さとふる、地域と寄付者がつながるオンラインコミュニティ「ふるさと応援サロン」を発足

~北海道留萌市、新潟県阿賀町を応援するメンバーを募集~

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」(https://www.satofull.jp/)を運営する株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、オンライン上で自治体・事業者・寄付者が交流できるコミュニティ「ふるさと応援サロン」を発足します。10月23日より北海道留萌市、新潟県阿賀町を応援するメンバーを募集します。
■イメージ

特設サイトURL:https://www.satofull.jp/static/special/oen_salon.php

「ふるさと応援サロン」は、地域のファン創りを目的に「さとふる」が新たに始めるオンラインコミュニティです。新型コロナウイルス感染拡大の影響で地域へ直接足を運ぶ機会が制限される状況のなか、離れた場所でも自治体・事業者・寄付者の三者が交流を図ることができます。参加メンバーは、オンラインイベントへの参加や非公開オンラインページでの双方向のコミュニケーションを通して、自宅にいながら地域を訪れたときと同じように地域の方との交流や、地域の魅力を楽しむことができるほか、実施するオンラインイベントをより楽しみ、地域の魅力を体感することが出来る特産品を受け取ることが出来ます。

「ふるさと応援サロン」は各自治体の寄付経験者を対象とした事前申し込み制のコミュニティです。10月23日から特設ページ内で北海道留萌市、新潟県阿賀町を応援するメンバーを募集し、それぞれ10名から20名程度のメンバーを決定します。

株式会社さとふるは、今後もさまざまな取り組みを通じて地域の生産者や自治体に寄り添いながら、地域活性化を推進します。

■参加自治体コメント
<北海道留萌市>

留萌市はニシン漁で栄えた港町です。培った加工技術は、ニシンの漁獲量が少なくなった今でも健在で、良質な数の子を生産しており、年末年始を彩る縁起の良い特産品として、全国の皆さまにお届けしています。また、留萌市の観光スポットとしては、日本の夕陽百選にも選出されたことのある「黄金岬」が有名です。水平線に沈む美しい夕陽が染め上げる岬の奇石は、独特の景観を醸し出すおすすめスポットです。
皆さまから頂戴した寄付金は、当市が抱える様々な課題の貴重な財源として活用させていただいており、さらに留萌市を知っていただきたいと考え、「ふるさと応援サロン」に参加しました。
皆さまのご参加、心よりお待ちしております。

<新潟県阿賀町>
全国の皆さまより毎年たくさんのご支援をいただき、誠にありがとうございます。
阿賀町は新潟県東部にあり、古くは隣接する福島県(会津藩)に属していたことから、全国でも珍しい両属の地として越後と会津双方の文化を受け継いでいます。町の面積は大阪府の半分にあたるほど広く、少子高齢化が県下で最も進む、大きくて小さなまちです。そんなわが町の自慢は、澄んだ水と空気に育まれる極上のコシヒカリです。今回、隠れたお米の名産地阿賀町を「奥阿賀産こしひかり」の生産者越後ファームと、天日干しした自家栽培米を食事に提供するブナの宿小会瀬スタッフがご紹介します。皆さまどうぞご参加ください。お待ちしております!

■「ふるさと応援サロン」概要
実施期間:メンバー決定後~2020年12月中旬まで
参加自治体:北海道留萌市、新潟県阿賀町

【実施内容】
①お礼品をよりいっそう楽しめるメンバー限定のオンラインイベントを実施

自治体や地域の事業者から地域ならではのお話を聞くことができる、メンバー限定のオンラインイベントを開催。地域の人と顔を合わせながら、こだわりや苦労したこと、お礼品や地域に関する豆知識などを聞くことができるので、これまでとは一味違った形でお礼品の魅力を知ることができます。

②メンバー限定のコミュニティで自治体や事業者と交流
ふるさと応援サロンメンバー限定の非公開オンラインページ(Facebookグループ)にご招待。自治体や事業者の方々が投稿する地域にまつわるエピソードや、お礼品開発の裏話など、限定コミュニティならではのカジュアルなやり取りを通して地域の方とコミュニケーションをとることができます。

③地域の魅力を体感する品を参加メンバーへお届け
オンラインイベントを楽しみ、その地域の魅力を体感してもらうため、特産品をお届けします。オンラインイベントでお礼品事業者のお話を聞きながら開封すると、さらに素敵な体験ができるかもしれません。

■応募概要
応募期間:2020年10月23日(金)~2020年10月31日(土)
応募条件:
 ・満20歳以上、国内在住の方
 ・募集自治体へふるさと納税の寄付経験がある方
 ・ご自宅にインターネット環境をお持ちの方
 ・ご本人のFacebookアカウントをお持ちの方またはご本人のFacebookアカウントを開設可能な方
 ・応募時に個人情報の取り扱いと注意事項に同意いただける方
参加費:無料
定員:各自治体10~20名
応募フォームURL:https://entryinfo.jp/form/pub/formcp/satofull-oubo1

※ 参加は事前申込制です。応募者多数の場合は抽選となります。
※ 参加メンバーに決定した方には応募時に記入いただいたメールアドレスに連絡します。応募受付の確認、結果に関するお問い合わせはお受けしておりません。
※ オンラインイベントには、オンライン会議アプリZoomを使用します。アプリのインストールや設定等は各自で行っていただきます。
※ 特産品の内容は応援する地域ごとに異なります。
※「Facebook」は、Facebook,Inc.の登録商標です。

■株式会社さとふるについて
株式会社さとふるは、ふるさと納税(自治体への寄付)を通して地域活性化を推進しています。「ふるさとの元気を“フル”にする、ふるさとの魅力が“フル”に集まる ふるさと応援、ふるさと納税ポータルサイト」をコンセプトに、寄付者向けに「さとふる」で寄付先の自治体やお礼品の選定、寄付の申し込み、寄付金の支払いなどができるサービスを提供しています。自治体向けには寄付の募集や申し込み受け付け、寄付金の収納、お礼品の在庫管理や配送など、ふるさと納税の運営に必要な業務を一括代行するサービスを提供しています。また、ふるさと納税を活用した地域活性化の取り組みを掲載する、地域情報サイト「ふるさとこづち」(https://www.satofull.jp/koduchi/)を運営しています。

以上

● この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
● この報道発表資料に記載されている内容、製品、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社さとふる >
  3. さとふる、地域と寄付者がつながるオンラインコミュニティ「ふるさと応援サロン」を発足