【三菱自動車×HAL】2030年のEV(電気自動車)を提案するプロジェクトを実施します

専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)は、三菱自動車工業株式会社と本学カーデザイン学科との産学連携プロジェクトを実施します。テーマは、「2030 EV for Amazing experience」。学生たちは2030年に向けて、今までのEV(電気自動車)では体験できない価値を持つ、「新しいEVの世界観を提案するモビリティ」を企画・提案します。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、プロジェクトは4月よりオンラインにて始動しています。
学生たちは、三菱自動車の第一線で活躍するデザイナーの方々から、制作過程を毎週細かく直接指導いただきます。
 

9月に実施予定の最終プレゼンテーションに向けて、学生たちは新しいアイディアをコンセプトやスケッチなど全体デザイン案としてまとめ、1人1枚のプレゼンテーションパネルを完成します。

予測できない未来に向けて、今を生きる若者たちはEVを取り巻く生活をどのようにデザインするのか、学生たちの提案にご期待ください。
 

 

■専門学校 HAL

専門学校HALは、東京・大阪・名古屋のターミナル駅前に校舎を構え、ゲーム、CG、ミュージック、カーデザイン、ITまで、IT・デジタルコンテンツ分野の即戦力を育成している専門学校。専門教育の理想とされる「産学連携」を追及し、第一線のプロによる直接指導、企業からの依頼で学生が取り組むプロジェクト、プロも認めたソフト・ハードを導入。希望者就職率100%を実現しています。
HALHP:https://www.hal.ac.jp
 

■『産学直結ケーススタディ』とは
学生ひとり1人がプロの現場で活躍できるように、企業やクリエイターと連携し、企画立案から実制作までを手がけるプロジェクト。実践的なプロジェクトを経験することで、学生の域を超えた本物の「実戦力」が身につきます。

■HALカーデザイン学科特設サイト
https://www.hal.ac.jp/cardesign/


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人 日本教育財団 >
  3. 【三菱自動車×HAL】2030年のEV(電気自動車)を提案するプロジェクトを実施します