「LINE WORKS」導入後の社内周知・教育の負荷を減らす「社内説明のためのスターターキット」を提供開始

中小企業・小規模事業者向けに、カスタマイズ可能な説明用スライド等を期間限定配布

ビジネス現場のコミュニケーションツール「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福山 耕介、以下 ワークスモバイルジャパン)は、中小企業・小規模事業者の「LINE WORKS」運用者向けに、導入後の社内浸透や運用促進をサポートする「社内説明のためのスターターキット」を2021年9月14日(火)より期間限定で提供開始いたします。


■「社内説明のためのスターターキット」提供開始の背景
2017年のサービス開始以降「LINE WORKS」は、多くの人が使い慣れた操作性や充実した機能が評価され、様々な業態・事業規模への導入が拡大しています。その一方で、導入後の社内への説明や利用ルールの策定において、特に中小企業・小規模事業者では情報システム部などの専任部署を設置していないことも多く、導入推進者が資料作成社内への説明や利用ルールの設定をする必要がありました。

そこで、ワークスモバイルジャパンでは、中小企業・小規模事業者の「LINE WORKS」運用者が、導入後に社内で説明するための資料として活用できるようなスライドやガイドを参考資料として作成。「LINE WORKS」の利用周知や利用方法の教育に要する時間を短縮し、運用者の負担軽減を図るとともに、導入しただけで終わらないための運用促進施策としてスターターキットの配布を開始いたします。


■「社内説明のためのスターターキット」概要
名称:    社内説明のためのスターターキット
期間:  2021年9月14日(火)から2021年12月31日(金) ※予定
スターターキット内容:
キットA:社内説明用パワーポイント(社内向け導入説明会を実施できる説明資料)
キットB:社内配布用PDF(社内説明会を実施しない場合でも社員へ配布できる説明資料)
キットC:社内告知用 伝達用文面(「LINE WORKS」掲示板に投稿するための、利用ルールをお知らせする文面例)
対象者:中小企業・小規模事業者の「LINE WORKS」導入推進者、導入を検討している担当者(部署不問)
特設サイト:https://pages.worksmobile.com/starterkit_2109.html


今後もワークスモバイルジャパンは、企業のコミュニケーションや情報共有を円滑にし、業務効率向上に貢献する取り組みを進めてまいります。


「LINE WORKS」とは
チャットやスタンプはもちろん、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、現場で活用できる充実したグループウェア機能を揃えたビジネスチャットです。コミュニケーションアプリ「LINE」のような使いやすさでありながら、仕事用のツールとして独自に開発、提供を行っています。PCやタブレットのほか、スマートフォンだけでもほとんどの機能が使えるため、オフィスワークだけでなく、拠点や店舗など、現場での活用が進んでいます。富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2018〜2021年版」では、2017年度~2020年度まで4年連続で有料ビジネスチャット国内シェアNo.1を獲得しました。


■会社概要
社名:ワークスモバイルジャパン株式会社
本社:東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング11F​
設立:2015年6月
代表者:代表取締役社長 福山 耕介
資本金:55億2,000万円
URL:https://line.worksmobile.com/jp/

※記載の会社名、製品名は、それぞれ会社の商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ワークスモバイルジャパン株式会社 >
  3. 「LINE WORKS」導入後の社内周知・教育の負荷を減らす「社内説明のためのスターターキット」を提供開始