47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 佐賀の味『ポテトチップス いかしゅうまい味』 9月23日(月)発売!

いかしゅうまい食べに、佐賀にきんしゃい!

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、佐賀県のお土産の定番の味わいを再現した『ポテトチップス いかしゅうまい味』を数量限定・期間限定で2019年9月23日(月)から、佐賀・福岡・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄(8県)で発売します。また、カルビーアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(11月上旬終売予定)。

【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度、2018年度に47都道府県それぞれの地元の味を再現したポテトチップスを数量限定・期間限定で発売しました。3年目となる2019年度も、3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。
2019年度の第1弾となる佐賀の味『ポテトチップス いかしゅうまい味』は、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、佐賀県庁にて地元を愛する皆様と一緒にワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。お客様からは、2017年度の「佐賀のり味」、2018年度の「ミンチ天味」に続く味案として、「シシリアンライス」等のアイデアも出されましたが、お客様からのアイデア投稿が多く、佐賀を代表するご当地グルメとして地元でも親しまれていることから、「いかしゅうまい味」に決定しました。

【商品特長】


「いかしゅうまい」は、イカの水揚げで有名な呼子(よぶこ)にあるレストラン「萬坊(まんぼう)」が発祥。地元で余ったイカをすり身にして活用し、誕生したご当地グルメです。豚肉ではなく、白身魚のすり身や玉ねぎを使用しているので、一般的なシュウマイとは別物で、ふわっと香るイカの風味と、プリっとした食感が特徴です。本商品は、「いかしゅうまい」の味わいを再現したポテトチップスで、ふわっと香るいかの風味と、魚肉や玉ねぎの甘味が楽しめます。
パッケージは、背景に、「唐津くんち」の風景を採用し、地元らしさを表現しています。佐賀県のマスコットキャラクター「壺侍」を掲載し、親しみを感じさせるとともに、裏面では、佐賀を舞台にした話題のTVアニメ「ゾンビランドサガ」の紹介を掲載しています。

【開発担当者のコメント】
いかしゅうまい味と聞いたとき、あのふんわりとした味をポテトチップスで出せるのか、少し不安でした。そこで、いかや魚介の風味に甘い玉葱の風味を加え、普通のすり身とも違う、しゅうまいとも違う、いかしゅうまいの風味を再現しました。いかしゅうまいに少し醤油と辛子を付けたことを想像して、お召上がりいただければと思います。

 

8月19日、SAGA BAR(佐賀駅えきマチ1丁目西館)にて知事表敬を行いました8月19日、SAGA BAR(佐賀駅えきマチ1丁目西館)にて知事表敬を行いました

 


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カルビー株式会社 >
  3. 47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 佐賀の味『ポテトチップス いかしゅうまい味』 9月23日(月)発売!