『小学一年生』4月号発売! 2020年度の教育改革に向けアクティブラーニング的手法を取り入れた内容に!

糸井重里氏が子ども達へ送るエールの詩「いちねんせいがあつまった。」も掲載親向け別冊『HugKum』では、紗栄子さんが海外子育てについて語る


IT・AIなど革新的な技術の進歩や経済の急激なグローバル化などにより世の中は急激な変化の時代を迎えています。数十年後には今の職業の半分は機械に代替されると言われています。2020年の教育改革では、従来の知識や技能の詰め込みだけでなく、“自分で考え、表現、判断し、実生活に活かす”能力の育成、所謂、アクティブラーニングに重点がおかれると言われています。

『小学一年生』(小学館)は2019年度4月号より、アクティブラーニング的な手法の学習コンテンツ企画を多数スタート。
思考センス育成アプリ「Think!Think!」で知られる花まるラボの知育コンテンツに人気キャラクターをフィーチャーした「ポケモンクイズランド」、プログラミングを面白キャラのほっこりストーリーで楽しく学べる「プログラミングにゃんじゃ・にゃにゃ丸」、Eテレ「ピタゴラスイッチ」などで有名なクリエイティブチーム、ユーフラテスが手がける「コんガらガっち」の新シリーズなど。遊びながら論理的な思考を鍛える記事が充実。

また、糸井重里氏が子ども達へ送るエールの詩「いちねんせいがあつまった。」、美術家であり「ちらかたろう」などで知られる絵本作家、田島征三先生の書き下ろしミニ絵本など右脳を刺激する創造的な発想力を育むコンテンツも満載。


小学校紹介記事の案内人に、ひょっこりはんが登場したり、NHKの「チコちゃんに叱られる」のチコちゃんのマンガや東大謎解き制作集団アナザービジョンが手がける学習ドリルなど、テレビでおなじみの人気者が登場するページも多数あります。


親向け別冊『HugKum』では、タレント・モデルの紗英子さんがイギリスでのお子さんの留学生活について語ります。
 


生活習慣の習得に欠かせない、ドラえもんの声がアラーム音になった「ドラえもん ぴっかぴかめざましどけい」の付録もついてます。学習タイムに役に立つ1分・3分・10分のタイマー付き。

1925年の創刊以来、豊かな世の中の実現を目指し、子ども達の健やかな成長をサポートしてきた児童学習雑誌『小学一年生』。2020年の95周年を控え、時代の潮流をとらえ国民的児童学習として今年も進化していきます。

■小学一年生4月号
発売日:2019年2月28日発売 特別定価:1,480円(税込) 発行:小学館
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社小学館 >
  3. 『小学一年生』4月号発売! 2020年度の教育改革に向けアクティブラーニング的手法を取り入れた内容に!