「Cyber Security Cloud Managed Rules for AWS WAF」が提供開始から約2年半でグローバルユーザ数“1,000”を突破

株式会社サイバーセキュリティクラウド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:小池敏弘、以下「当社」)は、この度、Amazon Web Services(以下AWS)ユーザ向けに販売している「Cyber Security Cloud Managed Rules for AWS WAF」のグローバルユーザ数が2021年5月末時点において“1,000”を超えたことをお知らせいたします。
(日本を含む全世界のユーザ数は1,700を超えています※1)
■世界各国のAWSユーザが人材への投資なしに強固なセキュリティ環境を実現できる
「Cyber Security Cloud Managed Rules for AWS WAF」
 世界のセキュリティ市場は、2023年には約24.8兆円※2にまで拡大することが見込まれています。これは同じく2023年の国内のセキュリティ製品及びサービス市場規模として予測されている約9,734億円※3の25倍以上の数字となっております。
 そんな中当社では、Webサイト・Webサーバへのサイバー攻撃を可視化・遮断するクラウド型WAF「攻撃遮断くん」、WAFを自動運用することができる「WafCharm(ワフチャーム)」に加え、2019年2月に、世界で7社だけのAWS WAFマネージドルールセラーの1社として認定されたことで、当社が独自に作成する厳選されたAWS WAFのセキュリティルールセット「Cyber Security Cloud Managed Rules for AWS WAF」をAWS Marketplaceにて販売しています。
 「Cyber Security Cloud Managed Rules for AWS WAF」は、通常お客様側で必要なAWS WAFを利用する際に必要となるルール作成を手間なく実施することができる機能をもっています。さらに本サービスの導入はAWS Marketplaceというグローバルプラットフォームを経由してオンラインで完結するため、世界各国のユーザが人材への投資をすることなくセキュリティ環境を実現することが可能です。

■「AWS WAF Managed Rules」が提供開始から約2年半でグローバルユーザ数“1,000”を突破
 世界各国でサイバーセキュリティ対策への需要が高まる中、当社ではアメリカ合衆国、イギリス、オーストラリア、カナダなど、かねてより「Cyber Security Cloud Managed Rules for AWS WAF」のユーザー数が多い国々に対してプロモーションを続けてまいりました。その結果、サービス開始より順調にユーザ数を伸ばし続け、この度、同サービスのグローバルユーザ数は2021年5月末時点で “1,000”を突破いたしました。今後も各国での知名度・ブランド力の向上、実績作りを積極的に進めてまいります。

■世界的な需要増大に対しグローバルでのサービス展開を強化
 当社は、2018年9月、グローバル展開強化にあたって米国シアトルに子会社を設立し、「Cyber Security Cloud Managed Rules for AWS WAF」を世界に向け販売してまいりました。さらに子会社を通じて米国市場のリサーチを進め、その結果米国でも強いサイバーセキュリティ需要が存在すると判断。2021年6月1日には米国のAWSユーザを対象とした「WafCharm AWS版」β版の提供を開始しました。
「Cyber Security Cloud Managed Rules for AWS WAF」、「WafCharm AWS版」という2つのサービスを展開することで、米国において、手頃かつ低価格で自社のサイバーセキュリティを強化したい企業と、自社のWebサイトの特性に合わせた強固なセキュリティ対策を施したい企業の双方のニーズを満たすことができるようになります。
 また「Cyber Security Cloud Managed Rules for AWS WAF」を利用中の企業が「WafCharm AWS版」を併用することで、さらに柔軟で強固なサイバーセキュリティ対策を実現することができます。
 両サービスそれぞれの認知拡大、ユーザ数の増加を通じて、米国における当社サービス全体の知名度をより効率的に向上させ、一層の販売促進を目指します。今後も当社では、数少ない日本発のサイバーセキュリティサービスベンダーとして、日々グローバルでの事業拡大に向けて取り組んでまいります。
 


【米国子会社情報】  
企業名:Cyber Security Cloud Inc. (USA) 
所在地:500 Mercer Street, Suite C202-143B Seattle, WA 98109 U.S.A. 
代表者:CEO Toshihiro Koike 
設立 :2018年9月 

【株式会社サイバーセキュリティクラウドについて】  
会社名:株式会社サイバーセキュリティクラウド 
所在地:〒150-0011 東京都渋谷区東3-9-19 VORT恵比寿maxim3階 
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 小池 敏弘 
設立  :2010年8月 
URL  :https://www.cscloud.co.jp/ 
「世界中の人々が安心安全に使えるサイバー空間を創造する」という理念を掲げ、サイバーセキュリティクラウドでは、世界有数のサイバー脅威インテリジェンスとAI技術を活用した、Webアプリケーションのセキュリティサービスを全世界に向けてサブスクリプションで提供しています。また、クラウド市場世界シェア47.8%※4を持つAWSにおいて、世界で7社目となるAWS WAFマネージドルールセラーにも認定されております。これからも私たちは、リーディングカンパニーとして、世界中の人々が安心安全に利用できるサイバー空間を創造するためのサービス開発を行い、情報革命の推進に貢献してまいります。 

※1 2021年3月末時点のユーザー数を元に算出(当社調べ)
※2 出展:Statista Size of the cybersecurity market worldwide, from 2017 to 2023(in billion U.S. dollars) ※$=¥100
※3 出展:IDC Japan 株式会社 国内情報セキュリティ市場の2018年から2023年までの予測
※4 出典:出典:Gartner(August 2020)・・・Worldwide Iaas Public Cloud Services Market Share, 2018-2019
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サイバーセキュリティクラウド >
  3. 「Cyber Security Cloud Managed Rules for AWS WAF」が提供開始から約2年半でグローバルユーザ数“1,000”を突破