怒り、悲しみ、疑心暗鬼…夫婦の信頼が崩れたとき、どうすればいいのか?不倫のトラウマを乗り越える処方箋『不倫という病』片田 珠美 著 2月26日発売

株式会社大和書房(本社:東京都文京区、代表取締役:佐藤 靖)は『不倫という病』(片田珠美 著)を2021年2月26日に発売いたします。


不倫に厳しい風潮にもかかわらず、不倫がやめられない
ここ最近でも芸能人やアスリート、政治家などの著名人の不倫が報じられた。以前にも増して有名人の不倫が袋叩きにする風潮が強まっている。不倫が原因で家族がバラバラになるのはもちろん、仕事を失うなど社会的信用が失墜し、SNSでバッシングを受けるなど社会的制裁を受けるのは目に見えている。にもかかわらず、不倫する人が後を絶たない。

精神科医として活躍する片田珠美さんのところにも不倫が原因でうつ病を発症した患者やメンタル不全に陥ったまた相談者が少なくない。本書では不倫に陥る理由、不倫を繰り返す心理、またされた側のトラウマ、そして夫婦関係修復に至るアプローチを実例と合わせて紹介する。
理想の相手を伴侶とし、世間で完璧な夫婦と言われていても、予想のつかないことが起こりえるのが人生。本書は不倫を悪として叩くアプローチではなく、精神科医として不倫を分析した上で、関係修復の一助となるようめざした1冊である。

【目次】
はじめに
第1章 不倫の理由
性欲を満たすため/「サチリアージス」/性的欲求不満/自分がないがしろにされているという不満/理解してもらえないという不満/自分が愛されていないという不満から〝女〟であることの再確認へ
/強すぎる束縛/ガス抜き/自分の人生を取り戻したい/心身の病気/復讐のため

第2章 不倫を繰り返す心理
懲りない人/特権意識が強い芸能人/特権意識の塊のような医師/〝性欲を満たす道具〟として扱う人/女性を征服することに「狩り」のような快感を覚える/禁を犯す快感/他人のものを奪う勝利感/悲劇のヒロインであるがゆえの恍惚感/自分だけは大丈夫という思い込み/不倫が悪いとは思わない 

第3章 不倫に対する反応
怒りに震える/怒りから復讐願望へ/疑い深くなる/喪失感にさいなまれる/罪悪感を覚える 
/恥ずかしいと思う/恐怖を感じる/不倫が報じられた有名人への怒り/不倫を叩くことによって復讐願望を満たす

第4章 不倫トラウマ
交通事故を上回るショック/強迫観念/イライラして怒りっぽくなる/子どもも親の不倫でトラウマを負う/青天の霹靂/不倫をある程度予想できていたとしても/現実逃避/自信喪失/人間不信/不倫した側がトラウマを負うことも 

第5章 再構築か離婚かの分かれ目
揺らぐ心/〈再構築を妨げる不倫した側の要因〉/不倫関係を続けたいという願望/すべてを打ち明けることへのためらい/いら立ち/失望/〈再構築を妨げる不倫された側の要因〉/恐怖/怒りと復讐願望/罰を与えたいという願望/あらわになる負の側面/焦り/再構築の助けになる要因と妨害する要因 

第6章 それでも修復したいのなら
再構築のための5つのステップ/①何が起きたのか理解する/②不倫について話し合う/再構築のために不倫された側がするべき質問/③「夫婦一緒」を習慣化する/④不倫相手との絶縁/⑤許すことで〝被害者〟から抜け出す

第7章 不倫にはそれなりの覚悟が必要
不倫によって失うもの/「快感原則」と「現実原則」/「快感原則」によって破滅へと導かれることも/配偶者の不倫を知って自殺/昔からあった不義密通/実は「現実原則」で我慢しているだけ?
おわりに

【著者略歴】
片田珠美(かただ・たまみ)
広島県生まれ。精神科医。大阪大学医学部卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。人間・環境学博士(京都大学)。フランス政府給費留学生としてパリ第8大学精神分析学部でラカン派の精神分析を学ぶ。DEA(専門研究課程修了証書)取得。パリ第8大学博士課程中退。精神科医として臨床に携わり、臨床経験にもとづいて、犯罪心理や心の病の構造を分析。社会問題にも目を向け、社会の根底に潜む構造的な問題を精神分析的視点から分析。著書に『「自分が正義」の人に振り回されない方法』(だいわ文庫)、『他人を攻撃せずにはいられない人』(PHP新書)など多数。




【書籍概要】
書名:不倫という病
著者:片田珠美
出版年月日 2021/02/26
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体1,400円+税

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 大和書房 >
  3. 怒り、悲しみ、疑心暗鬼…夫婦の信頼が崩れたとき、どうすればいいのか?不倫のトラウマを乗り越える処方箋『不倫という病』片田 珠美 著 2月26日発売