モンゴル国ザミンウード市に太陽光発電所(メガソーラー)を建設

約16.5MW-dcの出力規模により、年間約24,836tCO2の温室効果ガス排出量削減に貢献

左:建設した太陽光発電所 右:6月21日に行われた竣工式の様子 右から5人目は、モンゴル国 オフナー・フレルスフ首相左:建設した太陽光発電所 右:6月21日に行われた竣工式の様子 右から5人目は、モンゴル国 オフナー・フレルスフ首相

シャープエネルギーソリューション株式会社(※1)は、重光商事株式会社(※2)とモンゴル国のエネルギー関連企業 Solar Tech LLC社(※3)と共同で、同国のドルノゴビ県ザミンウード市に太陽光発電所を建設しました。

当社は、2016年12月に重光商事などと共同で、同国初となる約10MW-dcの太陽光発電所を建設しました。このたび設置した約16.5MW-dcの太陽電池モジュールによる年間予測発電量は約31,162MWh/年であり、約24,836tCO2/年の温室効果ガス排出量削減に貢献する見込みです。

モンゴル国政府は、2020年までに、発電電力量に占める再生可能エネルギーの構成比を25%に引き上げることを目標に掲げています。当社は今後も、同国の再生可能エネルギーの普及拡大に貢献してまいります。

■ 発電所の概要
設置国:           モンゴル国
設置場所:          ドルノゴビ県ザミンウード市
出力規模(モジュール容量):  約16.5MW-dc
年間予測発電量:       約31,162MWh/年
想定温室効果ガス排出削減量: 約24,836tCO2/年
運転開始時期:        2018年9月中旬予定

※1   太陽光発電システムの販売および電気設備工事などのエネルギーソリューション事業を担うシャープ株式会社の子会社。
本社:大阪府八尾市、取締役社長:佐々岡 浩

※2   タオルをはじめとする繊維素材や建材関連の輸出入業のほか、太陽光発電事業を行う貿易商社。本社:石川県金沢市、代表取締役社長:格根 塔娜 氏

※3   太陽光発電所の開発や運営などを行う事業会社。本社:モンゴル国ウランバートル市、代表者:Ganzorigt Luvsanjamba 氏

※ ニュースリリースに記載されている内容は、 報道発表日時点の情報です。
  ご覧になった時点で、 内容が変更になっている可能性がありますので、 あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/180914-a.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/180914-a.pdf

【画像ダウンロードサービス】
http://www.sharp.co.jp/press/p180914.html
  1. プレスリリース >
  2. シャープ >
  3. モンゴル国ザミンウード市に太陽光発電所(メガソーラー)を建設