【F.C.大阪】6月5日(土) JFL 第11節 ヴェルスパ大分 vs F.C.大阪 試合結果

大阪府東大阪市をホームタウンとするサッカークラブ「F.C.大阪」は、6月5日(土)に第23回 日本フットボールリーグ 第11節 vs.ヴェルスパ大分 との試合がアウェイ・昭和電工サッカー・ラグビー場 Aコートにて行われました。結果は下記の通りです。
6月5日(土)に第23回 日本フットボールリーグ 第11節 ヴェルスパ大分 vs F.C.大阪(@昭和電工サッカー・ラグビー場 Aコート 13:00 KICK OFF)が行われました。結果は下記の通りです。

ヴェルスパ大分 2-0(前半1-0) F.C.大阪
得点者:42分 中野(V大分)、78分 利根(V大分)


 前日までの雨も上がり、ややじめっとした曇り空の中行われたこの一戦。F.C.大阪は先週の負けを払拭するため、また3位4位対決、そして百年構想クラブ同士対戦とあって、是が非でも勝ちたいところ。ここ数試合欠場していたDF坂本、MF大山がスタメンに復帰、また久保がベンチ入りした。
 前半から積極的にボールを前に押し出し、試合の流れを掴んだF.C.大阪。だが最後の1本がつながらず、相手にボールを奪われる。V大分はその奪ったボールからロングカウンターを繰り出すも、F.C.大阪が落ち着いてボールを処理し、相手にチャンスを作らせない。しかし前半の飲水タイムを契機に、相手にセカンドボールを拾われる回数が増えてくると、試合の流れは少しずつではあるが相手に戻される。なかなか得点を決めきることができないF.C.大阪は、42分、相手のカウンターから自陣ゴール前で細かくパスを繋がれると、最後はフリーとなっていたV大分のMF中野に決められ先制を許してしまう。早い時間で同点に追いつきたいF.C.大阪は、前半アディショナルタイム、FW田中が相手DFを振り切ってGKと1対1のチャンスを迎えるが防がれ得点できず。相手にリードを許して試合を折り返す。
 後半、F.C.大阪はスローインのボールを受けたFW高橋がFW田中とのワンツーで抜け出し、ドリブルでゴール前までボールを運びシュートを放つ。だがこのシュートは惜しくもサイドネットで決めることができず。57分にはDF太田のクロスにMF町田が頭で合わせるが、相手ディフェンダーに当たってしまい得点ならず。F.C.大阪はMF澁谷、FW川西、FW久保と次々に攻撃のカードを切り同点を狙いに行くが、78分、相手にシュートを決められリードを広げられてしまう。最後まで同点、そして逆転へファイティングポーズは崩さなかったが、最後まで相手ゴールを揺らすことができず敗戦。F.C.大阪はV大分と順位が入れ替わり4位に転落するとともに、J3昇格のために必要な百年構想クラブ上位2クラブからも落脱する痛い敗戦となった。リーグ戦としては1週休みをはさみ、次は20日(日)にアウェイで5位のソニー仙台FCとの対戦。J3入りを目指すF.C.大阪にとって、前半戦の大きな正念場を迎えた。
 

F.C.大阪スターティングメンバーF.C.大阪スターティングメンバー

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. F.C.大阪 >
  3. 【F.C.大阪】6月5日(土) JFL 第11節 ヴェルスパ大分 vs F.C.大阪 試合結果