2020年 全国カーライフ実態調査(第1弾)~車の平均維持費と節約方法は?ほか(「2020年 全国カーライフ実態調査」より抜粋)

ソニー損害保険株式会社(代表取締役社長:丹羽 淳雄、本社:東京都大田区、以下「ソニー損保」)は、2020年10月23日~10月26日の4日間、自家用車を所有し、月に1回以上車を運転する18歳~59歳の男女に対し、「全国カーライフ実態調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効回答を得ました。
本リリースは、12月14日にソニー損保が発表した「2020年 全国カーライフ実態調査」から抜粋してご案内するものです。調査の全文は、以下のURLからご覧いただけます。
https://from.sonysonpo.co.jp/topics/pr/2020/12/20201214_01.html
※調査結果の全文は、以下をご覧ください。
https://from.sonysonpo.co.jp/topics/pr/2020/12/20201214_01.html

*調査概要

◆調査タイトル :2020年 全国カーライフ実態調査
◆調査対象    :ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする
自家用車を所有し月に1回以上車を運転する18歳~59歳の男女
(10代・20代、30代、40代、50代、男女各125名)
◆調査期間    :2020年10月23日~10月26日
◆調査方法    :インターネット調査
◆調査地域    :全国
◆有効回答数    :1,000サンプル(有効回答から1,000サンプルを抽出)
◆実施機関       :ネットエイジア株式会社
◆調査協力会社 :ネットエイジア株式会社

*利用条件
本記事内の図解/文章とも自由に転載いただくことが可能ですが、下記の利用条件をすべて満たす場合に限ります。なお、当社がふさわしくないと判断した場合は、掲載の中止を求めることがあります。
≪利用条件≫
1 情報の出典元として「ソニー損害保険株式会社」の名前を明記してください。
2 ウェブサイトで使用する場合は、出典元として、ソニー損保の自動車保険トップページへリンクを設置してください。
    https://www.sonysonpo.co.jp/auto/

*調査要約
◆1ヵ月あたりの車の維持費は平均10,900円、調査開始以来最も低い水準に
◆ドライバーが負担に感じるもの TOP2「自動車税」「車検・点検費」
◆「ガソリン代・燃料代」を負担に感じるドライバーは2年連続で減少


自家用車を所有し、月に1回以上車を運転する18歳~59歳の男女1,000名(全回答者)に、年間走行距離を聞いたところ、「3,000km超5,000km以下」(33.1%)や「5,000km超7,000km以下」(19.1%)との回答が多く、年間走行距離の平均は6,017kmでした。

男女別にみると、年間走行距離の平均は、男性は6,293km、女性は5,741kmで、男性の平均走行距離のほうが552km長くなりました。

1.年間の走行距離1.年間の走行距離


昨年の調査結果と比較すると、年間走行距離の平均は2019年6,316km→2020年6,017kmと、299km短くなりました。

2.年間の走行距離【2014年~2020年:経年比較】2.年間の走行距離【2014年~2020年:経年比較】


次に、車の維持費や負担感について質問しました。

1ヵ月あたりの車の維持費(※1)を聞いたところ、「5,000円~10,000円未満」(37.7%)や「5,000円未満」(23.3%)、「10,000円~15,000円未満」(18.8%)との回答が多く、維持費の平均は10,900円(※2)でした。

主に運転している車のボディタイプ別にみると、維持費の平均が最も低くなったのは軽自動車の8,100円、最も高くなったのはSUV・クロカンの15,400円でした(※3)。

3.1ヵ月あたりの車の維持費3.1ヵ月あたりの車の維持費


過去の調査結果と比較すると、維持費の平均は2019年12,400円→2020年10,900円と、1,500円低くなり、調査開始以来最も低い結果となりました。コロナ禍で外出を控えていたため、今年は外出に伴うガソリン代・燃料代や外出先の駐車場代などがかからなかったという方が多いのではないでしょうか。

4.1ヵ月あたりの車の維持費の平均額【2010年~2020年:経年比較】4.1ヵ月あたりの車の維持費の平均額【2010年~2020年:経年比較】


(※1):保険料、ガソリン代・燃料代、駐車場代、修理代等のことで、税金、ローン返済、有料道路通行料は除く。
(※2):100円未満は四捨五入
(※3):オープン・クーペは参考値のため分析対象から除外

また、車の諸経費で負担に感じるものを聞いたところ、「自動車税」(67.9%)が最も高く、次いで、「車検・点検費」(64.6%)、「自動車保険料」(51.6%)、「ガソリン代・燃料代」(50.9%)、「駐車場代」(22.4%)、「修理代」(19.0%)となりました。

居住地別(※4)にみると、「駐車場代」は都市部では45.1%と、地方(18.6%)に比べて26.5ポイント高くなりました。

5.車の諸経費で負担に感じるもの5.車の諸経費で負担に感じるもの

(※4):市・区における人口ランキングの上位都市である、北海道札幌市、東京都23区、神奈川県横浜市、愛知県名古屋市、京都府京都市、大阪府大阪市、兵庫県神戸市、福岡県福岡市を「都市部」とし、それ以外を「地方」とした。

過去の調査結果と比較すると、「ガソリン代・燃料代」は2018年58.7%→2019年53.5%→2020年50.9%と、2年連続で下降しました。ガソリン価格が下がっているためか、ガソリン代・燃料代に対する負担感は徐々に和らいでいるようです。

6.「ガソリン代・燃料代」を負担に感じる人の割合【2010年~2020年:経年比較】6.「ガソリン代・燃料代」を負担に感じる人の割合【2010年~2020年:経年比較】

※調査結果の全文は、以下をご覧ください。
https://from.sonysonpo.co.jp/topics/pr/2020/12/20201214_01.html

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニー損害保険株式会社 >
  3. 2020年 全国カーライフ実態調査(第1弾)~車の平均維持費と節約方法は?ほか(「2020年 全国カーライフ実態調査」より抜粋)