サイバーセキュリティクラウド、 米国で WAFの自動運用サービス「WafCharm AWS版」β版の提供を開始

株式会社サイバーセキュリティクラウド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:小池 敏弘、以下「当社」)は、新たに米国でWAFの自動運用サービス「WafCharm AWS版」β版の提供を2021年6月1日より開始することをお知らせいたします。なお、本製品は米国子会社であるCyber Security Cloud Inc.を通じて提供されます。
米国のサイバーセキュリティ市場について  
2020年の米国のサイバーセキュリティ市場は、約6.7兆円(61.93 billion USドル)※1にものぼり、日本と比べ 巨大なマーケットが存在します。また、AWSはクラウド市場で世界シェア47.8%※2を誇っており、当社の「WafCharm AWS版」についても、非常に多くのユーザを獲得できると見込んでおります。 

ニューノーマルな働き方の浸透でサイバー攻撃のリスクが増加  
昨今、新型コロナを通じて世界中の企業でサイバー攻撃の脅威が高まっています。テレワークなどニューノーマルな働き方の実施を強めたことで、社内システムの監視や防御体制が手薄になったり、サイバー攻撃が高度化したりと、多くの企業でサイバー攻撃による深刻な被害が発生しています。
また、世界のサイバーセキュリティ人材は320万人以上不足※3しており、自社のみで十分な対策を講じることが困難になっています。

パブリッククラウドで提供されているWAFの自動運用を可能にする「WafCharm」 
当社が展開している「WafCharm」は、パブリッククラウドで提供されている WAFを自動で運用することが可能 なサービスです。機械学習を用いて最適なWAFルールを自動運用するAIエンジンを搭載※4しているため、「WafCharm」を利用することで、専任のセキュリティエンジニアを必要とすることなくWAFの運用を円滑に行うことができます。 
本サービスはAmazon Web Services(以下AWS)が提供する「AWS WAF」とマイクロソフト社が提供する「Azure WAF」ユーザ向けにサービスを提供し、現在導入ユーザ数は471と国内1位※5を獲得しております。
 
米国における当社の事業展開について  
当社は、2018年9月に、米国シアトルに子会社を設立し、全世界に向けて「Cyber Security Cloud Managed Rules for AWS WAF」を販売しつつ、米国市場の進出にむけた準備とリサーチを進めてまいりました。 
そしてこの度、日本市場で急成長している「WafCharm AWS版」が、米国においても強力な販売機会があると 判断し、米国の「AWS WAF」ユーザへ向けて提供することとしました。まずは、6月よりβ版として一部機能に 絞ったバージョンを提供し、さらなる事業拡大に向けたニーズと課題の理解を深めます。 

当社では日本国内のみならず、世界中の企業が安心して使えるサイバー空間の創造に向け、今後も一層努力してまいります。 
  
今後の見通し  
当社の損益状況及び財政状態に及ぼす影響は軽微と見込んでおりますが、長期的に当社の業績向上に寄与するものと考えております。また、今後、当社の業績等に重要な影響を与える事象が発生した場合は、適宜開示いたします。 

【「WafCharm(ワフチャーム)」について】 
https://www.wafcharm.com/ 

「WafCharm」は導入ユーザ数で国内1位の、パブリッククラウドで提供されている WAFを“AI”と“ビックデータ” によって自動運用することが可能なサービスで、クラウドサービス市場において大きなシェアを有するAWSとMicrosoft Azureにて提供しております。機械学習を用いて最適なWAFルールを自動運用するAIエンジン「WRAO(ラオ)」(特許番号:特許第6375047号)を搭載しており、累計導入サイト数・導入社数国内1位※6の実績 を持つクラウド型WAF「攻撃遮断くん」で培った累計2.1兆件以上のビックデータを活用し、お客様毎に最適なルールを自動で適用します。サイバー脅威情報監視チーム「Cyhorus」により最新の脅威にもいち早く対応します。また、国内有数のシグネチャカスタマイズのノウハウをもった、開発エンジニアによるサポート※7も合わせて提供しています。
 
【米国子会社情報】  
企業名:Cyber Security Cloud Inc. (USA) 
所在地:500 Mercer Street, Suite C202-143B Seattle, WA 98109 U.S.A. 
代表者:CEO Toshihiro Koike 
設立 :2018年9月 

【株式会社サイバーセキュリティクラウドについて】  
会社名:株式会社サイバーセキュリティクラウド 
所在地:〒150-0011 東京都渋谷区東3-9-19 VORT恵比寿maxim3階 
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 小池 敏弘 
設立  :2010年8月 
URL  :https://www.cscloud.co.jp/ 
「世界中の人々が安心安全に使えるサイバー空間を創造する」という理念を掲げ、サイバーセキュリティクラウドでは、世界有数のサイバー脅威インテリジェンスとAI技術を活用した、Webアプリケーションのセキュリティサービスを全世界に向けてサブスクリプションで提供しています。また、クラウド市場世界シェア47.8%※2を持つAWSにおいて、世界で7社目となるAWS WAFマネージドルールセラーにも認定されております。これからも私たちは、リーディングカンパニーとして、世界中の人々が安心安全に利用できるサイバー空間を創造するためのサービス開発を行い、情報革命の推進に貢献してまいります。 

※1 Fortune Business Insight: Market Research Report, published on Mar, 2021  
※2 出典:Gartner(July 2019)・・・Worldwide Iaas Public Cloud Services Market Share, 2017-2018 (Millions of U.S. Dollars) 
※3 (ISC)2 Cybersecurity Workforce Study, 2020” 
※4 AWS WAF classicのみに対応
※5 出典:日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2020年7月期_実績調査
※6 出典:「クラウド型WAFサービス」に関する市場調査(2019年5月〜2019年6月 調査)<ESP総研 調べ> ※7 一部プランのみ対象となります 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サイバーセキュリティクラウド >
  3. サイバーセキュリティクラウド、 米国で WAFの自動運用サービス「WafCharm AWS版」β版の提供を開始