Osmo Mobile 6で、スマートフォン撮影に革新を!

新機能クイック起動と進化したアクティブトラックで、誰もがコンテンツクリエイターに

2022年9月22日 - 民生用ドローンと創造性あふれるカメラ技術で世界をリードするDJIは、本日、携帯性に優れた手のひらサイズのスマートフォンスタビライザー Osmo Mobile 6 を発表し、スマートフォンでの写真・動画撮影の可能性を最大限に押し広げます。スマートフォン スタビライザーの中でも高い人気を誇るOsmo Mobileシリーズの最新製品Osmo Mobile 6は、デバイス本体の機能やソフトウェア、編集機能をアップグレードし、あらゆる面からクリエイティブな撮影をサポートします。Osmo Mobile 6は人間工学に基づいた設計で、大きなサイズのスマートフォンも取り付けることができ、DJIの3軸手ブレ補正技術、新機能クイック起動、そしてActiveTrack 5.0を搭載しています。


「屋外で家族とキャンプを楽しんでいる時も、友人と家でくつろいでいる時も、誰もが創造性を発揮し、ユニークな映像で楽しいひとときを撮影したいものです。DJIのOsmo Mobileスタビライザーは、スマートフォン撮影の可能性を広げる最適なツールであり、Osmo Mobile 6も例外ではありません。」と、DJIのシニア プロダクトライン マネージャーであるPaul Panは述べています。

ポータブル&手のひらサイズ
好評のDJI OM 5の特徴を踏襲し、Osmo Mobile 6は人間工学に基づき新設計のハンドルと、スマホケースをつけたままでもスマートフォンを取り付けられる大きなサイズのクランプを採用しています。300 g弱の重量で、ポケットに入れて簡単に持ち運ぶことができます。内蔵延長ロッドを使用すると、最適な構図でセルフィーを撮影したり、地面近くからのローアングルからユニークなショットを撮影したりすることができます。また、3つのパワフルなモーターとDJIの高度なアルゴリズムにより、写真または動画を撮影中、スマートフォンは安定した状態を維持します。パートナーとの旅行、子供の初めての運動会、街へのお出かけ…どんなシーンでも、これまで以上に優れた手ブレ補正性能を発揮します。

クイック起動で、すぐに撮影
撮りたい瞬間は、一瞬で過ぎていってしまう。そのような瞬間を逃さないために、Osmo Mobile 6は新たにクイック起動機能を搭載し、ジンバルを展開するだけで自動的に電源が入ります。スマートフォンを装着すると、DJI Mimoアプリが自動的に起動、すぐにカメラビューを表示します。(アプリの自動起動はiPhoneのみ)これにより起動にかかる時間は大幅に短縮され、従来のモデルよりも3倍速く起動することができます。

被写体をロックオン
Osmo Mobile 6は、進化したDJIの被写体追跡機能ActiveTrack 5.0を搭載。安定性が向上し、より遠くからでもトラッキングすることができます。[1] また、フロントカメラでも、横を向いた被写体やくるりと向きを変える被写体をトラッキングできるようになりました。キャンプや旅行、街中などの撮影で、ジンバルが自動で被写体をフレームの中心に捉え続けるので、ストーリー性あふれる映像を撮影できます。
[1] 単体の被写体をトラッキングして測定。

かんたん操作で、ジンバルモード切替
新たに搭載された内蔵ステータスパネルとモード (M) ボタンで、バッテリー残量の確認や4種類のジンバルモードの切替が容易になりました。Mボタンを押すだけで、以下のモードを切り替えられます。
  • フォロー:フォローモードでは、カメラがジンバルのパン軸とチルト軸の動きをフォローし、ロール軸の動きに対しては水平を維持。上下や斜めにカメラを動かす撮影に適しています。
  • チルトロック:カメラはジンバルのパン軸の動きのみをフォローし、チルト軸とロール軸は安定した状態を維持します。水平にカメラを動かして撮影したり、被写体の周囲を回りながら撮影する時に適しています。
  • FPV:FPVモードでは、カメラはジンバルの3軸すべての動きをフォローします。ランドマークや建物、彫刻のような静止物をダイナミックに撮影したい時に適しています。
  • スピンショット:ジョイスティックを左または右に倒してロール軸の回転を制御し、躍動感ある映像を撮影します。プッシュイン、プルアウト、ハイアングルからの撮影などに最適です。

回すだけの簡単操作
Osmo Mobile 6に新たに搭載されたサイドホイールで簡単かつスムーズに、ズームやフォーカスを制御できます。ホイールを回すだけで焦点距離を滑らかに調整したり、ズームイン/ズームアウトして構図を調整したりできます。サイドホイールを押すと、マニュアルフォーカス制御に切り替わるため、簡単にシネマティックな映像を撮影します。

インテリジェント機能で、コンテンツ制作をトップレベルへ
様々な表現方法のため、Osmo Mobile 6には数々のインテリジェント機能が搭載されています。
  • タイムラプス:タイムラプス、モーションラプス、ハイパーラプスを使って時間を圧縮し、空間を移動していく不思議な映像が撮影できます。美しい時の流れを印象的な映像で残しましょう。
  • DynamicZoom:ムーブインとムーブアウトの2種類のモードから選び、ハリウッド映画でもよく使われるドリーズーム効果を用い、惹きつける映像を撮影しましょう。
  • ジェスチャー操作:写真や動画の撮影が今まで以上に手軽に行えます。シンプルなジェスチャーで、簡単にセルフィーやグループ写真を撮影しましょう。
  • パノラマ:パノラマ撮影には、3×3パノラマ、240°パノラマ、分身パノラマの3種類のオプションがあり、壮大な風景の撮影やユニークな構図での撮影に最適です。
  • ストーリーモード:シーンに合った撮影ガイドやトランジション、サウンドトラックなどを備えた様々なテンプレートを使い、タップするだけで今すぐシェアしたくなるような映像を作成できます。また、テンプレートをカスタマイズして短編動画を作成することもできます。

実用的なアプリが、撮影から編集までサポート
DJIが開発したMimoアプリとDJIがオススメするLightCutアプリを使えば、コンテンツ制作に必要なスキルを習得しながら、動画を作成できます。

DJI Mimoのカメラビューでは様々な機能を使い始める時にチュートリアルが表示され、ユーザーはスムーズに撮影できます。また、ShotGuides(ショットガイド)機能は撮影シーンを自動で認識し、その場にあった撮影シークエンスを提案、チュートリアルで撮影方法を教えてくれます。

編集時には、DJI Mimoとは一味違うLightCutアプリも使ってみましょう。AIを駆使したワンタッチ編集や幅広い種類の専用動画テンプレートを利用できます。撮影から後編集まで分かりやすくサポートしてくれるので、初心者でもプロでも、撮影した映像の魅力を最大限に引き出した作品を作成できます。
 

 

価格と販売時期
Osmo Mobile 6 は、本日より公式オンラインストアstore.dji.com、認定ストア、正規販売代理店よりお買い求めいただけます。

Osmo Mobile 6:20,900円(税込):Osmo Mobile 6本体、磁気スマートフォンクランプ、グリップ式三脚、電源ケーブル、収納ポーチが同梱されています。
新機能や特徴の詳細について:https://www.dji.com/jp/osmo-mobile-6にてご確認ください。

DJI Care Refresh
DJI Care Refresh は、水没、衝突、物損などをカバーする包括的な保証プランで、Osmo Mobile 6にてご利用いただけます。少額の追加料金を支払い新品同等品に交換できる製品リフレッシュ交換は、1年版では1年間に最大2回、2年版では2年間に最大3回提供します。(2年版には通常のメーカー保証期間を1年間延長する特典が含まれます)。1年版/2年版の両プランとも、サービス有効期間中に製品リフレッシュ交換を一度も利用されなかった場合、安全使用特典としてDJI Care Refreshサービス終了後にメーカー保証期間が1年間延長され、より長い期間安心してご利用いただけます。その他の専用特典としては、グローバル保証サービス、優先対応、送料無料、専用テクニカルサポートなどが含まれます。詳細は www.dji.com/service/djicare-refreshにてご確認ください。

Osmo Mobile 6を使って、SkyPixelに参加しよう
DJIは、多くの方にOsmo Mobile 6を使っていただき、創造的な作品がたくさん生まれることを楽しみにしています。今回、Osmo Mobile 6を知っていただくために、世界中のフォトグラファーやビデオグラファーが集うコミュニティSkyPixelにおいて、この新製品のパワフルな安定性を実際に体験していただけるキャンペーンを企画しました。このSkyPixel 製品モニタープログラムでは、Osmo Mobile 6を選ばれたユーザーにお届けし、期間限定で製品を使用していただき、コンテンツ制作を体験してもらいます。応募者には抽選でOsmo Mobile 6が当たるチャンスもございます。詳細に関しては、SkyPixel公式サイト (https://www.skypixel.com)でご確認ください。


DJIについて
DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンやカメラ技術を開発、製造しているグローバルリーダーです。リモート操縦できるヘリコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営される、飛行制御技術と手ブレ補正技術のエキスパートです。世界中のクリエイター、イノベーターが空撮や地上撮影を行う際に、使いやすく、安全な機材やプラットフォームを作ることをミッションとしています。DJIの革新的な製品とソリューションは、映画制作、建設業界、点検・調査業務、非常事態対策や人命救助、農業、管理保全、その他さまざまな産業で、100ヶ国を超える国で採用されています。

www.dji.com/jp  |  facebook.com/dji.jp  |  twitter.com/djijapan  |  youtube.com/DJIJapan  |  instagram.com/dji_japan  |  www.linkedin.com/company/dji © 2022 DJI JAPAN. 記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DJI JAPAN 株式会社 >
  3. Osmo Mobile 6で、スマートフォン撮影に革新を!