全国トップレベルの子育て支援を本気で目指す豊後高田市がベビカムと協力し、市の魅力を伝えるPR動画を地元のママたちに依頼して制作

地元に住むママたちだからこそわかる魅力を、ストレートに伝える動画が完成

ベビカム株式会社(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役:安西正育)は、豊後高田市からの依頼を受け、市内に住むベビカムのママスタッフが、企画・撮影・編集までを担当して、市の遊び方や、ライフステージに応じた子育て支援や移住制度の魅力を伝える動画を制作し、公開しました。


住みたい田舎 第1位の豊後高田市

 

大分県豊後高田市は、株式会社 宝島社『田舎暮らしの本』2021年2月号(2021年1月4日発売)の特集「住みたい田舎ベストランキング」で、全国初の「9年連続ベスト3」を達成し、人口10 万人未満の「小さな市」で「全4部門 第1位」、総合部門で「3年連続 第1位」、子育て部門で「2年連続 第1位」と、全国的にも住みやすさと子育て支援において有名な自治体です。

ベビカムは2014年から、豊後高田市と提携し、育児中の女性の就業支援を行っており、地元のママスタッフは、現在では、動画の制作のプロとして活躍しています。


魅力が伝わる、ママ目線での動画

豊後高田市から要望があった動画の制作にあたり、モデルの選定やディレクションから、企画、シナリオ作成、撮影、編集まで、制作のすべての工程を地元のママスタッフが対応しました。

企画するにあたり、市の方からのご要望だけでなく、実際に制度を利用する方々にもお話を伺い魅力を少しでも多くお伝えできるよう、ママスタッフならではの目線で制作を行いました。

今回ご出演いただいた移住者の方は2名。「移り住んで、子どもたちと過ごす時間が増えました」、「移住サイトもわかりやすくて、実際にコンタクトする際も抵抗がなかったです」など、どちらも笑顔で話す姿が印象的でした。

撮影では、子育て支援施設を実際に訪れ、利用するご家族や支援に携わる方々とも話す中で、「豊後高田市に住んでいて、困ったことがないです」との意見も。子育てをするママやパパ、ご家族が地域ぐるみで安心して子育てをする様子も見られました。

今回公開した動画は、以下の7本。市の掲載ページからご覧いただけます。

【豊後高田市の遊び方紹介動画】

①豊後高田の遊び方#1 
昭和のまち&花っこルーム高田
②豊後高田での遊び方動画#2 
真玉の夕日&花っこルーム真玉
③豊後高田での遊び方動画#3 
長崎鼻&花っこルーム香々地
④豊後高田の遊び方#4 
  中央公園&おひさまひろば

【ライフステージに応じた豊後高田市の魅力紹介動画】

①出会い~結婚編・動画
②子育て編・動画
③移住者の声編・動画

市の掲載ページ
https://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_05934.html


動画制作のプロとしてのママスタッフ

なお、ベビカムで動画制作を担当するママスタッフは、Youtubeで妊娠・出産・育児の動画メディア「Babytube」を運営し、これまで2000本以上の動画を制作・配信してきています。企業からの依頼で数多くの動画を制作するなど、動画の企画・撮影・編集すべてを対応するプロとして活躍しています。

妊娠・出産・育児の動画メディア「Babytube」
https://www.youtube.com/channel/UC6du2j8NkOjCq5tOIYAc5hw

今回の豊後高田市の例のように、実際に移住された方々のリアルな声と、支援する行政側の声、双方をお伝えするような動画をはじめ、全国の自治体のPRに繋がるような動画や、さまざまな分野の商品を紹介する企業動画などの制作も、育児経験豊富なママスタッフがお受けしています。
詳しくは以下からお問い合わせください。
https://questant.jp/q/babytube

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ベビカム株式会社について】
1996年創立。
1998年、 妊娠・出産・育児の不安を楽しみに変えるためのコミュニティサイト「ベビカム」を開設。 現在会員数は約35万人で日本最大級。コミュニティやブログサービスのほか、 専門家にも協力を得て、相談室や大百科的コンテンツ、 膨大な体験談などを提供。さらに、ユーザーのニーズに合った生活情報、 商品情報の提供や、セミナー・イベント等も行うとともに、自治体とも提携して、子育て中の女性の就業支援(WorkSmart)に関わる事業も展開している。
ベビカムでのリサーチの活動は、 キッズデザイン賞 審査委員長特別賞・社会貢献メディア賞を受賞しており、各分野の大手企業との商品開発やマーケティング等のコラボ活動も手がけている。 
コロナ禍においては、いち早くオンラインでのベビカム両親学級を開催し、病院にもその仕組みを提供するとともに、ママたちがつながる毎日開催のオンラインライブお茶会「ベビカムMama Tea Break」などを継続展開中。
また、 本田技研工業のコミュニティ企画・運営をはじめ、 数多くの企業に向けて、 コミュニティの企画コンサルティング、 制作、 マーケティング、 運営サービス等も提供する。 
ベビカム Webサイト( https://www.babycome.ne.jp 
ベビカムMama Tea Break (https://www.babycome.ne.jp/mama_teabreak/

会社名: ベビカム株式会社
設立:1996年2月20日
資本金:8000万円
代表者: 代表取締役社長 安西正育
所在地: 東京都千代田区麹町2-10-3 エキスパートオフィス麹町3階


ホームページ: https://company.babycome.jp 

【本リリースに関するお問い合わせ先】
ベビカム株式会社 担当:山下華子
TEL:03-4405-1938
E-Mail:prs@babycome.jp

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ベビカム株式会社  >
  3. 全国トップレベルの子育て支援を本気で目指す豊後高田市がベビカムと協力し、市の魅力を伝えるPR動画を地元のママたちに依頼して制作