小説家・羽田圭介、待望の最新作『ポルシェ太郎』4月12日発売! 堀江貴文氏も絶賛、著者初のハードボイルド小説 

発売記念、全国5会場でサイン会ツアーを開催!

河出書房新社(東京都渋谷区/代表取締役 小野寺優)は、芥川賞作家・羽田圭介氏の最新小説『ポルシェ太郎』を4月12日に発売いたしますので、お知らせいたします。

『ポルシェ太郎』『ポルシェ太郎』

『ポルシェ太郎』
羽田圭介 著
本体価格:1,400 円(税別)
ISBN:9784309027937
発売日:2019 年4 月12 日


『ポルシェ太郎』は、羽田氏初のハードボイルド小説です。「ポルシェ」に一目惚れして購入した主人公を巻きこ
む事件・物語の行方は? 芥川賞作家ならではの圧倒的な筆致で読者を惹きこむ、渾身の長編小説です。
発売に際し、堀江貴文氏から絶賛のコメントをお寄せいただきました。

すべての欲望を満たすのに必要なものはなにか?
     その答えは、この小説に書かれている」 堀江貴文


羽田圭介と最新小説『ポルシェ太郎』にご注目くださいますようお願い申し上げます。

羽田圭介

羽田圭介氏羽田圭介氏


1985年、東京都生まれ。明治大学卒業。2003年、『黒冷水』で第40回文藝賞を受賞し、17歳でデビュー。2015年、『スクラップ・アンド・ビルド』で第153回芥川龍之介賞を受賞。

『ポルシェ太郎』あらすじ
35歳。イベント会社を起業した元もてない男・太郎。しかし太郎は、自分の年収と同額のポルシェに一目惚れして購入すると、売れてる気配のない美女芸能人にアプローチし、成功する。肝心のポルシェは予想外に女受けが悪く、自己満足に耽るのみ。そんな中、新宿の裏社会ネットワークの男に仕事を持ちかけられ、気安く危ない橋を渡り始める太郎。やがて、明らかに犯罪の匂いのする危険な仕事を、言われるがまま、自慢のポルシェでさせられる。恐怖を感じながら太郎が運んでいるのは、クスリか、死体か、はたまた放射能か……。
果たして太郎は生きてもとの世界に戻れるのか? 芥川賞作家による渾身の長篇!

羽田圭介サイン会開催!ご取材承ります!
本書の発売を記念して、サイン会イベントを下記の日程で開催いたします。各会場、イベントの前後で個別取材を承りますので、イベント前日までに河出書房新社までお申込みください。取材ご依頼を多数いただいた場合は、先着順とさせていただく場合がございますので予めご了承ください。
東京◎4 月11 日(木) 19 時~ 書泉ブックタワー(秋葉原)店内イベントスペース
東京◎4 月24 日(水) 19 時~ 紀伊國屋書店 新宿本店 店内イベントスペース
大阪◎4 月26 日(金) 18 時30 分~ 紀伊國屋書店 天王寺ミオ店 店内イベントスペース
京都◎4 月27 日(土) 11 時~ 大垣書店 京都本店 店外イベントスペース
大阪◎4 月27 日(土) 14 時30 分~ 紀伊國屋書店 梅田本店 店内イベントスペース
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 河出書房新社 >
  3. 小説家・羽田圭介、待望の最新作『ポルシェ太郎』4月12日発売! 堀江貴文氏も絶賛、著者初のハードボイルド小説