ファーウェイ・ジャパン、ICT研修プログラム「Touch our Technology!」を和歌山・日高高等学校附属中学校で開催

華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)は2022年11月8日、日高高等学校附属中学校(和歌山県御坊市)にて「未来の種JAPAN」プログラムで提供している「Touch our Technology!」を開催し、中学3年生の36名が参加しました。同校は「継がれる伝統・輝く未来」を合い言葉に108周年を迎える、日高地方で教育の中核を担う伝統校です。第一部の講演には株式会社竹千代の代表取締役社長、谷正義氏が講師として登壇。「多様で平等な地域社会へ」をテーマに農福への取組を解説しました。

農福の取組について講演を行う谷正義氏農福の取組について講演を行う谷正義氏


第二部はワークショップを開催。「高齢化対策」「鳥獣対策」「伝統産業・技術継承対策」「インバウンドツーリズム」「空き家対策」の5つのテーマで議論を行いました。生徒からは「空き家アートによる地域活性」「空き家の取り壊しをエンターテイメント事業化」「空き家対策を学校の授業として行うことで継続的に取り組む」「ビニールハウス農業の推進と生ごみ処理の手法改善」「里山にドローンで廃棄野菜などのエサを運び、増えた野生動物をジビエ料理として提供する」など、ユニークなアイデアが発表されました。
 


ファーウェイ・ジャパンではCSR活動として「未来の種JAPAN」に取り組んでいます。これからも日本の若者のICT教育活動に貢献していきます。

◆未来の種JAPANについて詳しくはこちら
https://www.huawei.com/minisite/seeds-for-the-future-japan/

  1. プレスリリース >
  2. ファーウェイ・ジャパン(コーポレート) >
  3. ファーウェイ・ジャパン、ICT研修プログラム「Touch our Technology!」を和歌山・日高高等学校附属中学校で開催