カインズ 「前橋市サッカー場(仮称)」基本計画を発表

フットサルコートや多目的広場、アスリートフードレストランやペットと過ごせるオープンカフェも併設

 株式会社カインズ(代表取締役社長CEO:高家 正行、以下、「カインズ」)は、2022年2月に締結した「企業版ふるさと納税を活用したプロスポーツ振興事業等に係る基本協定」に基づき、カインズが設計・建設し前橋市に寄付をするサッカー場施設の基本計画をまとめ、8月10日(水)の前橋市市長定例会見内で発表したことをお知らせします。

イメージパースイメージパース

■カインズとザスパの関わり
 カインズは、ザスパクサツ群馬(以下、ザスパ)がJリーグに加盟して間もない2006年から、ベイシアグループの各企業とともに、オフィシャルユニフォームパートナーとしてチームを支援しています。2020年12月には、チームを運営する株式会社ザスパ(代表取締役社長:石井 宏司)に資本経営参加し、筆頭株主グループの一員となりました。カインズ創業の地であり、数多くの店舗を有するホームタウン「群馬」において、地域の課題を解決すると共に活性化を図り、群馬の誇りを創る「共創」のパートナーとして活動を行っています。

 ザスパは、専用の練習場やクラブハウスなどを持っておらず、前橋市が所有する施設を賃借して日々練習しています。カインズは、ザスパの「共創」パートナーとして、ザスパの練習環境を充実させるために何かできることはないかと群馬県や前橋市と検討を重ね、この度「地方創生応援税制」、いわゆる企業版ふるさと納税を活用した本事業を進めさせていただく運びとなり、2022年2月8日に「企業版ふるさと納税を活用したプロスポーツ振興事業等に係る基本協定」を締結しました。
 今回の基本計画では、2022年12月に着工予定のサッカー場施設の概要と、地域住民の交流拠点としてのコンセプトについて具体的に取りまとめています。

■基本計画の概要
【事業の概要】
 前橋市では、2012年度に、下増田町にサッカー場を整備しました。このサッカー場は、プロスポーツによる地域振興の一環として、ザスパの練習利用に一定の配慮をした運営を行っています。しかしながら、プロスポーツクラブの練習環境、あるいはサポーター・地域住民との交流機会等の面で課題があるとともに、一般の市民利用にも一定の制限がある状況となっています。このような状況のなか、カインズから企業版ふるさと納税を活用したザスパの専用利用に配慮したサッカー場整備の提案を行い、前橋市が所有する市有地を提供することで、官民連携型の事業として新たなサッカー場の整備を進めることになりました。サッカー場及びクラブハウスは、カインズが設計・建設を行い、完成後に前橋市に寄附します。供用開始後は、株式会社ザスパが指定管理者となり、次世代選手の育成(アカデミー)や地域住民の交流拠点として、施設の一部を開放するなど、連携して地域貢献を図ってまいります。

【施設の概要】
位 置 ローズタウンF地区北の一部(約5.28ha)
建築物 天然芝サッカーコート2面、人工芝サッカーコート1面(照明付き)、フットサルコート3面(照明付き)、クラブハウス(レストラン、コミュニティスペース等)
工 期 2022年12月から2024年3月まで
管 理 利用料金制による指定管理予定(株式会社ザスパ)
オープン 2024年4月(予定)

【主な施設イメージ】

北側より外観イメージ北側より外観イメージ

南側より外観イメージ南側より外観イメージ

1Fテラス(オープンカフェ)1Fテラス(オープンカフェ)

2Fレストラン2Fレストラン

【コンセプト】
 本施設は、ザスパの練習拠点としての利用以外にも、「地元ユースの育成(ホームグロウン)」、「地域の健康増進とサッカー人口の拡大」、「スポーツ食堂の設置による食を通じた健康」、「子どもたち、ペット、地域交流、コミュニティーの拡大」の場として広く地域の方に利用いただくことをコンセプトにしています。

①   地元ユースの育成(ホームグロウン)
 優秀な群馬出身プロ選手を育てるために、ザスパクサツ群馬アカデミーの練習拠点としても利用します。幼少期からプロフェッショナルと学べる環境を整え、トップチームと同じ場所で、将来の有望選手を地域全体で育てます。

ザスパクサツ群馬アカデミーザスパクサツ群馬アカデミー

②   地域の健康増進とサッカー人口の拡大
 3面のフットサルコートを活用し、気軽にボールを蹴ることができる機会を提供することで、地域の健康増進とサッカーの裾野拡大に寄与します。

イメージイメージ

③   スポーツ食堂の設置による食を通じた健康
 ザスパ×アスリートフードのコラボレーションレストランを開設し、朝昼晩3食、選手と同じメニューを日替わりで提供します。最先端のスポーツ栄養学に基づいた健康的かつ、美味しいメニューを一般のお客様も一緒に楽しめます。また選手も同じレストランを使う事から、同じ空間で同じ食事を味わうライブレストラン的なコンセプトもプラスされています。

イメージイメージ

④   子どもたち、ペット、地域交流、コミュニティーの拡大
 自由な遊びの空間と、憩いの集いのスペースをコンセプトに、グラウンドと同じ天然芝で子どもたちが自由に遊べる「多目的広場」を設置するとともに、ペットと一緒に過ごせるオープンカフェを提供します。また、クラブハウス内に「コミュニティスペース」を用意し、地域の皆様とザスパ、ファンがつながり、広げる、持続可能なコミュニティーづくりをサポートします。
 

イメージイメージ

 カインズは今後も、ザスパの共創パートナーとして、「ザスパ」ブランドをより一層向上させるとともに、群馬への地域貢献を行ってまいります。

【施設詳細】

<株式会社ザスパ概要>
代表者:代表取締役社長 石井 宏司
設 立:2003年2月5日
事業所所在地:群馬県前橋市千代田町 4-12-4
チーム名:ザスパクサツ群馬
ホームスタジアム:正田醤油スタジアム群馬
URL:https://www.thespa.co.jp/

<カインズについて>
 株式会社カインズは、28都道府県下に230店舗を展開するホームセンターチェーンです。
「くらしに、ららら。」をお客様とのプロミスとし、日常生活に寄り添うライフスタイルの提案と、住空間のトータルコーディネートを意識した商品づくり、店舗づくりに努めています。 くらしを豊かにする商品を、オリジナル商品の開発と、独自の仕入れ・物流システムの活用により、毎日低価格で提供します。

<株式会社カインズ 概要>
代表者:代表取締役会長       土屋 裕雅
    代表取締役社長  CEO   高家 正行
設 立:1989年 3 月
本部所在地:埼玉県本庄市早稲田の杜1‐2‐1
資本金:32億6,000万円
事業内容:ホームセンターチェーンの経営
従業員数:12,995名(2022年2月末)
店 舗 数:230店舗
公式サイト:https://www.cainz.co.jp/ (企業サイト)
      https://www.cainz.com/ (オンラインショップ)
      https://magazine.cainz.com/ (となりのカインズさん)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カインズ >
  3. カインズ 「前橋市サッカー場(仮称)」基本計画を発表