エクサ、スムーズなWEB商談に向けた見積ソリューションの提供を開始

~ニューノーマル時代を生き抜く WEB商談の強化を進めませんか?~

株式会社エクサ(本社:神奈川県横浜市西区みなとみらい、代表取締役 社長執行役員 千田 朋介、以下 エクサ)は、これからも継続が想定されるテレワーク、営業スタイルの変革に伴うWEB商談に向けた見積ソリューションの提供を2020年5月より開始しました。

https://www.exa-corp.co.jp/solutions/manufacturing/tacton.html


働き方改革、そして昨今の新型コロナウイルス感染症の流行をきっかけとして、今後もテレワークの継続が想定される中、営業スタイルも従来の対面商談からWEB商談の重要性が益々高まってきています。これからは顧客とのWEBによる接点が商談を左右するといっても過言ではありません。 

エクサでは、顧客がWEBで直接見積、問合せを可能にする最新型CPQ(※)ソリューションを提供します。この最新型CPQにより、従来は対面商談を基本としていた複雑な機器構成、または膨大なバリエーションがある工業製品をお客様が直接見積することを可能にします。
※CPQ:Configure(製品構成) Price(価格) Quote(見積)

まずは、WEB会議でご相談をお受けしますので下記までご相談ください。メールやお電話でのお問合せも受け付けています。

メール:sol-promo@exa-corp.co.jp
電 話:0120-934-863

 

対面営業におけるビジネス課題

  • テレワーク対応が進む中、お客様との対面商談が難しい
  • 顧客がグローバルに拡がっており、販社・代理店のカバレッジエリアに限界
  • 見積対応が遅く、逸注が増えている
  • 顧客からのWEBアクセスをリードとして獲得できる仕組みがない
  • 顧客が概算見積を作成、新規購入や他社からの乗換につなぐ仕組みがない


エクサの提供するCPQソリューションの特長

  • WEBページ上にCPQ対話画面を埋め込め、顧客自身の手で製品構成決定・価格算出が可能
  • AI技術を活用した独自エンジンにより、複雑な構成、豊富なバリエーションの製品の迅速な組み合わせ決定が可能
  • ニーズや重視する任意の仕様から、最適商品をガイド営業
  • 見積書・各種ドキュメントをWEBアプリが自動生成
  • WEB見積の実現により、各部門間(営業・営業技術・設計)で行っていた見積構成の確認・摺り合せ工数の削減
  • ノンプログラミングでルール設定ができ、 自社要員が独自で対象製品の登録、拡張が可能
  • 新製品やオプション、品薄品が生じた場合でも、容易なシステム改修により迅速な対応が可能

※記載されている製品名、社名は、各社の商標または登録商標の場合があります。
※本記事の記載内容は掲載当時のものとなっております。

 

■株式会社エクサの概要
株式会社エクサは、日本アイ・ビー・エム株式会社とJFEスチール株式会社を母体とするITサービス会社です。先進技術を活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、上流のコンサルティングから開発・構築、運用・保守までの各種サービスを総合的に提供しています。

https://www.exa-corp.co.jp/

■エクサのソリューション・サービス情報

エクサのCPQソリューション

https://www.exa-corp.co.jp/solutions/manufacturing/tacton.html

ものづくりコラム 「CPQの活用によるWEB商談の実現」

https://www.exa-corp.co.jp/column/mono/vol6.html

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エクサ >
  3. エクサ、スムーズなWEB商談に向けた見積ソリューションの提供を開始