「ジャパンネット銀行」から「PayPay銀行」への商号変更を決定

PayPayブランドへの変更で、金融サービスをより身近に、便利に

株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田鎖智人、以下「ジャパンネット銀行」)は、本日 2020年7月31日に開催の取締役会にて、「ジャパンネット銀行」から「PayPay銀行」への商号変更を決定しました。
なお、本決定は、株主総会における定款変更の決議、関係当局の認可を前提としています。
■変更の理由
スマホ決済サービス「PayPay」は、累計ユーザー数3,000万人(2020年6月時点)を突破するなど、多くのユーザーが日常的に使うサービスへと急速に成長しています。ジャパンネット銀行は、グループ全体での「シナリオ金融構想」のもと、PayPayブランド推進の一環として、PayPayブランドを冠した商号に変更します。

■新商号
PayPay銀行株式会社(英文名: PayPay Bank Corporation)

■変更予定日
未定(2021年度上期を予定)※正式に決定次第、プレスリリース等でお知らせします。

ジャパンネット銀行は、『金融サービスを空気のように身近に』をミッションとして、金融サービスをストレスなく空気のように軽やかに使えることを目指しています。本年10月には、日本初のインターネット専業銀行として開業してから20周年を迎えます。これまでの取り組みを活かしながら、金融サービスをより身近に、お客さまの生活をより便利にできるよう、サービス作りを行ってまいります。

以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャパンネット銀行 >
  3. 「ジャパンネット銀行」から「PayPay銀行」への商号変更を決定