アフターコロナをあなたはどう生きるか? “新しい日常”を生き抜くための「リセットの法則」(人生の仕切り直し) を教えます!

株式会社内外出版社(東京・上野/代表取締役社長:清田名人)は、2020年10月31日、東京大学大学院 客員研究員、オックスフォードタニグチ氏の新刊書籍『リセットの法則 人生100年時代を生き抜く力』を発売しました。

『リセットの法則 人生100年時代を生き抜く力』
著者:オックスフォードタニグチ
本体:1500円+税
ご購入はこちら→https://amzn.to/302DbBB

「人生はすべて捨てられる。捨てられないものは何もない」

アフターコロナをあなたはどう生きますか?

人生100年時代を迎えた今日、生活環境はめまぐるしく変化しています。新型コロナウイルスだけでなく、自然災害、経済的困窮、精神的不安……。
そのたびに、苦悩し、失意のどん底に落ちることもあります。そんな時にこそ必要なのが、人生のリセット(仕切り直し)です。


「人生はすべて捨てられる。捨てられないものは何もない」と著者は断言し、失意の時こそ、絶好のリセットチャンスだと言います。
本書は、著者自身の体験的生き方論であり、そこから得た教訓を「リセットの法則」としてまとめました。放浪生活、工場作業員、転職、政府開発援助、血液のガン。その節目ごとに、過去にしばられずやり直し、定年目前にして東京大学大学院にも合格しました。
うその自分を捨て、本当の自分を見つけること。仕事でも人間関係でも、どんなに年をとっても、すべてを捨てて、自分に相応しいライフスタイルを築けるのだと。
老若男女問わず、人生の岐路に立つ人のための”自分を変える最強の思考法”です。(「リセットの法則」は登録商標です)


☆苦悩・失意のときこそ実践したい!「リセットの法則」で人生が変わる

■法則1 転職は、絶好のリセットチャンス   
■法則2 マスタープランを作ると、思いどおりの人生航海ができる   
■法則3 自身が置かれている現状分析で、次の道が見えてくる   
■法則4 課題が抽出できれば、問題は解決に限りなく近づく 
■法則5 やりたいことに優先順位をつけると、捨てるものが分かる  
■法則6 捨てるための方法は、必ず複数ある   
■法則7 ゲーム理論を使うと、捨てるものは一つに決まる   
■法則8 現在の生き方しだいで、過去の意味が変わる  
■法則9 リセットは、他者からの援助がないとできない
■法則10 創造的な失敗は、必ず成功につながる
 



 <著者紹介>

◆オックスフォードタニグチ

1953年、東京生まれ。東京大学大学院客員研究員、ライフリフォームコンサルタント、技術士。都立高校を卒業後、2年間の放浪生活ののち東海大学工学部に進学。製薬会社の工場作業員として採用されるも激務で翌年に退職後、英語力を買われて NEC(日本電気)で航空システムの設計に従事。その間に、英国オックスフォード大学に留学。その後、政府開発援助に携わり、延べ 100 か国以上を踏査する。52 歳の時に血液のがんと診断されるが、60 歳定年を目前に東京大学大学院に入学。現在は、客員研究員としてアジアのがん研究に従事している。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 内外出版社 >
  3. アフターコロナをあなたはどう生きるか? “新しい日常”を生き抜くための「リセットの法則」(人生の仕切り直し) を教えます!