて配信
【企画制作】 EntNet Agency
【提供】株式会社シティコミュニケーションズ(https://www.city-s.co.jp/



  会社概要

シティコミュニケーションズシティコミュニケーションズ

社名: 株式会社シティコミュニケーションズ
代表: 代表取締役社⻑ 三田大明(みた ひろあき)
本社所在地:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-8 アサヒビル3F
URL: https://www.city-s.co.jp/
事業内容: 遊び・癒し・寛ぎを提供する総合エンタテインメント企業です

 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シティコミュニケーションズ >
  3. 【8月14日 ABEMA TVで生中継】人事部長がエディオンアリーナ大阪でボクシングの試合!対戦相手は元紅白歌手 キマグレン クレイ勇輝