【<キャククル>住宅展示場の利用者調査】約4割が自分に合うハウスメーカーが分からなかった 等

 店舗集客、マーケティング戦略情報に特化したWebメディア「キャククル(https://www.shopowner-support.net/
)」を運営する全研本社株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:林 順之亮)は、首都圏在住のコロナ禍で住宅展示場を利用した111名を対象に、「住宅展示場の参加」に関する実態調査を実施しましたので、お知らせいたします。
調査概要:住宅展示場の参加に関する実態調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年6月08日〜同年6月10日
有効回答:首都圏在住のコロナ禍で住宅展示場を利用した111名
 
  • コロナ禍に住宅展示場に行く理由は「デザインを目で確かめたい」が55.9%
 「Q1.コロナ禍の現在、住宅展示場に行く理由を教えてください。(複数回答)」(n=111)と質問したところ、「デザインを目で確かめたい」が55.9%、「イメージを膨らませたい」が55.0%、「住宅性能を肌で感じたい」が53.2%という回答となりました。

Q1.コロナ禍の現在、住宅展示場に行く理由を教えてください。(複数回答)Q1.コロナ禍の現在、住宅展示場に行く理由を教えてください。(複数回答)

・デザインを目で確かめたい:55.9%

・イメージを膨らませたい:55.0%
・住宅性能を肌で感じたい:53.2%

・営業スタッフから生の情報を聞きたい:43.2%
・住宅事情のトレンドを知りたい:41.4%
・各ハウスメーカーの違いを把握したい:34.2%
・その他:1.8%
 
  • コロナを考慮した住宅の新たな選択軸、約6割の人が「換気・空気の環境」「テレワークをする仕事スペース確保」と回答
 「Q2.新型コロナウイルスの影響を考慮した、「住宅」の新たな選択軸として当てはまるものをお答えください。(複数回答)」(n=111)と質問したところ、「換気・空気の環境」が59.5%、「テレワークをする仕事スペースの確保」が59.5%、「おうち時間充実のためのリビングの広さ」が55.0%という回答となりました。

Q2.新型コロナウイルスの影響を考慮した、「住宅」の新たな選択軸として当てはまるものをお答えください。(複数回答)Q2.新型コロナウイルスの影響を考慮した、「住宅」の新たな選択軸として当てはまるものをお答えください。(複数回答)

・換気・空気の環境:59.5%
・テレワークをする仕事スペースの確保:59.5%
・おうち時間充実のためのリビングの広さ:55.0%

・十分な収納スペース:54.1%
・ドアや蛇口をはじめ非接触を意識されている設計:35.1%
・特にない/わからない:4.5%
・その他:2.7%
 
  • 新型コロナウイルスの影響を考慮した「住宅」の新たな選択軸として「玄関に洗面所」などの声も
  「Q3.新型コロナウイルスの影響を考慮した、「住宅」の新たな選択軸としてQ2以外にありましたら、自由にお答えください。(自由回答)」(n=105)と質問したところ、「耐震、耐久、清潔感」や「玄関に洗面所設置」など63の回答を得ることができました。 

<自由回答・一部抜粋>
・47歳:耐震、耐久、清潔感
・55歳:省エネ
・32歳:テレワークスペースがある
・59歳:玄関に手洗い用の洗面を設置する
・59歳:玄関に洗面所設置
 
  • 住宅選びをする中での「住宅展示場」の位置づけは、「情報収集の段階」で55.9%
 「Q4.あなたが住宅選びをする過程の中で、「住宅展示場」利用の位置付け、意味を教えて下さい。(複数選択)」(n=111)と質問したところ、「情報を収集している段階」が55.9%、「比較を検討している段階」が54.1%、「購入を本格検討している段階」が32.4%という回答となりました。

Q4.あなたが住宅選びをする過程の中で、「住宅展示場」利用の位置付け、意味を教えて下さい。(複数選択)Q4.あなたが住宅選びをする過程の中で、「住宅展示場」利用の位置付け、意味を教えて下さい。(複数選択)

・情報を収集している段階:55.9%
・比較を検討している段階:54.1%
・購入を本格検討している段階:32.4%

・ほぼ購入を決定しているが、細かい要望を考えている段階:18.9%
・わからない/特にない:5.4%
・その他:3.6%
 
  • 約9割の人が住宅展示場に行く前に、Webでリサーチを希望
 「Q5.住宅展示場を利用する前に、事前にWebでじっくり調べてから訪問したいと思いますか。」(n=111)と質問したところ、「かなりそう思う」が39.6%、「そう思う」が52.3%という回答となりました。

Q5.住宅展示場を利用する前に、事前にWebでじっくり調べてから訪問したいと思いますか。Q5.住宅展示場を利用する前に、事前にWebでじっくり調べてから訪問したいと思いますか。

・かなりそう思う:39.6%
・そう思う:52.3%

・そう思わない:5.4%
・全くそう思わない:2.7%
 
  • Webで知りたい情報として「住宅性能」と回答した人は67.6%
 Q5で「かなりそう思う」「そう思う」と回答した方に、「Q6.Webで知りたい情報について当てはまるものを教えて下さい。(複数回答)」(n=102)と質問したところ、「住宅性能」が67.6%、「ハウスメーカーの評判」が59.8%、「設計自由度の高さ」が52.9%という回答となりました。

Q6.Webで知りたい情報について当てはまるものを教えて下さい。(複数回答)Q6.Webで知りたい情報について当てはまるものを教えて下さい。(複数回答)

・住宅性能:67.6%
・ハウスメーカーの評判:59.8%
・設計自由度の高さ:52.9%

・アフターサポートの良さ:52.9%
・自分好みの住宅建築事例があるか:50.0%
・価格感:41.2%
・感染対策が万全か:28.4%
・イベント情報:15.7%
・その他:1.0%
 
  • 住宅展示場に行った後にWebで評判を詳しくリサーチしたい人は約9割
 「Q7.住宅展示場へ行った後に、Webで評判などを細かくリサーチを実施したいと思いますか。」(n=111)と質問したところ、「かなりそう思う」が36.9%、「そう思う」が55.0%という回答となりました。

Q7.住宅展示場へ行った後に、Webで評判などを細かくリサーチを実施したいと思いますか。Q7.住宅展示場へ行った後に、Webで評判などを細かくリサーチを実施したいと思いますか。

・かなりそう思う:36.9%
・そう思う:55.0%

・そう思わない:6.3%
・全くそう思わない:1.8%
 
  • 実際に住宅展示場に行った不満、43.2%の人が「自分にあったメーカーがわからない」と回答
 「Q8.実際に住宅展示場へ行った際の不満を教えて下さい。(複数回答)」(n=111)と質問したところ、「自分にあったハウスメーカーがわからない」が43.2%、「ちょっと見たかっただけなのに、営業がしつこい」が43.2%、「たくさんモデルハウスがあって比較がしづらい」が42.3%という回答となりました。

Q8.実際に住宅展示場へ行った際の不満を教えて下さい。(複数回答)Q8.実際に住宅展示場へ行った際の不満を教えて下さい。(複数回答)

・自分にあったハウスメーカーがわからない:43.2%
・ちょっと見たかっただけなのに、営業がしつこい:43.2%
・たくさんモデルハウスがあって比較がしづらい:42.3%

・各ハウスメーカーの違いが分かりにくい:30.6%
・興味の無い案内をされることがあった:27.0%
・豪華すぎて参考にならない:23.4%
・特に無い:6.3%
・その他:2.7%
 
  • 住宅展示場へ行った際の不満として「オシャレ感を前面に出しすぎである」などの声も
 「Q9. 実際に住宅展示場へ行った際の不満をQ8以外にありましたら教えて下さい。」(n=104)と質問したところ、「話が長い」「オシャレ感を前面に出しすぎである」など60の回答があがりました。

<自由回答・一部抜粋>
・58歳:オシャレ感を前面に出しすぎである
・42歳:最高級の設備で予算オーバーが当たり前な部分
・49歳:サービスが良くない
・47歳:話が長い
・55歳:しつこい
 
  • まとめ
 今回の調査では、コロナ禍であっても住宅展示場に訪れるユーザー心理が明らかになりました。

 ユーザーは、住宅展示場に来場する前にWebでどのモデルハウスを見るべきか学習し、来場時には事前に得た情報と齟齬がないか、自分のニーズに沿っているモデルハウスがあるかどうかを確認。
さらに自分が現場で感じた感覚が合っているのかさらに見学後にWebで情報収集をする。

 この行動から住宅という人生を左右する大きな買い物であるからこそ、手に入れられる情報の質や量が購買において重要になることが分かります。

 また、オフラインの情報が集めにくくなった今、オンライン上の情報をより参考にするユーザーが増えたという考察もできます。

 ぜひWeb上で自社の情報が適切にユーザーに伝わっているか、そして来場してくれたユーザーの期待を越えた購買体験を提供できているかどうか、今いちど振り返ってみてはいかがでしょうか。
 
  • 全研本社が運営する「キャククル」とは

「キャククル」は、120業種以上のWeb集客支援やメディア運用に基づいた集客ノウハウを元に様々な業界集客支援コンテンツを展開している全研本社バリューイノベーション事業部のWebメディアです。

コロナ禍においてWebマーケティングの重要性が増していますが、ただWeb集客を実践するだけでは成約に結びつかないケースが残念ながらほとんどです。

Webマーケティングを成功させるには、選んでいただくべき「ユーザー」に
「自社」を選んでいただくための、成約から逆算した戦略が必要になります。

もし、Web戦略の見直しや成約につながる濃い反響を増やしたいというお考えがありましたらお気軽にご相談いただければ幸いです。

現状の集客課題や競合状況を踏まえ、貴社に必要なWeb戦略をご案内いたします。

Web集客のご相談フォーム:https://www.shopowner-support.net/contact/
お電話でのご相談窓口:03-5909-3031
 
  • 「キャククル」が提供するコンテンツ一例
▼住宅展示場の集客コンテンツ▼
https://www.shopowner-support.net/attracting_customers/house/housebuilder/showhouse/
▼住宅会社のブランディングコンテンツ▼
https://www.shopowner-support.net/attracting_customers/house/housebuilder/brandst-housing/
▼モデルハウスの集客コンテンツ▼
https://www.shopowner-support.net/attracting_customers/house/housebuilder/modelhouse/
 
  • 会社概要
会社名:全研本社株式会社
代表者:代表取締役社長 林 順之亮
所在地:東京都新宿区西新宿6-18-1住友不動産新宿セントラルパークタワー18・19階
創業 :1975年5月(設立 1978年7月)
資本金:428,650千円
オフィシャルHP:https://www.zenken.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 全研本社株式会社 >
  3. 【<キャククル>住宅展示場の利用者調査】約4割が自分に合うハウスメーカーが分からなかった 等