総合PR会社のベクトル、中国のデジタルマーケティングソリューション企業 iClick Interactive Asia Group Limitedと戦略的パートナーとして業務提携

中国人消費者向けの訪日インバウンド、越境EC、及びスマートリテールにおける高精度のマーケティングソリューションを日本で提供へ 

 総合PR会社の株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役:西江肇司、東証1部:6058、以下ベクトル)は、2019年7月15日(月)に、中国の独立系デジタルマーケティング及び「微信(WeChat)」のデータにアクセス可能なテンセントマーケティングAPIを使用できる広告会社2社のうちの1社であるiClick Interactive Asia Group Limited(以下、iClick)と戦略的パートナーシップとなる業務提携契約を締結しました。
 この提携により中国人消費者をより効果的にターゲットとすることが可能になり、訪日インバウンド、中国越境EC及びスマートリテール分野において高精度のデジタルソリューションを提供いたします。
 今回の戦略的パートナーシップでは、11億以上のユーザーを有する中国最大のSNS「微信(WeChat)」内のミニプログラム (ダウンロードせずに利用可能なアプリケーション)の開発に焦点をあて、日本に旅行する中国人消費者を特定し、オフラインとオンラインのデータ統合(OMO)を通じてスマートリテールの可能性を日本市場で展開していきます。

 iClickは、中国のネットユーザーに対して98%ものリーチ率を誇る中国最大の独立したオンラインマーケティング技術プラットフォームを提供する企業です。このプラットフォームは、約8.3億人のネットユーザーの個人情報を匿名データとして保有しており、適切なオーディエンスを特定し、デバイスに適切なタイミングで広告を表示することが可能です。さらに、人工知能(AI)を組み込んだ独自プラットフォームを活用し、消費者行動に関する正確な予測を可能にする知識を学習、構築、蓄積することで、最終的に膨大な利用可能なデータから得られるマーケティングソリューションを日本において提供します。

 一方ベクトルは、日本市場におけるサービスの参入戦略、顧客との関係構築、マーケティングコンテンツ制作などを管理するという、戦略パートナーとしての役割を担います。今後は日本各地のレストラン、商業施設、小売店舗、交通機関、自治体などいくつかの主要な市場でサービス提供し、訪日インバウンドビジネスに貢献して参ります。

 この戦略的提携により、ベクトルは今後もさらに訪日インバウンドおよび越境EC向けソリューションを強化し、インバウンド市場おけるクライアントの課題解決に向け貢献して参ります。
 

【iClick Interactive Asia Group Limited 会社概要】
会 社 名 :iClick Interactive Asia Group Limited 
代 表 者 :薛 永康(Sammy Hsieh)
住 所 :15/F Prosperity Millennia Plaza, 663 King’s Road, Quarry Bay, Hong Kong
設 立 :2009年(2017年NASDAQ上場)
事業内容:デジタルマーケティング及びエンタープライズデータソリューションを提供
U R L  :http://www.i-click.com/japan/

【株式会社ベクトル 会社概要】
会 社 名 :株式会社ベクトル
代 表 者 :西江 肇司
住 所 :東京都港区赤坂 4-15-1 赤坂ガーデンシティ 18F
資 本 金 :2,580百万円(2019年2月末日現在)
設 立 :1993 年3 月
事業内容:マーケティング分野における戦略的PR事業
U R L  :https://www.vectorinc.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ベクトル >
  3. 総合PR会社のベクトル、中国のデジタルマーケティングソリューション企業 iClick Interactive Asia Group Limitedと戦略的パートナーとして業務提携