タグ・ホイヤー、ゴルフファンのための「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45 ゴルフ エディション」、「タグ・ホイヤー ゴルフアプリ」を発表

タグ・ホイヤーの革新的なスマートウォッチとゴルフアプリでラウンドが更に充実!

スイスの高級時計ブランド タグ・ホイヤーは、バーゼルワールド2019にて高度な時計製造技術とゴルフへの情熱を融合させ、「タグ・ホイヤー ゴルフアプリ」と、アプリ搭載の「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45 ゴルフ エディション」を発表します。   https://www.tagheuer.com/golf/ja-jp

 



「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー 45 ゴルフ エディション」には、デザインだけでなく先進的な技術が搭載されています。タッチスクリーンは傷つきにくいサファイアクリスタル製で、ゴルフに便利なGPS、NFC、加速度計、ジャイロスコープ、マイクなどの複数のセンサーを装備。メモリは4GB、パワーリザーブは約25時間です。そのほかにも、メッセージの送信や通知の受信、音楽の再生、他のアプリのダウンロードなど、タグ・ホイヤーの各種コネクテッドウォッチに搭載されている機能をすべて備えています。

タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45 ゴルフ エディション
 

 


商品名    :タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45 ゴルフ エディション
レファレンス    : SBF8A8031.82EB0172
パワーリザーブ : 約25時間
ケース           : ブラックチタンカーバイドコーティングのサンドブラスト加工チタン製ケースとケースバック                            マットブラックセラミック製ベゼル、直径45 mm、厚さ13.75 mm、モジュール重量64.4 g
防水性             : 50メートル(5気圧)
ストラップ       : インターチェンジャブル ブラックライナーホワイトストラップ & ブラックストラップ
           特別パッケージにはゴルフボール3個を同梱
発売時期          : 2019年4月予定
予価       :20万0000円 (税抜)            



「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45  ゴルフ エディション」と「タグ・ホイヤー ゴルフ アプリ」
– グリーンやハザードまでの距離をひと目で確認:タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45スマートウォッチのディスプレイには、グリーンやハザードまでの距離が表示されます。数字は読み取りやすく、誤差は1メートル以内という高精度です。位置情報はウォッチ内蔵のGPSセンサーにより得られます。

– 読み取りやすい2Dおよび3Dコースマッピング: “ゴルフ エディション”スマートウォッチの大きな特徴は、ユニークなインタラクティブ2Dコースマッピングです。一方、現実に非常に近い3Dレンダリングが、コースを最もよく把握できるビューを実現します。タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー 45 “ゴルフ エディション”は単に距離を示すだけなく、衛星マッピング技術を使用した他の類似アプリよりコースをより詳細に表示できるベクター技術を駆使し、バンカー、フェアウェイ、ラフを含む全ホールの最上級のマッピングを使用できます。マップはインタラクティブかつスクロール可能です。

– 最大4人のスコアを記録:ゴルフを21世紀へと導くこのアプリでは、紙のスコアカードに代わってインタラクティブのスコアカードを利用します。わすか数秒の間に、全員のスコアを入力することができ、プレイ中は常にリーダーボードを確認できます。ストロークプレーであれマッチプレーであれ、あるいはステーブルフォードであれ、タグ・ホイヤー ゴルフアプリは常にスコアを記録します。

– ショット距離を正確に捉える:ショット記録機能を作動させると、プレイヤーがボールまで歩いていった距離がショット距離として記録されます。ショット距離の誤差は1メートル以内です。

– ラウンド後には有益なスタッツを:ウォッチを通してアプリに入力された情報は、すべて瞬時にスマートフォンに送るか、近くにスマートフォンがない場合でも保存できます。毎回のラウンド終了後には、平均パット数、最長飛距離、スコアの分布など、役立つスタッツなどの情報を得ることができます。

– 世界中のコースでプレー:タグ・ホイヤー ゴルフには、全世界約3万9000本のゴルフコースを登録したマップが搭載されており、どこでもお好きなコースでご利用いただけます。常にアップデートされるデータベースには新設コースや既存コースの改造も追加され、3Dマップを可能な限り正確に維持します。


タグ・ホイヤーについて
1860年、当時20歳のエドワード・ホイヤーはスイスのジュラ地方に自身の時計工房を創設しました。以来タグ・ホイヤーは、例えば1916年にマイクログラフを発明、1970年代にはF1チームのスポンサーを務め、そして2015年には世界初の高級スマートウォッチを発売するなど、技術革新、究極の精度、そして独自のスピリットを表す既成概念にとらわれないデザインへの情熱を示し続けてきました。本社はラ・ショー・ド・フォンにあり、時計製造の全工程を4つの生産拠点で行っています。世界各地に4,500の販売店があり、そのうちタグ・ホイヤー ブティックは170店あります。また、一部の国においてはwww.tagheuer.comから直接購入することもできます。タグ・ホイヤーのタイムピースは挑戦を愛する人のためにデザインされています。そしてスポーツ、ライフスタイル、ヘリテージという3つの柱に基づいた独自のコミュニケーションにより、タグ・ホイヤーのインフルーエンスが強化され、受け継いだ伝統やDNAを具現化しています。また、タグ・ホイヤーのオープンマインドで開放的なカルチャーを体現しているのがパートナーやアンバサダーです。F1チームのレッドブル・レーシング、F1モナコグランプリ、フォーミュラE選手権、欧州、北米・南米、アジアの主要サッカーリーグ、英サッカーチームのマンチェスター・ユナイテッド、トレンドセッターのカーラ・デルヴィーニュ、 俳優のクリス・ヘムズワースやパトリック・デンプシーなど、著名でアヴァンギャルドな数多くの名前がタグ・ホイヤーのパートナーとして知られています。
「#DontCrackUnderPressure<プレッシャーに負けるな>」は、単なるスローガンではなく、ひとつの心のあり方なのです。詳細についてはwww.tagheuer.comをご覧ください。
Instagram: @tagheuerjapan, Twitter: @TAGHeuerJapan, Facebook: https://www.facebook.com/TAGHeuerJapan/

 








 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン株式会社 >
  3. タグ・ホイヤー、ゴルフファンのための「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45 ゴルフ エディション」、「タグ・ホイヤー ゴルフアプリ」を発表