今年もスタート! 最新“ラン活”事情 購入時期は6~8月に分散化、高級志向高まる

~新入学ランドセルの購入調査~

幼稚園児とママの情報誌「あんふぁん」https://enfant.living.jp/ と、働くママと保育園児の情報誌「ぎゅってby あんふぁん」https://gyutte.jp/ (発⾏=サンケイリビング新聞社/東京都、代表取締役︓和⽥直樹)では、卒園する年長児を対象とした新入学ランドセルの購入調査を実施しています。
 毎年、ランドセル購入の早期化が叫ばれている今、最新の“ラン活”事情をお届けします。


“夏までに買う”が定着。6~8月が勝負ドキ

 ランドセルの購入(予約)は、年長の5月が7.7%、6月が15.1%。2015年の調査では同月は2%台(グラフ①参照)だったことからも動き出しが早まっているのが分かります。また、3年前は8月購入が24.6%と突出していましたが、今回は7月、8月ともに16.1%と6~8月にかけて購入が分散化しています。ママたちのクチコミで「早く買わないと欲しいランドセルが買えない」と広まり、8月までにランドセルを購入するのが定着してきているようです。

グラフ①:ランドセルを購入(予約)した時期グラフ①:ランドセルを購入(予約)した時期



子どものランドセルに5万円!? 
購入価格は3年間で4702円アップ↑

グラフ②:ランドセルの購入価格グラフ②:ランドセルの購入価格


 実際に購入したランドセルの価格は5万円台が最も多く、平均は5万2508円。2015年調査の平均4万7806円から4702円も上昇。これは、ランドセルの機能が向上するにつれ高価格帯のランドセルが増えたことと、こだわりが詰まったランドセルを選ぶ家庭が増えているからとみられます。
 購入の主な出資者は「パパとママ」(33.5%)、「ママ側の祖父母」(30.3%)、「パパ側の祖父母」(32.3%)と、6割以上が祖父母でした。



購入の決め手は“色”と“子どもの使いやすさ”
男児は茶系が初のトップ3入り、女児はむらさき系が人気上昇中


 子どもの希望を第一にランドセルを選ぶママが多く、購入の決め手1位は「気に入った色があった」(60.0%)。「子どもの使用感・扱いやすさ」(41.0%)、「A4のファイルが入る」(41.0%)と続きました。
 男児の人気色1位は不動の黒(66.4%)。前年までは紺・青がトップ3を占めていましたが、今年は茶系(キャメル含む)が7.9%と2位に。男女共に茶系が人気を集めています。一方、女児はここ数年でむらさき・パープル系がじわじわとポイントを上げています。

グラフ③:購入の決め手グラフ③:購入の決め手

 

 

 

※調査方法/Webアンケート 調査対象/あんふぁん読者、ぎゅって読者、あんふぁんWebユーザー 調査期間/2018年3月1日~22日 有効回答数/311(2018年4月に小学校に入学する子どものいる家庭を対象に調査)



ランドセルメーカー16社の商品が一堂に!
全国4都市で試着イベント「あんふぁんフェス」開催

 

あんふぁんフェス会場風景あんふぁんフェス会場風景

 昨年は全国で1万6681人を動員したランドセル試着イベント「あんふぁんフェス」を東京・大阪・名古屋・仙台の4都市で開催します。年長児を持つ家族の一大イベントに是非、ご注目ください。

東京会場
[日時]2018年7月1日(日)10:00~16:00
[会場]新宿NSビル(地下1階 大展示ホール)
[主催]サンケイリビング新聞社 あんふぁん・ぎゅって


 

 

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社サンケイリビング新聞社 あんふぁん事業部   担当:三山・岡﨑
TEL:03-5216-9181  FAX:03-5216-9266    E-mail:enfant@sankeiliving.co.jp

 

  1. プレスリリース >
  2. サンケイリビング新聞社 >
  3. 今年もスタート! 最新“ラン活”事情 購入時期は6~8月に分散化、高級志向高まる