シリーズ累計販売台数200万台(※1)突破 外干しできない梅雨時期のふとんのお手入れに「ふとん乾燥機カラリエ」シリーズ販売好調

 アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山晃弘 )は、専用マットを使わず手軽にふとんを乾燥できる「ふとん乾燥機 カラリエ」シリーズの販売が好調に推移し、累計販売台数が200 万台(※1)を突破したことをお知らせします 。

 

 

 


 












 
 「ふとん乾燥機 カラリエ」が専用マットを使わずホースをふとんの間に差し込むだけで乾燥できる手軽さと、コンパクトで軽量な設計 により好評を博しています。さらに近年は、花粉やPM2.5などの大気汚染や梅雨の長雨、共働き世帯の増加によりふとんを室内で干す家庭が増えていることが2015 年の発売以降、200万台(※1)を超える好調な販売実績の大きな要因の一つになっています。

 昨年発売した「ふとん乾燥機 カラリエ ツインノズル」は、伸縮ノズルを、2本搭載することでふとんを2枚(※2)同時に乾燥でき、2本のホースの長さをそれぞれ調整することにより胸元から足元までの広範囲に温風を送れます。また、業界最高水準(※3)のヒーター出力を実現することで、より強力にふとんを乾燥できます。「ふとん乾燥機 カラリエ タイマー付き」は、オンタイ マーを搭載したことにより、設定した時間の30分前からふとんをあたためはじめ、就寝時間に合わせて快適な睡眠環境を整えられます。 また、シリーズに共通して4つの自動モードを搭載しています。「ダニモード」では、約50度以上の温風を排出することでダニが繁殖しにくい環境をつくるめ、ダニの増える時期に最適です。

 当社は今後も、ユーザーイ ンの発想により手軽で便利な製品を開発し、需要を創造して快適生活を実現していきます。


■「ふとん乾燥機 カラリエ」ラインアップ
ふとん乾燥機 カラリエ ツインノズル KFK-W1


1. ツインノズルによりふとん2枚(※2)を同時に乾燥
 2本のホースの長さをそれぞれ調整することにより胸元から足元までの広範囲に温風を送ります。また、ホースの長さが従来のモデル(※4)と比較して約1.5倍に延長しているため、ベッドサイドからの使用や高さのあるベビーベッドにも適応します



2. 業界最高水準(※3)のヒーター出力によりふとんをしっかり乾燥
 内部ファンの構造とモーターを改良することにより、業界最高水準のヒーター出力を実現しています。これにより、より強力にふとんを乾燥できます。


▲ダブルサイズ、ふとん乾燥約60分の場合のあたためイメージ
※当社調べ(ふとん自動乾燥 冬モードで60分の運転終了直後に掛けふとんを外しサーモカメラで撮影)。
室温20℃、敷ふとん:ポリエステル、掛けふとん:ポリエステル。
使用条件により異なります。


ふとん乾燥機 カラリエ タイマー付き KFK-C3


オンタイマー付きで設定時間に合わせたふとんのあたため予約が可能
 オンタイマーを搭載したことにより、設定した時間の30分前からふとんをあたためはじめ、就寝時間に合わせて快適な睡眠環境を整えられます。



■「ふとん乾燥機 カラリエ」共通特長
1. ホースを差し込むだけでふとんを乾燥

 



2. 軽量・コンパクト設計で持ち運びに便利
 女性や力のない方でも持ち運びやすい軽量設計で、コンパクトサイズのため使用しないときには省スペースでの収納が可能です。

 

 















3. 多様なモード搭載と付属のくつ専用のアタッチメントで年間を通して使用が可能
 4つの自動モードと、手動モードを搭載しています。手動モードでは手動で温度と時間設定ができるため、就寝直前に短時間でふとんのあたためや、くつ乾燥などにも使用できます。
 


 





















※1:2019年4月現在。当社調べ。
※2:シングルサイズに対応。
※3:日本国内の家庭用ふとん乾燥機の消費電力において。2019年5月現在。当社調べ。 
※4:ふとん乾燥機カラリエ KFK-C2と比較して。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アイリスオーヤマ株式会社 >
  3. シリーズ累計販売台数200万台(※1)突破 外干しできない梅雨時期のふとんのお手入れに「ふとん乾燥機カラリエ」シリーズ販売好調