表情筋研究所「表情筋実態調査2021」一番鍛えたい表情筋1位は口周りの「口輪筋(こうりんきん)」

長引くマスク生活での隠れた顔の下半分、「マスクたるみ」がお悩みのもとに?

 ヤーマン株式会社(代表取締役社長:山﨑貴三代、所在地:東京都江東区)は、専門メーカーとして美容機器を開発する中で培ってきた「表情筋研究」をベースに、昨年10月に『表情筋研究所』を発足し、様々な分野の専門家の皆様と共にあらゆる角度から「表情」および「表情筋」を科学的に究明し、顔の印象を左右する「表情筋」への理解を深めていただくための情報をお届けしております。
 発足から2年目を迎えた今年、改めて表情筋に関する意識・実態調査を実施いたしました。昨年から引き続きマスクをつける生活が日常となった2021年。「表情筋(ひょうじょうきん)」という言葉を、以前より耳にする機会が多くなったのではないでしょうか?

 

  • 調査サマリー
✔ 一番鍛えたい筋肉TOP3!1位は「口輪筋(こうりんきん)」
一番鍛えたい筋肉第1位に「口輪筋」がランクイン。第2位に「大・小頬骨筋」と、コロナ禍でマスクの下に覆われている顔の下半分の部分の表情筋に注目度が上がっていることが分かりました。

✔ 緊急事態宣言が明けてお出かけする機会が増えるも、まだまだ表情はマスクの下。
ようやく明けた緊急事態宣言。お出かけする機会が「増えた」と回答した方は約40%。一方でどんな瞬間に表情筋や表情が気になるかという問いに対しては、第1位となったのは「鏡を見たとき」でした。外出する機会が増えたものの、まだ日常的にマスクをする生活は続いているため、自宅でマスクをはずして鏡で自分を見たときにハッとするという方が多いということが伺えます。

✔ 表情筋や表情が気になるのは「鏡を見たとき」。
54%の方が「鏡を見たとき」と回答。40代以上では約60%の方が「鏡を見たとき」が気になる瞬間、と回答しました。一方で20代の約50%が「気になる瞬間はない。」と回答。40代になると特にたるみやリフトケアへの関心が高まってくるようです。
 
  • 調査結果
表情筋ランクキング2021(複数回答/N=400)
●一番鍛えたい筋肉TOP3!1位は口輪筋
第1位 口輪筋(口まわり)
第2位 大・小頬骨筋(頬まわり)
第3位 眼輪筋(目もと)

●今年新たに知った筋肉TOP3!1位はオトガイ筋
第1位 オトガイ筋(顎の筋肉)
第2位 胸鎖乳突筋(首まわ回り)
第3位 小頬骨筋(頬まわり)

 「一番鍛えたい筋肉」第1位に「口輪筋」がランクイン。第2位に「大・小頬骨筋」と、コロナ禍でマスクの下に覆われている部分の表情筋に注目度が上がっていることが分かりました。「表情筋を鍛えている」と回答した人の中でも「どこを鍛えているか?」という質問に対しては第1位が「大・小頬骨筋(頬まわり)」第2位が「口輪筋(口まわり)」と、同じように、顔の下半分の表情筋を気にされています。

 今年新たに知った筋肉についても質問したところ、「表情筋を鍛えている」と回答した方と、「鍛えていない」と回答した方で比較すると、「鍛えていない」と回答した方のほうが全ての表情筋に対して「今年知った」という回答が多い結果になりました。マスク生活が続いたことで、これまで表情筋を鍛えることに馴染みのなかった方にも表情筋の知名度が上がった1年だったのではないでしょうか。

 また今年知った筋肉第1位にランクインしたのは「オトガイ筋」。やはりマスク生活で顔の下半分への意識が高くなっていることが伺えました。

 長引くマスク生活でマスクの下に隠れた部分の表情筋への注目度が上がったことからも、「マスクたるみ」「マスク老け」を気にしている方が増え、これまで表情筋を鍛えていなかった方においても表情筋自体の注目度が上がった1年だったと言えるのではないでしょうか。

表情筋実態調査調査結果
●Q1. 表情筋や自身の表情が気になる瞬間TOP3は?

 

 緊急事態宣言が明け、お出掛けする機会が増えましたか?という問いに対し、「増えた」と回答した方は約42%と徐々に外出が増えている傾向に。そんな中実際に「表情筋や自身の表情が気になる瞬間がある」方は64.5%。そのうちTOP3としては、第1位「鏡を見たとき」、第2位「自分が写った写真を見たとき」、第3位「人と対面で話をしているとき」。コロナ禍で、新たな働き方として主流となった、「オンラインミーティングの時」は意外にもTOP3圏外という結果に。

 

 また「気になる度合い」については、男女での差が顕著で、「気になる」と回答した女性が77%でしたが、男性は約半分の方が「気になる瞬間はない」と回答しました。女性の一番気になる瞬間としては「鏡を見たとき」(68%)という結果になりました。

●Q2. 表情筋を鍛えてる、もしくはケアをしていますか?
「なんらかの表情筋トレーニングをしている」という方が約30%の方という結果でした。そのうちほとんどの方が自宅で道具を使ってまたは道具を使わずにトレーニングをされています。

 


調査方法:インターネット、調査期間:2021年11月実施、調査対象:400人(表情筋に関する意識・実態調査 20~50代の男性、女性:各200人ずつ)
*本リリースの調査結果をご利用いただく際は、【ヤーマン表情筋研究所調べ】とご明記ください。

●まとめ
 表情筋や自身の表情が気になる瞬間がある方は60%以上いる(Q1)という一方で、実際に表情筋をケアできている方は約30%にとどまっています(Q2)。気になっているけれど実際なにから始めればよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。
 『表情筋研究所』サイトでは、手軽に始められる簡単な表情筋エクササイズの方法もご紹介しています。ぜひ日ごろのトレーニングの参考にしてみてはいかがでしょうか。

✔ 表情筋トレーニング、なにからはじめればいい?という方に。「表情筋トレーナーが伝授!「自然で美しい笑顔」をつくる表情筋エクササイズ」: https://www.hyojo-science.com/knowledge/03/
 
  • 表情筋研究所とは

専門メーカーとして様々な美容機器を開発する中でヤーマンが培ってきた「表情筋研究」をベースに、様々な分野の専門家の皆様と共にあらゆる角度から「表情」および「表情筋」を科学的に究明し、お顔の印象を左右する「表情筋」への理解を深めていただくための情報をお届けしてまいります。

『表情筋研究所』公式サイト:
https://www.hyojo-science.com/

※発表日現在の情報となります。最新の情報と異なる場合がございますのでご了承ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヤーマン株式会社 >
  3. 表情筋研究所「表情筋実態調査2021」一番鍛えたい表情筋1位は口周りの「口輪筋(こうりんきん)」