SMN、楽天の「Rakuten Marketing Platform」におけるソリューションの販売パートナーとして、代理販売および運用を開始

SMN株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:井宮 大輔、以下 SMN)は、楽天グループ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)が提供するマーケティングソリューション「Rakuten Marketing Platform」(RMP)の販売パートナーとして、ソリューションの代理販売および運用を開始いたします。
本取り組みでは、運用型広告配信プラットフォーム「RMP - Display Ads」の販売および広告運用までをSMNが一気通貫で提供します。SMNは、ソニーグループの技術力をベースに自社開発したDSP*1「Logicad」における広告最適化のためのデータ・アルゴリズムと、これまでの運用で培ったノウハウを活用し、より効果的な広告運用を目指します。
また、楽天が提供するマーケティングソリューション「Rakuten Marketing Platform」と、Webユーザーの行動を分析可能なマーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」*2をベースとしたデジタルマーケティングの知見を組み合わせ、SMNならではのソリューションを提供いたします。

本取り組みを契機に、広告主企業へ「Rakuten Marketing Platform」の更なる販売強化および新たなソリューションを検討してまいります。

 *1 DSP(Demand Side Platform)
広告主の広告効果の最大化を支援する広告配信プラットフォーム。広告媒体社の広告収益を最大化するためのプラットフォームSSP(Supply Side Platform)とともに、RTB(Real Time Bidding)を通じて、広告枠の売買をリアルタイムに行っています。

*2 「VALIS-Cockpit」(ヴァリス-コックピット)
自社開発したAI「VALIS-Engine」によりWebユーザーの行動を分析することで、様々なユーザーのインサイト(「どんなユーザーが商品を購入したのか」、「なぜこの商品を購入しなかったのか」など)を抽出して可視化し、プランニングから広告配信までを一気通貫にデータドリブンで実施するためのプラットフォームです。

■「Rakuten Marketing Platform」(RMP)< https://adsales.rakuten.co.jp/ >
「Rakuten Marketing Platform」は、「認知」、「興味関心」、「購買」、「リピート」、「ファン化」など、ユーザーの消費行動におけるすべての段階に対応するフルファネルのマーケティングソリューションです。

■ SMN株式会社 < https://www.so-netmedia.jp/ >
2000年3月に設立。ソニーグループで培った技術力をベースに、マーケティングテクノロジー事業を展開しています。「技術力による、顧客のマーケティング課題の解決」を実現するため、ビッグデータ処理と人工知能のテクノロジーを連携し進化を続けています。現在、DSP「Logicad」、マーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」のほか、テレビ視聴データ広告配信サービス「TVBridge」を新たに提供するなど、マーケティングに関する様々な課題解決を実現しています。

※記載されている会社名、団体名、商品名、サービス名は各社、各団体の商標または登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SMN株式会社 >
  3. SMN、楽天の「Rakuten Marketing Platform」におけるソリューションの販売パートナーとして、代理販売および運用を開始