ビズリーチ・キャンパス、海外トップ大留学支援の「クリムゾン」と業務提携     

~渡航前からキャリア支援。海外留学生向けのOB/OG訪問事業を強化~

Visionalグループの株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:多田洋祐)が運営する、OB/OG訪問ネットワークサービス「ビズリーチ・キャンパス」は、海外トップレベルの大学の留学支援を手掛けるCrimson Education Japan株式会社(所在地:東京都台東区/日本法人代表取締役:松田悠介 以下、Crimson Education)と、海外正規留学生※1へのキャリア支援における業務提携契約を、2021年4月30日に締結しました。
本提携を機にビズリーチは、海外留学が決定したCrimson Educationの学生を対象に、キャリアセミナーを開催するほか、海外留学生向けのOB/OG訪問プラットフォーム「ビズリーチ・キャンパス for 海外大生」の活用を促進します。本提携を通じて、海外留学生が幅広い業種や職種の社会人から話を聞ける機会を提供し、海外留学生のキャリア観形成を支援します。
※1:学位の取得を目指し、海外の4年制大学や大学院へ入学して学んでいる学生

<提携概要>
1. 本提携の名称:Crimson Educationの個別指導を終了した海外留学生へのキャリア支援における連携
2. 締結日:2021年4月30日
3.本提携の目的:海外留学生へのキャリア支援
4.本提携の内容:
(1)海外大学への進学を控えた学生に対する、留学前キャリアセミナーの開催
(2)大学進学後の海外留学生に対する、「ビズリーチ・キャンパス for 海外大生」の活用促進

業務提携の背景・意義
文部科学省は、日本の若者が世界で活躍できるグローバル人材となるよう育成するために、海外留学の促進を支援しています。海外で新型コロナウイルス感染症の影響が深刻化し始めた2019年度の海外留学生は10万7,346名※2と、前年度より減少が見られましたが、オンライン留学などを活用している学生もおり、2017年度の10万5,301名よりも多い結果となっています。ハーバード大学やスタンフォード大学などの海外トップクラスの大学への進学支援実績を持つCrimson Educationでも、2020年には16名が進学、2021年9月には44名の学生が日本から進学予定となっています。
しかし、海外留学生はキャリア選択のための十分な情報収集がしにくいという課題があります。その要因としては、(1)留学前からキャリア選択について学べる場がない(2)海外大学の学期と日本の就職活動の時期とでスケジュールが異なり、学業との両立が難しい(3)日本での就職について相談できる社会人が少ないというハードルがある、などが考えられます。
Crimson Educationでは、個別指導を終了した学生を対象にしたコミュニティー内で、希望に応じてキャリア相談をすることが可能でしたが、海外大学に進学予定の学生を対象としたキャリア支援は実施していませんでした。本提携により、Crimson Educationを利用して海外大学に進学する学生に対して、留学前のキャリアセミナー共催や、オンラインでOB/OG訪問ができる「ビズリーチ・キャンパス for 海外大生」の活用促進を行い、将来について考えながら、学業に取り組める環境づくりを大学1年生から支援します。

※2:文部科学省「日本人の海外留学者数」
 

Crimson Education Japan株式会社 代表取締役社長 松田 悠介  コメント

弊社では海外大学への進学をゴールとせず、その先、学生が社会で活躍できるように必要な支援を提供しています。海外大学への進学を考える多くの受験生や親御さんが気にされるのが大学卒業後の進路です。グローバル人財の採用ニーズは高まる一方であるものの、こういった心配によって海外大学進学を諦めてしまうのはとてももったいないことです。本提携により、早い段階からキャリアに関する情報を提供し、さらなる成長の機会を提供することで、学生の不安を解消できればと思っています。



Crimson Educationについて
Crimson Educationは、海外大学への進学(アメリカ、イギリス、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、ヨーロッパ)のサポートに特化した海外大学進学塾です。ボーディングスクール(高校)、大学学部、MBA含む大学院進学を包括的に支援しています。合格基準を熟知したトップスクールの元入学審査官をコンサルタントとして招き、質の高いコンサルティングサービスを提供しています。また、ハーバード大学、スタンフォード大学、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学等のトップスクールを卒業もしくは在籍しているメンターとチューターが2,500名在籍しています。アジアの出願者は、2020-2021年出願サイクルだけで、米国のトップ50の大学に760名、イギリスのトップ10の大学に442名が合格しています。
Crimson Education:https://www.crimsoneducation.org/ja/
Crimson Global Academy:https://www.crimsonglobalacademy.com/

「ビズリーチ・キャンパス for 海外大生」サービス概要(学生向け)
「ビズリーチ・キャンパス for 海外大生」では、日本で活躍する社会人にオンラインOB/OG訪問の依頼ができます。そのため海外留学生は、これまでなかなか出会えなかった企業の社会人にOB/OG訪問が可能になります。また、1対1のOB/OG訪問だけではなく、海外留学生向けのキャリアセミナーやインターンシップなどを開催しています。

【サービス名】
ビズリーチ・キャンパス for 海外大生

【サービス開始日】
2020年8月24日

【対象学生】
主にアメリカ・カナダに正規留学している日本人学生
※現在、本コンテンツは日本語表記・対応のため、日本人の学生を主な対象としています。日本語でのコミュニケーションが可能な外国籍の方はご利用いただけます。
※対象となる国は今後変更される可能性があります。

【OB/OG訪問を依頼できる社会人】
「ビズリーチ・キャンパス for 海外大生」利用企業の全OB/OG
(海外留学経験や所属大学を問わずに依頼可能)
 ※OB/OGには、企業公認OB/OGとボランティアOB/OGがあります。企業公認のOB/OGではない、ボランティアのOB/OGの場合は、正規留学経験者のみに依頼可能(国や大学名は問わない)です。

【利用方法】
専用サイトより登録
https://br-campus.jp/global

【対応OS】
iOS版:iOS 13.0以降
Android版:Android 9.0以降

【利用料金】
無料

■株式会社ビズリーチについて
「すべての人が『自分の可能性』を信じられる社会をつくる」をミッションとし、2009年4月より、働き方の未来を支えるさまざまなインターネットサービスを運営。東京本社のほか、大阪、名古屋、福岡に拠点を持つ。即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」、人財活用プラットフォーム「HRMOS(ハーモス)」シリーズ、挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」、OB/OG訪問ネットワークサービス「ビズリーチ・キャンパス」を展開。2020年2月、グループ経営体制への移行にともなって誕生したVisionalグループにおいて、主にHR TechのプラットフォームやSaaS事業を担う。
URL:https://www.bizreach.co.jp/

■Visionalについて
株式会社ビズリーチがグループ経営体制に移行したことにより誕生。「新しい可能性を、次々と。」をグループのミッションとし、産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するさまざまな事業を展開。
「ビズリーチ」をはじめとした採用プラットフォームや、人財活用プラットフォーム「HRMOS」シリーズを中心に、人事マネジメント(HR Tech)領域におけるエコシステムを展開。また、事業承継M&A、物流DX、サイバーセキュリティ、Sales Techの領域においても、新規事業を次々に立ち上げている。
URL:https://www.visional.inc/ja/index.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Visional >
  3. ビズリーチ・キャンパス、海外トップ大留学支援の「クリムゾン」と業務提携