新登場「DJI Mavic 3 Enterpriseシリーズ」がミッション効率を新たな高みへ ポータブル産業用ドローン界における究極の標準を定める

56倍ズームカメラとRTKモジュール搭載、cmレベルの測位精度を実現

2022年9月27日 民生用ドローンとクリエイティブカメラ技術業界のグローバルリーダーであるDJIは、新製品 DJI Mavic 3 Enterpriseシリーズ を発表し、ドローンがビジネス、政府、教育、公共安全という分野で貢献できる新たな形を創出します。DJI Mavic 3E (Enterprise) とDJI Mavic 3T (Thermal) は、過去3年間で販売された世界の小型ドローンを最も包括的に改良し、あらゆる分野で性能を高め、プロのユーザーにクラス最高安全と効率的な空撮技術を提供し、日々のミッションの成功を支援します。


Mavic 3 Enterpriseの2つの新製品は、DJIのフラッグシッププロシューマー機Mavic 3シリーズのパワフルなDNAを引き継ぎ、幅広い商業ミッションでも対応できるよう設計されています。DJI Mavic 3 Enterpriseは片手で持ち運びができ、すぐに持ち出すことができるコンパクトなデザインです。45分という驚異的な飛行時間により、長時間の業務にも最適です。

DJIのコーポレート戦略担当シニアディレクターのChristina Zhangは、「DJI Enterpriseのミッションは、ドローンとカメラ技術を誰でも利用できるようにすることで、世界中の組織が働き方をより向上することです。Mavic 3 Enterprisesシリーズは、より簡単に、スマートに、安全な方法で業務を完了できる強力なオールインワンソリューションで、その約束を実現します」と話しています。「Mavic 3 Enterpriseシリーズは、環境保護、野生生物保護、建設、測量、エネルギー、公共安全、その他無数の分野で、非常に有益なツールになることが証明されるでしょう」

DJI Mavic 3Eでスピーディに測量
DJI Mavic 3Eの優れた機能は、標定点を必要としない、非常に効率的なマッピングや測量のミッションを可能にします。

20MP 広角カメラは型3.3 μmピクセルの4/3インチCMOSセンサーを統合し、インテリジェント低照度モードと組み合わせることにより、薄暗い状況でも性能が大幅に向上します。最大56倍のパワフルなハイブリッド ズームカメラは、12 MP画像で162 mmという焦点距離(35 mm判換算)を実現します。メカニカルシャッターでブレを防ぎ、0.7秒の高速インターバル撮影に対応しています。

DJI Mavic 3Tで暗闇でもはっきりとした視界を実現
DJI Mavic 3Tは、消防、捜索救助、点検、夜間ミッションにおける空中作業の特別なニーズに対応するよう設計されており、Mavic 3Eと同じ望遠カメラ、1/2インチCMOSセンサーを備えた48MPカメラ、および61°の視野角(DFOV:対角視野)と40mmの焦点距離(35mm判換算)の640×512ピクセル解像度を持ったサーマルカメラを備えています。

Mavic 3Tのサーマルカメラは、ポイントとエリアの温度測定、高温アラート、カラーパレット、等温線に対応しているため、プロがホットスポットを見つけて素早く判断するのに役立ちます。また、Mavic 3Tのサーマルカメラと望遠カメラは同時画面分割ズーム機能を搭載し、28倍の連続デジタルズームに対応しているため、簡単に比較ができます。

次世代の画像伝送
最大操作範囲15 km [1]の DJI O3 Enterprise Transmissionは、Mavic 3 Enterpriseドローンのさらなる飛行と、高い安定性の動画伝送を可能にし、パイロットは安心して飛行をすることができます。1080p/30fps で高フレームレートの映像をリアルタイムで提供します。

強化された安全機能で、安心の飛行を
DJIは、常に革新的な安全機能の開発でドローン業界をリードしてきました。Mavic 3 Enterpriseシリーズもその考えを継承し、改良された障害物回避機能や航行システムを搭載、安全な飛行を実現するサポートを提供しています。Mavic 3 EnterpriseシリーズのドローンにはDJI AirSenseが搭載され、飛行中の領域で有人航空機からのADS-B信号を受信し、ドローンパイロットに付近で飛行している航空機がいることを警告します。改良されたDJI APAS システム5.0(高度操縦支援システム)は6個の全方向性魚眼センサーが搭載され、全方向障害物回避を実現します。

プロの要求に応える新しいツール
Mavic 3 Enterpriseシリーズには、プロ向けのミッション用にアクセサリーとソフトウェアを組み合わせたツールが選べます。
  • DJI RC Pro Enterprise:1,000ニットの高輝度画面で直射日光の下でもクリアな視界を確保し、内蔵マイクでクリアな通信を実現するプロフェッショナル送信機です。
  • RTK モジュール:ネットワークRTK、カスタムネットワークRTKサービス、D-RTK 2 モバイル・ステーションのサポートにより、測量のプロがセンチメートルレベルの精度を達成できます。
  • D-RTK 2 モバイルステーション:主要なGNSS(全球測位衛星システム)全てに対応するDJI 高精度GNSS レシーバーです。リアルタイム微分補正を可能にします。
  • スピーカー:テキストから音声への変換 [2]、オーディオストレージ、および繰り返し再生が可能になり、パイロットが上空からメッセージを配信できるようになるため、捜索と救助の効率が向上します。

フルソフトウェアスイート
Mavic 3 Enterpriseシリーズのドローンは進化したソフトウェアにも対応し、空中プラットフォームがデータ収集、マッピング、フリート管理、飛行運用のツールとして最大限の可能性を発揮できるようにします。
  • DJI Pilot 2 :パイロットの効率と飛行の安全性を向上させるために設計された、改良型の飛行インターフェースです。ドローンとペイロードの制御は、1回のタップで簡単にアクセスできます。ユーザーはドローンのハードウェア、動画ライブ配信 [3]、写真データにアクセスできます。
  • DJI FlightHub 2 [4]:ドローンフリート向けのオールインワンクラウド運用管理ソフトウェアは、ドローンの操縦者がルート計画とミッション管理を使用して飛行運用を効率的に管理できるようにします。
  • DJI Terra:ミッション計画から2Dおよび3Dモデルの構築処理まで、作業のすべての段階で必要なすべての機能を備えたマッピングソフトウェアです。
  • DJI Thermal Analysis Tool 3.0:専門家がDTAT 3.0を使用してMavic 3Tでキャプチャした画像を分析、注釈付け、処理し、点検時の温度異常を検出します。

最高水準のデータセキュリティプロトコルに対応
DJI Enterpriseのお客様は、データに最高水準のセキュリティとプライバシーを求めています。Mavic 3 Enterpriseシリーズは、重要な飛行ミッション中の写真/動画/フライトログ/その他のデータを保護する最先端のセキュリティ機能を備えています。

ローカルデータ モードを有効にすると、DJI Pilot 2フライトコントロールアプリがインターネット経由でデータを送受信することができなくなります。これにより、重要インフラ、政府プロジェクト、その他の機微な任務を伴うフライトの操縦者に対し、より優れたセキュリティ保証が提供されます。機体と送信機との間の無線リンクには、堅牢なAES-256暗号化が備わっています。

DJI Care EnterpriseとDJIメンテナンスプログラム
DJI Care Enterpriseは、DJI Mavic 3 Enterpriseシリーズでさまざまな事故による損傷を保証する包括的な保護プランです。DJI Care Enterprise Basicでは、2年間で最大3回の製品交換を利用できます(延長期間は地域によって異なります)。事故によるプロジェクトの中断時間を短縮するため、DJI Care Expressはユーザーに迅速な製品交換サービスを行うことができます。DJI Care Enterprise Plusでは、サービス保守限度額の範囲内で、回数無制限の無償修理サービスが可能となります。https://enterprise.dji.com/djicare-enterprise

DJIでは、Mavic 3 Enterpriseドローンの耐用年数内メンテナンスプログラムを実施しており、ディープクリーニング、パーツ点検、アップデートとキャリブレーション、摩耗しやすいパーツの交換、公式メンテナンスレポートに基づいたコアコンポーネントの交換などが含まれます。https://enterprise.dji.com/enterprise-maintenance
 

 

価格と販売時期

販売価格の詳細、予約注文はDJI Eeterprise 正規販売代理店までお問い合わせください。製品の出荷は10月を予定しています。DJI Eeterprise 正規販売代理店 https://www.dji.com/where-to-buy/enterprise-dealers

推奨基本製品構成と参考価格のご案内
  • Mavic 3E 推奨基本製品構成:Mavic 3E+DJI Care Enterprise+DJI Terra Electricity Overseas 1 year (1device) 参考価格:約70万円から
  • Mavic 3T 推奨基本製品構成:Mavic 3T+DJI Care Enterprise 参考価格:約80万円から
※バッテリーなどのアクセサリー類は、基本製品構成には含まれていません。
詳細情報はこちらで確認できます:https://www.dji.com/jp/mavic-3-enterprise


セミナーのご案内
10月より最新商品の主要な機能と利用用途をセミナーで学ぶことができます。
受講無料。事前登録を受付中です。

1) 2022年10月3日(月)14時 ‐ 15時半 横浜
株式会社セキド 主催 ドローン測量 & インフラ点検実演会
事前登録:https://pro.form-mailer.jp/fms/8afdb17e265872

10月20日(木)熊本、27日(木)福岡 開催予定
事前確認:https://sekido-rc.com/?mode=grp&gid=1965470

2) 2022年10月5日(水)オンライン
株式会社セキド 主催 【無料WEBセミナー】DJI MAVIC 3 ENTERPRISE 紹介セミナー
事前登録:https://pro.form-mailer.jp/fms/eadc2b23265881

3) 2022年10月6日(木)14時 ‐ 16時 オンライン
Geometrix Enterprise(金井度量衡株式会社)主催 UAV計測向け DJI DJI MAVIC 3 ENTERPRISE 紹介セミナー
事前登録:https://attendee.gotowebinar.com/register/4385962204430316814?source=PR

2022年10月7日(金)再放送 14時 ‐ 16時 オンライン
事前登録:https://attendee.gotowebinar.com/register/5201306151519250704?source=PR

4) 2022年10月20日(木)10時 ‐ 12時;13時 - 15時 長崎
株式会社kiipl&nap DJI産業用ドローン 新商品紹介セミナー
https://docs.google.com/forms/d/1QXtbXM3TxiIjsrRPvk1ZrRpbFpEWYKv-Ix0fd_R33bY/viewform?edit_requested=true

5) 2022年10月21日(金)13時 ‐ 15時半 東京
楽天グループ株式会社×SKY ESTATE株式会社×SYSTEM5共催 DJI産業用ドローン 新商品紹介セミナー
事前登録:https://forms.gle/8FFNRcHgC9AHJvax9


DJIについて
DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンやカメラ技術を開発、製造しているグローバルリーダーです。リモート操縦できるヘリコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営される、飛行制御技術と手ブレ補正技術のエキスパートです。世界中のクリエイター、イノベーターが空撮や地上撮影を行う際に、使いやすく、安全な機材やプラットフォームを作ることをミッションとしています。DJIの革新的な製品とソリューションは、映画制作、建設業界、点検・調査業務、非常事態対策や人命救助、農業、管理保全、その他さまざまな産業で、100ヶ国を超える国で採用されています。

www.dji.com/jp  |  facebook.com/dji.jp  |  twitter.com/djijapan  |  youtube.com/DJIJapan  |  instagram.com/dji_japan  |  www.linkedin.com/company/dji © 2022 DJI JAPAN. 記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

[1] 障害物、電波干渉がなく、FCCに準拠している場合。(日本国内は8 km)最大飛行距離の仕様は、無線の接続強度とレジリエンス(復元力)を踏まえた概測になります。許可がない限り、常に目視可能な場所でドローンを飛行させてください。
[2] 対応言語は国によって異なる可能性があります。
[3] 一部地域使用環境により異なります。
[4] 日本での発売は未定。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DJI JAPAN 株式会社 >
  3. 新登場「DJI Mavic 3 Enterpriseシリーズ」がミッション効率を新たな高みへ ポータブル産業用ドローン界における究極の標準を定める