【ウェスティン都ホテル京都】「七夕・五山送り火装飾」

京都の夏の風物詩がロビーでお出迎え

ウェスティン都ホテル京都(所在地:京都市東山区粟田口華頂町1番地)では、2018年8月1日(水)より8月16日(木)まで、1階メインロビーにて七夕と五山送り火の装飾を展示しております。京都の各地で開催される「京の七夕」の時期に合わせて、2013年より展示を行っており今年で6回目となります。


展示の内容

【七夕飾り】
七夕飾りは、現在も7月に日本各地で行われていますが、京都では旧暦に合わせて毎年8月に「京の七夕」が開催
されるようになりました。七夕飾りは、それぞれの形に込められた願いが異なります。折鶴(長寿)、吹き流し(裁縫の上達)、網飾り(大漁)、財布・巾着(金運上昇)、神衣(災いや穢れの身代わり)、くずかご(整理
整頓)、短冊(願いごと)などがあります。メインロビーではお客様ご自身で短冊を書いて笹に飾っていただけ
ます。装飾終了後は、お預かりした短冊を神社に奉納し、ご祈祷していただきます。

【京都五山送り火】
京都五山送り火は祇園祭とともに京都の夏を代表する風物詩の一つであり、お盆に迎えたご先祖様の精霊を送り
出すための仏教的な行事です。8月16日の午後8時にもっともよく知られている東山如意ヶ嶽の「大文字」が点火
され、そのあと、松ヶ崎西山(万灯籠山)・東山(大黒天山)の「妙法」、西賀茂船山の「船形」、金閣寺大北山(大文字山)の「左大文字」、嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」が順に点火されます。これを京都五山送り火とよんでいます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 都ホテルズ&リゾーツ >
  3. 【ウェスティン都ホテル京都】「七夕・五山送り火装飾」