「NOHGA HOTEL UENO TOKYO」・「庭のホテル 東京」・「東京グリーンホテル後楽園」国際的な安全・衛生基準を満たす施設に発行される「SAFEGUARDラベル」を日本国内初取得

 野村不動産グループのホテル運営会社である野村不動産ホテルズ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:青木 秀友)および株式会社UHM(所在地:東京都千代田区/代表取締役社長:青木 秀友)がそれぞれ運営する「NOHGA HOTEL UENO TOKYO」「庭のホテル 東京」「東京グリーンホテル後楽園」は、新型コロナウイルス感染症拡大後のニューノーマル(新常態)時代に向けた安全・衛生対策が評価され、世界最大級の試験・検査・認証機関ビューローベリタスが定めた国際的基準を満たす施設に全世界共通で発行される“SAFEGUARD(セーフガード)ラベル”を日本国内のホテルとして初めて取得しました。

 

■「SAFEGUARDラベル」取得の背景と具体的対策内容について
 野村不動産グループでは新型コロナウイルス感染拡大を受け、国内外のお客様を広くお迎えするホテル運営会社としてお客様により安心してご利用いただくために各業界団体策定のガイドライン等の国内基準のみならず、国際的な基準への準拠が必要と考え、本ラベルを取得することと致しました。
 各ホテルでは本ラベル取得に際し、既策定の野村不動産グループホテル「共通安全・衛生ポリシー」を「対応体制整備」、「感染者発生時対応」、「消毒・洗浄仕様」、「館内衛生環境」等に至る様々な観点から更に強化を図っています。それに加え、業務委託先を含むホテルに関わる全従業員への教育・指導の徹底により、お客様へより高い水準の安全・安心を確保したことが認められ、本ラベルの取得に至りました。
 今後も日々変化する新型コロナウイルスに関する様々な情報や対応策を継続的に見直し、お客様、地域の皆様、従業員へ最高の基準に基づいた安心・安全なサービスを提供し続けることを目指してまいります。
 なお、2020年9月1日開業を予定している「NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO」についても、開業後速やかに本ラベルの取得を行う予定です。

 ■野村不動産グループホテル 「共通安全・衛生ポリシー」の具体的な内容
URL https://www.nomura-re-hd.co.jp/service/hotels/index.html 
 

■「SAFEGUARDラベル」について

 世界最大級の試験・検査・認証機関であるビューローベリタスが2020年4月に新設した検証サービス(RESTART YOUR BUSINESS WITH BV)で、感染予防策、安全・衛生基準に対し、その運用を書類審査や現場検査等を経て発行します。上記基準は、WHO(世界保健機関)、ILO(国際労働機関)などのガイドライン等を基にビューローベリタスが策定したものです。
 本ラベルは、オフィス、ホテル、商業店舗等の用途毎の基準を満たす63か国1,169施設、この内ホテルを含むホスピタリティ部門では51ヵ国759施設に発行されています(2020年7月30日時点)。
 この中には世界の高級ブランドショップやラグジュアリーホテルなども含まれます。
 詳細は以下をご覧ください。
https://www.bureauveritas.jp/our-markets/restart-your-business-bv

■ビューローベリタスについて
 1828年設立、フランス本社、ユーロネクスト・パリ上場の試験・検査・認証(TIC:Testing, Inspection, and Certification)機関であり、建築確認検査やISO認証等を含む各産業分野における検査や試験、公的機関により定められた規格の認証などを行っている。世界140カ国に1,500拠点を持ち、日本法人はビューローベリタスジャパン株式会社。

■3ホテルの概要

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 野村不動産ホールディングス株式会社 >
  3. 「NOHGA HOTEL UENO TOKYO」・「庭のホテル 東京」・「東京グリーンホテル後楽園」国際的な安全・衛生基準を満たす施設に発行される「SAFEGUARDラベル」を日本国内初取得