SPEED TRIPLE 1200 RR BOND EDITION

ジェームズ・ボンドのオフィシャルモーターサイクルパートナーであるトライアンフとボンドのエキサイティングな新コラボレーション

トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社(本社:東京都港区海岸 代表取締役社長:大貫陽介)は、トライアンフが映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に登場したことから始まった、英国を代表する二つのブランドの輝かしいパートナーシップを基に、ボンドの60周年を記念して、世界限定60台の精巧に作られた超限定モデル、Speed Triple 1200 RR Bond Editionを発表します。

SPEED TRIPLE 1200 RR BOND EDITIONSPEED TRIPLE 1200 RR BOND EDITION

トライアンフは、ジェームズ・ボンド とのエキサイティングな新しいコラボレーションを公式モーターサイクルパートナーとして発表します。これは、ボンドの60周年を記念して、世界でわずか60台の限定販売となる、ユニークで非常にエクスクルーシブな新しい限定版のモーターサイクルです。Speed Triple 1200 RR Bond Edition は、トライアンフのTiger 900およびScrambler 1200が重要なアクションシーンで登場した映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』から始まった、この2つの象徴的な英国ブランド間の素晴らしいパートナーシップに基づいて構築されています。

特別な007™ペイントスキーム
新型Speed Triple 1200 RR Bond Editionは、Black/Granite Grey/Storm Greyの洗練された3色使いで、タンクサイドには“60 Years of Bond”の公式記念ロゴがあしらわれています。

印象的なBond Editionのタンク上部のデザインには、トライアンフがボンドの公式モーターサイクルパートナーとしての役割を果たすきっかけとなった最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』を含む、映画007™全25作品のオリジナルのタイトルフォントがあしらわれています。

オリジナルデザインのタンクオリジナルデザインのタンク

コックピットには、おそらく映画史上最も象徴的なオープニングシーンを彷彿とさせる美しく独特な銃口のデザインが施されています。さらに、コックピットとリアテールユニット全体に施された手塗りのゴールドライニングが、Speed Triple 1200 RR Bond Editionの美しくユニークなデザインをさらに魅力的なものに仕上げています。

カスタムゴールドロゴのディテール
新型Speed Triple 1200 RR Bond Editionの落ち着いた外観は、Öhlins製フロントフォークのゴールドに合わせた、プレミアムなカスタムメイドのゴールドロゴによってさらに引き立てられています。タンクのトライアンフトライアングルバッジも、サイドフェアリングのSpeed Triple 1200 RRのロゴと同様にユニークなゴールドのディテールが施され、個性を際立たせています。

サイドフェアリングサイドフェアリング

特別でいて魅力的
Speed Triple 1200 RR Bond Editionは世界限定60台で、1台ごとに1から60までのシリアルナンバーが刻印され、ジェームズ・ボンドの公式ロゴが入ったハンドルバークランプバッジも付いています。

クランプバッジクランプバッジ

この限定版RRには、ジェームズ・ボンドのデザインをあしらったカスタムメイドの007™インドアバイクカバーが付き、ジェームズ・ボンドスタイルでバイクを保護するための特別な要素が加えられています。

さらに、60台のモーターサイクルには、トライアンフのCEOであるニック・ブロアの直筆サイン入りの証明書が付属します。

新型Speed Triple 1200 RRのエレガンス、パフォーマンス、そしてその走りのすべて
真の美しさ、精巧な作り、集中的なスタンス、そして Speed Triple のスポーツ性能とハンドリングの最高峰。Bond Editionは、新世代のSpeed Triple RRの集中的で爽快な乗り心地、スリリングなトリプル パフォーマンス、プレミアム仕様、最先端のテクノロジーのすべてをもたらします。

革新的なトリプルパワー
驚異的なパフォーマンスと独特のキャラクターは、Speed Triple RRの1160ccトリプルエンジンに自然な形でもたらされます。これは、RSモデルにも搭載されているのと同様の軽量で、効率的、高性能のエンジンです。

パワー、トルク、レスポンスを最大限に引き出すために開発されたパワートレインは、180PS/10,750rpmの最高出力、125Nm/9,000rpmの最大トルクを発揮します。そして、すべてのトライアンフトリプルエンジンの特徴ともいえるトルク曲線は、低回転域から中回転域、そしてピーク回転まで滑らかかつ強力で、驚異的なパンチ力と加速を実現します。低慣性エンジンは、卓越した応答性と美しく洗練され、正確なフィールを提供します。

スタック型6速ギアボックスはコンパクトかつ軽量で、パワー曲線に正確に一致するように最適化されたレシオプログレッションを備えており、非常に滑らかなギアチェンジを保証します。軽量のスリップアシストクラッチは、負荷がかかっているときにクラッチのランプを使用してクラッチを強制的に結合し、クラッチスプリングの力を追加して、エンジンからギアボックスにより多くの動力を伝達できるようにします。  積極的にシフトダウンする場合はこの限りではありません。この場合、リアホイールの制御を最大化するため、クラッチのスリップ量が制御されます。

サイドマウント式ブラシ仕上げステンレススチール製シングルサイレンサー(ブラックエンドキャップ付き)は、Speed Tripleの特徴的でぞくぞくするような本能に働きかけるサウンドを実現し、スポーティで魅力的なライディングエクスペリエンスを提供します。

集中力と爽快感
ライディング体験は、トライアンフのトレードマークである俊敏性、正確性、自信をもたらすハンドリングのすべてを実現し、クリップオンハンドルバーやスポーティなフットペグポジションなど、RRの集中的なライダーのエルゴノミクスによって強化されています。

RRの性能の鋭さは、標準装備のプレミアムな仕様によって強調されています。その基本となる、新しいÖhlins製Smart EC 2.0電子制御セミアクティブサスペンション(フロントおよびリア)は、Öhlins社製品のなかでも最も先進的なサスペンションシステムになります。

また、RRにはPirelli製の高性能タイヤDiablo Supercorsa SP V3が装着され、レーストラックとロードの両方で驚異的なレスポンスと安定性、グリップを実現しています。

Speed Triple 1200 RRは、軽量のBrembo製Stylema®ツインモノブロックフロントキャリパーと軽量の320mm径フローティングフロントディスクの恩恵を受け、正確なブレーキ性能を提供します。このバイクには、調整可能なBrembo製MCSレバーを備えたリンクブレーキシステムによるBrembo製Stylemaブレーキも搭載されています。

プレミアム仕様とテクノロジー
Speed Triple 1200 RR Bond Editionは、ライディングをより簡単かつ安全にするだけでなく、さまざまな走行状況に合わせたセットアップを提供するように設計された、最先端のライダーエイド、エレクトロニクス、および便利な装備が一式搭載されています。

そのプレミアム仕様の鍵は、My Triumphコネクティビティシステムが標準装備されたフルカラー5インチTFTディスプレイです。AndroidおよびiOSと互換性があり、これにより、通話と音楽の操作、ターンバイターンナビゲーション(Googleとの提携により開発)が可能になります。これらはすべてバックライト付きスイッチキューブを介してアクセスおよび管理され、視認性を高める加工が施された保護ガラスを採用したTFTディスプレイに適宜表示されます。

RRには、トライアンフの最先端の最適化されたコーナリングABSと切替式コーナリングトラクションコントロールシステムも標準装備されています。これらは慣性測定ユニットを使用してロール、ピッチ、ヨー、加速率を測定し、傾斜角を計算し、ABSとトラクションコントロールの応答を正確に制御して一致させ、選択した特定のライディングモードに合わせてスリップ率とトルク制御を最適化します。 

トラクションコントロールシステムにリンクされているのは、高度なアルゴリズムを使用して正確に制御する先進のリフト検知システムです。

RRでは5つのライディングモードが選択でき、ロード、レイン、スポーツ、ライダー設定、そして、トラックモードを備えており、常に最適なセッティングを行うことが可能です。

一般道およびサーキットで使用するためのもう一つの重要な機能は、Triumphシフトアシスト(シフトアップ/シフトダウンクイックシフター)です。エンジンコントロールユニットに豊富な情報を提供する高度なセンサーを備えており、シフトアップとシフトダウンの両方を多数のパラメーターに対して完全にマッピングできます。

照明は全体を通してLEDが採用されており、最大限の耐久性と効率を実現します。シングルラウンドヘッドライトに組み込まれたデイタイムランニングライト(市場の法規制で許可されている場合)、独自のライトシグネチャーを備えたテールユニットに統合された特徴的なリアライト、加えてLEDセルフキャンセル式インジケーターを備えています。

Speed Triple 1200 RRには、フルキーレスシステム(キーレスイグニッション、ステアリングロック、フューエルフィラーキャップを統合)や完全に調整可能なクルーズコントロールも搭載されています。

筋肉質なスタイルと風格
コックピットフェアリングの中央にあるシングルラウンドヘッドライトは、Bond Edition特有の銃口をモチーフにしたデザインで、RRの特徴である完璧なまでに無駄のない美しいシルエットを実現しています。

逞しい前傾の身構えには、軽量でクラフト感のあるカーボンファイバーのディテールや、特徴的な17インチの軽量キャストホイールが採用され、アグレッシブで集中力のある走りを実現しています。

また、リアユニットに組み込まれたテールライトのデザイン、カラーコード化されたベリーパンとシートカウル、交換可能なピリオンシートにより、どの角度から見ても美しいバイクに仕上がっています。
車種名 Speed Triple 1200 RR Bond edition
メーカー希望小売価格 ¥2,895,000 -
車体色 ブラック/グラナイトグレー/ストームグレー
国内販売台数 5台(抽選)


リリースの画像はコチラからDLください
https://xgf.nu/5hT1



------- END ------


トライアンフについて
・1902年に設立されたトライアンフ モーターサイクルズは、オートバイ製造を開始して2022年で120年周年を迎えました。トライアンフモーターサイクルズは30年以上にわたり、レスターシャー州ヒンクレーに拠点を置き、本物のデザインと個性、カリスマ性、パフォーマンスが完璧に調和した象徴的なバイクを生産し続けています。

・トライアンフは英国最大のオートバイメーカーで、2021年度の生産台数は75,000台*以上、世界に約700のディーラーを展開しています(*自社調べ)。

・この集中力と技術革新、そしてエンジニアリングにかける情熱をもって、魅力的な新型Speed Triple 1200 RRやTiger Sport 660、素晴らしいTiger 900、世界をリードするRocket 3 Rと GT、ハイパフォーマンスが特徴のStreet Triple RS、象徴的なScrambler 1200、大陸横断用のTiger 1200、2021年にアップデートされた伝説的なTriumph Bonnevilleファミリー(Bonneville Bobber、Thruxton RS、Street Twin、Street Scrambler、象徴的なBonneville T120とT100)から、エキサイティングで乗りやすいトライアンフ モーターサイクルズのA2シリーズ*まで、あらゆるライダーのニーズを満たす幅広い種類のバイクを生み出しています(*国内では未展開)。

・トライアンフは現在、世界中で約2,000人の従業員を抱え、英国、北米、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、日本、スウェーデン(スカンジナビア)、ベネルクス、ブラジル、インド、中国、タイで系列企業を経営するとともに、独立販売代理店のネットワークを有しています。また、レスターシャー州ヒンクレーおよびタイに製造工場、ブラジルとインドにCKD工場を持っています。

・Triumph Bonnevilleは、トライアンフが米国ユタ州ボンネビル・ソルトフラッツで1956年に速度記録を達成したことを祝って名付けられたことで有名ですが、元々はイギリスのスーパーバイクでした。あっという間に数々のレースで優勝するオートバイになり、その伝説的なハンドリング、スタイル、個性により、過去の有名なモーターサイクリストたちに選ばれてきました。2021年向けにアップデートされ、パフォーマンス、機能、スタイルがさらに向上したTriumph Bonnevilleですが、新たなBonnevilleファミリーを今日正真正銘のモダンクラシックバイクたるものにしているのが、ライダー志向の技術と組み合わさったまさにそのハンドリング、個性、象徴的な外観なのです。

・トライアンフは、モーターサイクルスポーツのほとんどすべてのクラスと分野に参戦し、数々の勝利を獲得するという輝かしいレースの歴史を有しています。1908年の第2回マン島TTレースで優勝を飾り、1960年代にはヨーロッパやアメリカで開催されたロードレースやトラックレースで勝利を独占し、最近のレースとしては、トライアンフの675cc 3気筒エンジンによる2014年のデイトナ200で勝利、2014年マン島スーパースポーツTTで勝利、2014年と2015年のイギリススーパースポーツで複数のタイトル獲得とワールドスーパースポーツレーシングで勝利し、そして2019年には、ピーター・ヒックマンが乗車したマン島スーパースポーツTTでの優勝など、現代のレースでの活躍にまで至っています。

・2019年シーズンの開幕以降、FIM Moto2™世界選手権への独占的エンジンサプライヤーとして、トライアンフのレーシング伝説は今なお続いています。トライアンフ モーターサイクルズは出場全チームにレース専用チューンを施した765cc 3気筒エンジンを供給しており、このエンジンはクラスをリードするStreet Triple RSエンジンをベースにしています。初年度にはこのクラスを再定義しながら、Moto2™  マシン初の300kmhオーバーの最高速度達成を含め、次々と記録を塗り替え、2020年シーズンは記録更新がさらに高速化され、15回のレースから、前代未聞の11個のラップレコードと7人の異なる優勝者が生まれました。

・トライアンフのレース活動はさらに強化され、2021年にはブリティッシュスーパーバイクのパドックに戻り、ファクトリーサポートのレースチーム、ダイナボルト・トライアンフとしてブリティッシュスーパースポーツ選手権に参戦しました。

・2021年、トライアンフはモトクロスとエンデューロの両方のシリーズで最高峰の選手権レースに取り組むことを約束し、モトクロスとエンデューロの世界への参入と新しいファクトリーレースの取り組みを発表しました。

お客様お問合せ先
トライアンフコール
:TEL 03-6809-5233
トライアンフ WEBSITEhttp://www.triumphmotorcycles.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社 >
  3. SPEED TRIPLE 1200 RR BOND EDITION