働き方改革を支援!A3、A4ドキュメントスキャナー計3機種を新発売

- 業務での集中スキャン用途から個人利用まで進化したラインアップを展開 ‐

エプソンは、A3ドキュメントスキャナーの新商品『DS-32000』と、A4ドキュメントスキャナーの新商品『DS-571W』『DS-531』を、9月24日(木)より順次発売します。

 

 

 業務プロセスのデジタル化やコロナ禍での在宅ワークが進む中、紙文書を電子化するニーズは日々高まっています。申請書類や証明書などさまざまな帳票の電子化作業の効率化を図るために、高い生産性や操作性を持つスキャナーが求められています。これらのニーズに対し、今回の新商品では高い生産性と操作性に加え、スキャナードライバー「Epson Scan 2」 にe-文書法および電子帳簿保存法の要件を満たした設定でスキャンできるモードを追加し、お客様のスキャン業務効率化に貢献します。
 『DS-32000』は、シートフィードタイプでエプソン初となる高生産・高耐久を兼ね備えたA3サイズ対応のドキュメントスキャナーです。読み取り速度90枚/分※1の高速性と3つの給紙モードによる幅広い用紙対応力で、金融機関や官公庁・自治体、医療機関、物流などの大量の帳票や紙文書の電子化が必要とされる業務を支援します。
 『DS-571W』『DS-531』は、原稿給紙時のトラブルを未然に防ぐ給紙機能を搭載し、簡単に両面での高速スキャンが可能なため、コロナ禍での在宅ワークなどでも手軽に使用でき、業務から個人利用まで多様な働き方をサポートします。

■新商品紹介動画


 

1.『DS-32000』の主な特長

①高速・大量スキャン業務の効率化と生産性を向上
 読み取り速度90枚/分、A4原稿で最大120枚、A3原稿で最大60枚(80g/m2紙)の大容量給紙、
1日の最大読み取り枚数40,000枚※2を実現しました。高速かつ大量スキャンでハードな電子化業務の効率化と生産性向上に貢献します。

②3つの給紙モードでさまざまな原稿の電子化を実現
 標準、デリケート(水平)、手差しの3つの給紙モードを搭載し、幅広い種類の原稿に対応しています。『DS-32000』で新しく採用したデリケート給紙モードは、本体給紙姿勢を水平に変更し、搬送時の原稿への負荷を軽減することで、紙詰まりが起こりやすい20g/m2の超薄紙や紙が古くなっている書類などもまとめてスキャン可能にしました。また、通帳やパンフレットなどの冊子やパスポート、厚紙もスキャンできるため、金融機関、医療、物流などの現場でお使いの様々な用紙にも幅広く対応します。


③優れた給紙機能でスムーズなスキャン作業を支援

原稿破損を防ぐ原稿保護機能※3
 4つの検知機能で給紙時の歪みや斜行の兆候をとらえます。ホチキス留めの原稿を給紙すると読み込みを停止し、紙詰まりによる原稿破損を軽減します。


 

 

手差しスキャンの生産性を高める原稿待ち受けモード<連続>

 手差しで連続給紙ができる 「原稿待ち受けモード<連続>」を搭載しているので、原稿の内容を確認しながら1枚ずつスキャンしたいとき、まとめて読み取ると原稿詰まりが発生しやすいときに便利です。

 

 

ガラス面汚れ検知」機能で作業効率向上
 
センサー汚れを検知して画像の縦筋を防ぐ 「ガラス面汚れ検知」機能を搭載し、スキャン前にガラス面の汚れを検知して清掃を通知するため、文書の電子化作業を快適に行えます。

 

 

④カラー液晶タッチパネルで分かりやすく業務をサポート
 操作する作業者の位置にあわせて縦横表示切替えが可能な2.7型カラータッチパネルを装備。各種設定を簡単に確認・変更でき、エラー内容やメンテナンス方法もイラストや動画でわかりやすく表示することで円滑な操作を実現しました。
 また、添付のスキャナーアプリケーション「Document Capture Pro」※4で設定したジョブを操作パネルに表示可能。パネルでジョブを選択してスキャンを実行できるため、定型業務に役立ちます。

⑤読み取りやすいイメージを作成することでOCRなどの後工程を支援
 カラーCISセンサーと白色LED光源の採用と、光を2方向から照射することで、色再現性を向上しました。また、スキャンした画像に、折れしわなどの原稿のしわや印刷物のモアレ(網点)が映り込む状態を軽減しています。
また、読み取り時の背景板を「黒」、「白」の2つ用意し、選択可能にしました。両面印刷された原稿をスキャンする際に「黒」の背景板を使用することで、裏写りを低減します。

 

 

2.『DS-571W』『DS-531』の主な特長
 

①幅広い用紙対応力と快適スキャンで作業の効率化をサポート
 読み取り速度35枚/分※5の高速スキャンで、在宅ワークや、SOHO、受付業務での書類のデータ化をスピーディーに行うことができます。
 薄紙から免許証などのプラスチックカードまで幅広い原稿に対応しているため、さまざまなスキャン作業を1台で集約可能です。
 また、『DS-531』にフラットベッドスキャナー「GT-S650」を接続ユニット(オプション)で組み合わせることで、ADF(オートドキュメントフィーダー)とフラッドベッド原稿台を同時に使用できます。これにより、「GT-S650」の原稿台でパスポートなどの冊子もスキャンでき、幅広い用紙に対応できます。

②信頼性を高める給紙機能でスキャン作業を快適
 これまでの給紙時の重送を検知する「重送検知機能」や状態の悪い原稿を、速度を落として読み取る 「低速モード」に加え、新たに「原稿保護機能」、「ガラス面汚れ検知機能」を搭載して信頼性を強化しました。ホチキス留めの原稿を給紙すると読み込みを停止し、紙詰まりによる原稿破損を軽減、ガラス面に汚れが付着した場合は汚れによる縦筋がスキャン画像に入るのを防ぐため、汚れを検知して清掃を通知します。
 

③スマホ連携でさらに使いやすく(DS-571Wのみ対応)

 スマートデバイスアプリケーション「Epson Smart Panel」に対応しているので、PCを介さずにスマートデバイスから直接スキャンが可能です。外出先でのスキャンや、リモートワークでのスキャンなど、より幅広い用途にお使いいただけます。


3.新インターフェイスで操作しやすくなったアプリケーション「Document Capture Pro Ver.3.0」を標準添付
 スキャンする目的別に選べる「ジョブスキャンモード」と「シンプルスキャンモード」を用意。「ジョブスキャンモード」は、あらかじめスキャン・保存・転送までの一連の動作を実行する「ジョブ」を登録でき、日々の定型業務の効率化に貢献します。「シンプルスキャンモード」は操作のステップをわかりやすく表示し、スキャンからプレビュー画面での確認、保存・転送まで、迷うことなく実行できます。
 2つのスキャンモードで、業務から個人利用まで用途に合わせて使い分けが可能です。


<商品紹介ページ>
■DS-32000    :https://www.epson.jp/products/scanner/ds32000/
■DS-571W/DS-531:https://www.epson.jp/products/scanner/ds571w_ds531/

販売台数目標について】
新商品を含めたドキュメントスキャナー全体の販売台数は今後1年間で25,000台を予定しています。

【価格、発売日について】

※1:A4横片面、カラー/モノクロ、200/300dpiでの読み取り速度
※2:数値は目安であり、当社想定の使用時間や読取速度から算出したものです。お客様のご利用条件での読取枚数・耐久性を保証するものではありません。
※3:本機能は、原稿の通紙方向先端や側面をホチキス留めした場合に有効です。
※4:「Document Capture Pro」はWindows®対応。Macをご利用の方は、「Document Capture」をご利用ください。
※5:A4片面、カラー/モノクロ、200/300dpiでの読み取り速度 
                   
本リリース上の他者商標の帰属先は、商標について(https://www.epson.jp/trademark/)をご確認ください。
                                           
                                                以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エプソン販売株式会社 >
  3. 働き方改革を支援!A3、A4ドキュメントスキャナー計3機種を新発売