freee、日本初の会計システム開発用SDKを提供開始


freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、freee オープンプラットフォーム戦略の一環として、日本で初めて(※1)会計システムにおけるAPI開発者向けのSDK(注)をリリースしました。
第一弾としてC#、Java版の「会計freee C# SDK」「会計freee Java SDK」をリリースいたします。
SDKはクラウド会計ソフトfreeeとシステム連携を検討いただいている開発会社、協業をご検討いただいている事業会社の皆様にご利用いただけます。
※1 当社調べ
(注)SDKはSoftware Development Kitの略称です

 


■freeeを中心としたAPIエコノミーの形成
freeeはAPIを通じて、様々な企業・サービスと新たなサービスと価値創造を進めていく世界観を「freeeオープンプラットフォーム」と呼んでいます。
freeeではAPIを通じてクラウドサービスとの連携を強化しており、新規システム開発やサービス間連携をスムーズに実現します。

■日本初の会計ソフト用SDKを開発
freeeが提供するサービスは、すでに100万社以上の事業者に導入いただいております。ユーザーへの「マジ価値(※2)」提供を一層強化するためのオープンプラットフォーム戦略の一環として、日本で初めて会計ソフトのSDKを2019年10月16日にリリースします。
SDKを利用することで、スクラッチ開発をする必要がなくなり、開発工数の削減が可能となります。
今後はPHP、FirebaseのSDKを順次公開予定です。
※2 本質的(マジ)で価値ある:ユーザーにとって本質的な価値があると自信を持って言えることをする。

■SDKとは
SDK(エスディーケー) とは 「Software Development Kit」の略称です。SDKには開発に利用可能なサンプルコードなどが含まれています。

■公開SDKについて
SDK:
会計freee C# SDK
https://github.com/freee/freee-accounting-sdk-csharp/
会計freee Java SDK
https://github.com/freee/freee-accounting-sdk-java

■実行環境
会計freee Java SDK
Java SDK 1.8以上
Maven
※会計freeeのアカウントがfreeeアプリストアへのアプリケーション登録で必要となります
またJava SDKをお持ちでない方は適宜インストールを実行してください

会計 freee C# SDK
 ●.NET Core 2.2 以上
  ・dotnet コマンド
 ●Visual Studio Code
  ・C# エクステンション

■freee株式会社 概要
会社名  freee株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  CEO 佐々木大輔
設立   2012年7月9日
資本金  161億603万円(資本準備金等含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F
https://corp.freee.co.jp/
freeeは「スモールビジネスを、世界の主役に。」というミッションのもと、データとテクノロジーの力で「アイデアやパッションやスキルがあればだれでも、ビジネスを強くスマートに育てられるプラットフォーム」を実現します。
「自動で、経営を軽くする」クラウドサービス「クラウド会計ソフトfreee」や「人事労務freee」などを通じ、バックオフィス業務の効率化だけでなく、経営の可視化や課題解決の提案を行っています。日本発のSaaS型クラウドサービスとして、パートナーや金融機関と連携することでオープンなプラットフォームを構築し、「マジ価値」を追求します。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. freee >
  3. freee、日本初の会計システム開発用SDKを提供開始