プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社ソラコム
会社概要

ソラコム、「AWS ISV Accelerate プログラム」認定を取得

AWSとのさらなる連携強化により、グローバルIoTシステムの活用を加速

株式会社ソラコム

株式会社ソラコム(本社:東京都港区、代表取締役社長 玉川憲)は、この度、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)の「AWS ISV Accelerate プログラム」認定を取得しました。今後、AWSと連携し、通信、デバイス、IoTシステム開発・構築をサポートするIoTプラットフォームSORACOMを、エンタープライズ企業向けに共同で提案していきます。

「AWS ISV Accelerate プログラム」は、AWSで実行される、またはAWSと統合されるソフトウェアソリューションを提供する組織のための共同販売プログラムです。

ソラコムは、既にパートナープログラムネットワークであるAWSパートナーネットワーク(以下、APN)において、パートナーパスプログラムの最上位ステージである「Differentiated」であり、「IoT コンピテンシー」を取得しています。

IoTプラットフォームSORACOMは、IoT向けのデータ通信を軸に、IoTを活用した製品やサービスの開発を加速させ、効率的な運用を支援するグローバルプラットフォームです。製造、エネルギー、金融などの産業DXから、イノベーティブなスタートアップ、農業や防災など持続可能な地域社会を支える取り組みに至るまで、さまざまな業界・規模のお客さまにご利用いただいています。


主要サービスである、データ通信サービスSORACOM Air は、世界中の180以上の国と地域で、390以上のセルラーネットワークを利用可能であるため、IoTプロダクト・サービスのグローバル展開をシームレスにサポートします。


加えて、SORACOMのモバイル・コアシステムおよびサービス群はAWS上にソフトウェアで構築されており、AWS上を利用するユーザーシステムと容易かつ安全に連携可能で、スモールスタートから大規模展開まで柔軟なシステム展開を可能にします。

ソラコムは、AWSとのパートナーシップを一段と深め、AWSサービス群や最新技術を活用したIoTシステム、あらたな事例の創出を推進します。

「AWS ISV Accelerate プログラム」に関する詳細

https://aws.amazon.com/jp/partners/programs/isv-accelerate/


ソラコムについて

IoTプラットフォームSORACOMは、世界180以上の国と地域でつながるIoT通信を軸に、IoTを活用するために必要となるアプリケーションやデバイスなどをワンストップで提供しています。製造、エネルギー、決済などの産業DXから、イノベーティブなスタートアップ、農業や防災など持続可能な地域社会を支える取り組みに至るまで、さまざまな業界・規模のお客様にご活用いただいています。

ソラコムコーポレートサイト https://soracom.com


本ニュースに関するお問い合わせ

株式会社ソラコム 広報 田渕

pr@soracom.jp


Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、および当ウェブサイトで使用されるその他の AWS 商標は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社ソラコム

20フォロワー

RSS
URL
https://soracom.jp
業種
情報通信
本社所在地
東京都世田谷区玉川四丁目5番6号 尾嶋ビル3F
電話番号
-
代表者名
玉川 憲
上場
未上場
資本金
37億2755万円
設立
2014年11月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード