RPAソリューション『オークファンロボ』を不動産仲介のLIRが導入、ひと月60時間相当の業務効率化に成功!

株式会社オークファン(本社:東京都品川区、代表取締役:武永修一、以下「オークファン」)は、高級不動産仲介のリストインターナショナルリアルティ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:北見 尚之、以下「LIR」)に業務自動化ソリューション『オークファンロボ』を導入し、同社がこれまで費やしていた1ヶ月あたり約60時間相当の業務を自動化させることに成功いたしました。
■導入の背景と実績
LIRは総合不動産のリスト株式会社の連結子会社であり、世界70以上の国と地域に広がるグローバルなネットワークを活かした高級不動産の仲介を強みとしています。同社はこれまで顧客にメールで物件情報を送る際、200件程の顧客情報の入力やお問い合わせ内容ごとのタグ付けを手作業で行っており、1ヶ月あたり約60時間を費やしていました。
そこでオークファンが提供する業務自動化ソリューション『オークファンロボ』を導入、これまでの繰り返し作業をオークファンロボに設定したところ、60時間分の業務効率化を実現いたしました。業務効率化により浮いた時間は、より良い店舗作りや接客サービスの向上など、人にしかできない業務に充てることができます。
 
  • LIRご担当者様より
「本ツールの導入後、査定報告書の作成業務やオーナー様向けの定期報告書作成業務、顧客管理データのインポート、物件情報抽出作業等の自動化を実現できました。専門的な知識が無くても取り組みやすく、わかりやすいインターフェイスに助けられています。
今までは一部店舗のみで運用してきましたが、グループ全体の業務改善に役立てて行きたいと思います。」

■オークファンロボについて

サービス特設ページ:https://aucfanrobo.com/

オークファンロボは、IT専門知識不要・実務担当者様向けの業務自動化ソリューション(RPA)です。パ ソコン上の繰り返し作業を“引継ぎ”感覚でオークファンロボに設定することで、手軽に業務自動化・効率化 を実現できます。
今回のようなデータ入力や登録などの単純作業のみならず、受発注業務や在庫管理業務などの規則性ある作業、データ集計や報告書作成といったレポーティング作業など、様々な場面において活用いただけます。導入後は約1ヶ月間、専属のコンサルタント担当が初期設定をサポートいたします。


■オークファングループについて
近年では、SDGsに始まり、世界中で廃棄ロス問題が大きくクローズアップされています。日本では年間22兆円の商品が、そして世界では年間100兆円の商品が廃棄されております。この課題に対して、オークファングループは正面から向き合い解決すべく、「RE-INFRA COMPANY」と自身を再定義しました。「RE」とは、すでにあるものを捉え直し、より良く組み替え、再構成するという意味を含んでおり、当社グループは「RE」に関する様々な機能を繋げ統合することで、モノとそれに関わるヒトの価値を、再配分・最適配分し、廃棄ロスという社会問題を解決することに挑んでおります。※詳細は、コーポレートサイトをご覧ください。( https://aucfan.co.jp/

事業においては、創業来培った売買データとAI技術により商品の時価を可視化し、流動化を推進する、小売・流通業向けの在庫流動化ソリューションを展開しております。*「オークファングループの提供サービス」参照

中長期的には、各サービスが担う「RE」に関する様々な機能をつなげ統合することで、企業在庫の価値算定から再流通までをワンストップで可能にするインフラを構築し、巨大な廃棄ロス問題の解決に挑みます。

【オークファングループの提供サービス】


オークファン概要
会社名: 株式会社オークファン
代表者: 代表取締役 武永 修一
創 業: 2007年6月
資本金: 8億8,408万円 (2020年9月末現在)
従業員: 146名 (2020年9月末現在 ※連結)
所在地: 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro3階
コーポレートサイト https://aucfan.co.jp/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オークファン >
  3. RPAソリューション『オークファンロボ』を不動産仲介のLIRが導入、ひと月60時間相当の業務効率化に成功!