プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社ウエディングパーク
会社概要

「Wedding Park 2100ミライケッコンシキ構想」プロジェクト「#2100年もふたりを祝う瞬間を」第二弾、賛同企業・団体の募集をスタート

https://2100.weddingpark.net/mirai/event/490/

株式会社ウエディングパーク

株式会社ウエディングパーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:日紫喜 誠吾)は、「結婚の幸せへ、まっすぐに進めるデジタルを。」という中期ビジョンのもと「祝う、分かち合う、感動する」未来の結婚式を体験する。をテーマに、これから結婚するおふたりのための新プロジェクト「Wedding Park 2100 ミライケッコンシキ構想」(以下、Wedding Park 2100)を1月28日に始動。2021年5月(予定)に実施するプロモーションに向けて、本日よりプロジェクトに賛同いただけるウエディング企業・団体の募集第二弾を開始いたします。

https://2100.weddingpark.net/mirai/event/490/

80年後の2100年も。これからもずっと、結婚するおふたりを応援したいという想いを「#2100年もふたりを祝う瞬間を」に込め、2月18日よりスタートしたWedding Park 2100 賛同企業・団体募集第一弾は、90を超える企業・団体の方※1に賛同いただきました。賛同いただきました企業・団体の皆様、誠にありがとうございました。
 

<賛同いただいた皆様からのコメント>一部抜粋
・日本の婚礼文化の継承と、新郎新婦様の笑顔に関するものは全て賛同したい
・新型コロナウイルスの影響で思うように結婚式を挙げられないカップルが多い中で、2100年まで結婚する2人を祝う文化を残していきたいという趣旨に共感した
・こんな時こそ、未来の希望を見つめることが大切。2100年の結婚式を、希望を持って私たちも一緒に眺めてみたいと思い、本企画に賛同します
・自分たちがやっていることが、生活スタイルや考え方が変わったときでも「必要なコト」「必要なモノ」になっていたいと常々考えています。その手掛かりになりそうな事だったので賛同いたしました
・どんな状況下にあっても会いたい人や伝えたい想いがあって、その機会をきちんと作らなくてはならないと思います。ブライダル業界にいる私たちが責任をもって、その場を作り続けるんだという決意に賛同しました

この度、多くの企業・団体より期間延長のお声を頂戴し、2021年3月31日まで賛同企業・団体募集の期間を延長することを決定いたしました。

第一弾(2月18日~3月7日)及び第二弾(3月15日~3月31日)で賛同表明いただいた企業・団体の企業ロゴもしくは企業名は、Wedding Park 2100のスペシャルサイト、ならびに、2021年5月に予定している「Wedding Park 2100」に関するプロモーション時の広告(一部)に掲載させていただきます。

---------------------------------------------------------
企画名:Wedding Park 2100 賛同企業・団体募集
「#2100年もふたりを祝う瞬間を」第二弾

https://2100.weddingpark.net/mirai/event/490/

これまでも、これからも、結婚するおふたりの幸せを応援したい。カタチは変われど、30年、50年、80年…この先もずっと、結婚するおふたりを祝う素晴らしい文化を残し続けていきたい。そのような思いから、Wedding Park 2100プロジェクトは立ち上がりました。

本プロジェクトにおいて、今すべきことは、結婚式という文化の価値と、未来の素敵な結婚式の実現に向けて各ウエディング企業が様々な取り組みをされておられることを発信し、結婚するおふたりの結婚式に対する思いを応援することと考えています。より多くのカップルにこの応援の気持ちを届けるために、「#2100年もふたりを祝う瞬間を」に想いを込め、Wedding Park 2100プロジェクトに賛同し、コメントをお寄せいただけるウエディング企業及び関係団体の皆様を募集いたします。

受付期間:
2021年3月15日(月)から3月31日(水)まで
対象:
ウエディング企業及び関係団体の皆様
賛同特典:
【1】スペシャルサイトにて企業ロゴもしくは企業名を掲載(4月14日~)
【2】交通広告にて企業ロゴもしくは企業名を掲載(5月・東京都内の駅を予定)
賛同費用:
無料

また、お寄せいただいたコメント及びロゴ(企業名)は、今後のプレスリリース、SNS、広告連動企画等で紹介させていただく場合がございます。
---------------------------------------------------------

ご賛同いただける企業及び関係団体様は、弊社営業担当、もしくはWedding Park 2100 運営事務局(pr_wp@weddingpark.co.jp)までご連絡ください。詳細をご案内いたします。

※1<Wedding Park 2100 第一弾 賛同企業・団体一覧>50音順表記

株式会社R&Jザ・ワークス
愛知ウェディング協議会
株式会社明来エンタープライズ(BLANZ)
株式会社当間高原リゾート(ベルナティオ)
株式会社アトラクティブ
ANIIA株式会社(COCOMELODY)
阿部フォトグラフィ株式会社(阿部写真館)
株式会社出雲記念館(八雲迎賓館)
株式会社出雲殿(サンフィレール岡崎)
株式会社インプレッションフローラ
株式会社ウエディングジョブ(ザ・プロフェッショナルウエディング)
株式会社エスクリ
株式会社epic
エリアウエディングサミット事務局
株式会社encochi(ミナジュエリー)
株式会社オータパブリケイションズ
沖縄ワタベウェディング株式会社(エリスリーナ西原ヒルズガーデン)
株式会社オニックス(フェアリーブライダル)
株式会社小野写真館
株式会社オフィース・マリアージュ
株式会社鎌倉彫金工房
株式会社京都ホテル(京都ホテルオークラ)
株式会社GINZA Fiore
株式会社グッドラック・コーポレーション(アールイズ・ウエディング)
株式会社グランビスタホテル&リゾート(札幌グランドホテル)
株式会社CRAZY
株式会社光貴(ヴォヤージュドゥルミエール北谷リゾート)
株式会社Concept Marry
埼玉女子短期大学
株式会社サイバーエージェント
GLIONグループ(AKARENGA WEDDING)
C.RELATIONS株式会社
株式会社シュシュブライダル
常磐興産株式会社(ハワイアンズホテルウエディング)
株式会社スタージュエリー
株式会社スタイルズ
有限会社スタジオエース
株式会社創寫舘
SoZo株式会社
大成祭典株式会社(モード・マリエ)
高松パレス株式会社(THE CHELSEA)
高見株式会社(モチーフ ウエディングプランニング アンド イベントデザイン)
株式会社タクティブレイン
TARO KAMITANI株式会社
株式会社ディアーズ・ブレイン(Dears Wedding)
株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ
株式会社ディスティーノ金沢(DESTINO BROOKLYN NEWYORK)
株式会社DOUCEVIE(ドゥースヴィ)
株式会社東京會舘
株式会社東上セレモサービス(Belle Saison)
ドーモ株式会社
株式会社鳥善(THE ORIENTAL TERRACE HIDEAWAY)
株式会社トレセンテ
一般社団法人日本バウリニューアル協会
日本ブライダルスペシャリスト協会
公益社団法人日本ブライダル文化振興協会
日本ホテル株式会社(東京ステーションホテル)
株式会社ニュー・オータニ
ニュートンプラスイー株式会社(グランシェル岡崎)
株式会社ノバレーゼ
株式会社HASUNA
株式会社八芳園
花巻温泉株式会社(花巻温泉-The Grand Resort Hanamaki Onsen-)
バリューマネジメント株式会社
株式会社日比谷花壇
株式会社ひらまつ
株式会社ファーストウエディング
藤田観光株式会社(ホテル椿山荘東京)
株式会社ブライダルハート(WEDDING POPCORN KOBE)
株式会社bride to be
冒険社プラコレ
株式会社 Plan・Do・See
株式会社ブレイニングピクチャーズ(ENISHI PHOTO WEDDING)
株式会社ブレスゲート
株式会社ベストブライダル
株式会社ベルクラシック小倉
株式会社ベルクリエイト(ベルアンジュール)
株式会社ホテル日航大阪
株式会社マイナビ(マイナビウエディング)
株式会社丸三屋(ブライダリウム ミュー)
株式会社三田ホールディング(ウェスティンホテル東京)
南興業株式会社(ホテルボストンプラザ草津)
株式会社メモリード(ロイヤルチェスター前橋 アルフォンソ)
有限会社メリー・マリー
ユウベル株式会社
株式会社ユミカツラインターナショナル
リージェンシー・グループ株式会社
株式会社リクシィ(トキハナ)
株式会社リフレクション(ウェディングジャーナル)
株式会社ル・グラン・ミラージュ(ル・グラン・ミラージュ)
ワタベウェディング株式会社

第1弾でご賛同いただいた企業・団体はスペシャルサイトでもご確認いただけます。
https://2100.weddingpark.net/mirai/event/360/


■「Wedding Park 2100」プロジェクトについて
2020年、想像もしていなかったことが起きました。新型コロナウイルスという未知のウイルスによって、通勤や通学、外食、旅行など、今まで不自由なくできていたこと、「当たり前」が「当たり前」ではなくなりました。「ニューノーマル(新しい生活様式)」という言葉が一般化し、生活は大きく変化。オンライン化が急速に進み、リモートワークやデリバリーサービスなどが定着し、外出する必要性も低くなりました。ウエディング業界においても、オンライン式場見学、結婚式のLIVE配信、自宅で挙げる結婚式など、新しいスタイルが誕生しています。

そして今、改めて、結婚式の在り方・意味が再定義されていると感じています。

結婚式を挙げたいと願うおふたりのために。
今を乗り越えた将来、より幸せな結婚、結婚式を創り出していくために。
結婚や結婚式の本当の価値を見つめ直し、
これからの時代に本当に必要な結婚式の在り方を考える機会を創出していきたいと「Wedding Park 2100」プロジェクトを立ち上げることにしました。

イマとミライに軸を置き、夢と希望に満ちた結婚・結婚式の姿を皆さんと共に見つけていきたいと願っています。

【Wedding Park 2100 ステートメント】

結婚式を叶えるために、
人生の大切な瞬間を分かち合うために、
考え、トライし、
さまざまなカタチで、さまざまな人たちが
次へ行こうとしている「イマ」。

時間や、距離や、場所や、性別や、
そしてウイルスのような予期せぬ何か…。
どんなものにも、決してつまずくことがなく、
ただ、まっすぐに叶えたい結婚式がある「ミライ」。

イマと、ミライをいったり、きたり。
同時に体験しながら、
結婚式の、結婚の意味を考えてみる。

Wedding Park 2100は、
結婚・結婚式のイマを知り、ミライを創り体験していくプロジェクトです。

スペシャルサイトURL:https://2100.weddingpark.net/


株式会社ウエディングパークは、「結婚を、もっと幸せにしよう。」という経営理念のもと、今後もデジタル技術の力で、ウエディング業界を全面支援できるよう尽力してまいります。


【株式会社ウエディングパーク概要】
社名:株式会社ウエディングパーク https://www.weddingpark.co.jp/
所在地:東京都港区南青山3丁目 11-13 新青山東急ビル6F
設立:1999年9月
資本金:2億3198万円
代表者:代表取締役社長 日紫喜 誠吾
事業内容:ウエディング情報サービス事業

【運営サービス一覧】
■結婚準備クチコミ情報サイト「Wedding Park(ウエディングパーク)」
https://www.weddingpark.net/
■海外・リゾートウエディングのクチコミ情報サイト「Wedding Park海外」
https://foreign.weddingpark.net/
■結婚衣装選びのクチコミ情報サイト「Wedding Park DRESS」
https://dress.weddingpark.net/
■フォトウエディング・前撮りの検索サイト「Photorait(フォトレイト)」
https://www.photorait.net/
■婚約・結婚指輪のクチコミ情報サイト「Ringraph(リングラフ)」
https://ringraph.weddingpark.net/
■結婚の“今”と“未来”を考えるメディア「結婚あした研究所 by Wedding Park」
https://kekkon-ashita.weddingpark.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ウエディングパーク
経営本部 広報・宣伝 飛田/宮﨑
TEL:03-5414-2290 FAX:03-5414-2291
E-Mail:pr_wp@weddingpark.co.jp

以上

すべての画像


種類
イベント
ビジネスカテゴリ
ネットサービス恋愛・結婚
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社ウエディングパーク

18フォロワー

RSS
URL
https://www.weddingpark.co.jp
業種
情報通信
本社所在地
東京都港区南青山3-11-13 新青山東急ビル 6F
電話番号
-
代表者名
日紫喜 誠吾
上場
未上場
資本金
-
設立
1999年09月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード