アウディ、メーカー希望小売価格改定のお知らせ

2019年10月1日(火)の消費税改定にともない価格を改定。
アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:フィリップ ノアック)は、2019年10月1日(火)の消費税の改定にともない、アウディ モデルのメーカー希望小売価格の見直しを行い、別表のとおり新価格を適用します。

このうち、A3 Sportback, A3 Sedan, A5 Sportback, A5 Coupé, A6 Sedan, A6 Avant , A8, Q2, Q5の各モデルに関しては、価格の見直しを実施しています。

また、A3 Sedan, TT CoupéおよびQ8については、9月後半より出荷を開始する車両(新モデルイヤー)から新希望小売価格を適用します。

 

 

 

Audi Japan Press Center: https://www.audi-press.jp/


※上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を 含まない車両本体価格です。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となります。
※Audi A1, Audi Q3については、現行モデルの販売は終了しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アウディ ジャパン 株式会社 >
  3. アウディ、メーカー希望小売価格改定のお知らせ