バーバリーの17年間の歴史がつまったサウンドトラックがApple Musicに登場

バーバリーは、Apple Musicとコラボレーションにより、過去17年間にランウェイショーやイベント、キャンペーンで使用されたサウンドトラックのプレイリスト「17 Years of Soundtracks」を発表しました。

クリストファー・ベイリーがバーバリーに着任して以来、17年間に亘って音楽は、クリエイションの重要な要素としてブランドのあらゆるシーンを彩ってきました。今回のサウンドトラックは、バーバリーのために楽曲やパフォーマンスを提供したミュージシャンや、バーバリーの過去、現在、未来に対する敬意を表して、クリストファー・ベイリー自身がキュレーションしています。

「17 Years of Soundtracks」には、これまでランウェイショーのサウンドトラックとして使われたアデルやペット・ショップ・ボーイズ、エルトン・ジョンなどの楽曲を含む200曲以上がラインナップ。さらに、2月17日(土)にロンドンで行われるクリストファー・ベイリーのラストショーで使用する曲も後日追加されます。

バーバリーの「2018 Februaryコレクション」は、2月17日17時(日本時間 2月18日 1時)から、公式サイトにてライブ配信されますので、ぜひこちらからショーの模様をご覧ください。
https://jp.burberry.com/london-fashion-week/february-2018-show/

 
Apple Music 「17 Years of Soundtracks」配信ページ
https://itunes.apple.com/gb/playlist/17-years-of-soundtrack/pl.760e4f5352144aa0b9c3a8553ebf1ed8
  1. プレスリリース >
  2. バーバリー・ジャパン株式会社 >
  3. バーバリーの17年間の歴史がつまったサウンドトラックがApple Musicに登場