1,000万DLを突破したスマホ向けメタバース「REALITY」に「東京ドーム」が出現~REALITY、三井不動産グループとリアル施設のサービス価値向上に向け連携~

REALITY株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:荒木英士 グリー株式会社100%子会社 以下「REALITY」)は、世界中で累計1,000万DLを突破したアプリ「REALITY」上のメタバース空間で三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:菰田正信)と株式会社東京ドーム(本社:東京都文京区、代表取締役社長 CEO:長岡勤)の2社(以下「三井不動産グループ」)が提供する「東京ドームワールド」を11月30日(水)より期間限定でオープンします。

「東京ドームワールド」とは
オープン期間:2022年11月30日(水)~2023年2月28日(火)本空間は、東京ドームでメジャーアーティストがライブをするイメージで作られたライブ会場です。オリジナルアバターでセンターステージ上でアーティスト気分でライブ配信をしたり、観客席から応援をするなどさまざまな楽しみ方ができます。ライブ会場を盛り上げるギミックを多数用意し、現実ではできないメタバースならではの演出も入れ込みましたので、ぜひお楽しみください。会場内では、東京ドームではおなじみの位置にある看板の再現や三井不動産グループのPR展示ブースを設けて、世界63の国と地域に配信されているアプリ「REALITY」のユーザーに向けて広告を発信していただいています。

また、期間中はアプリ「REALITY」内で複数イベントを開催予定です。
イベントに上位入賞したREALITYユーザーへの特典として、三井不動産グループが所有するリアル施設である「東京ドームシティ」、「三井ショッピングパーク ららぽーと」内の広告看板にアバターを掲載できる権利や、三井ショッピングパーク公式通販サイト「&mall(アンドモール)」の特設ショップにてコラボアイテムを販売する権利などをご用意しました。メタバースだけではなく、リアルでもREALITYアバターをご活用していただくことが可能になります。

REALITYは、三井不動産グループとともに、上記イベントを通じた三井不動産グループの所有する施設やサービスへの訪問・利用動向を分析し、メタバースやバーチャル・テクノロジー等の活用による「リアル施設・サービスの価値向上」に取り組んでいきます。

REALITYは今後も「REALITY Worlds」を通じて、企業には新たなビジネス機会を、参加者にはメタバースならではの体験を提供することで、「なりたい自分で、生きていく。」というビジョンの実現に邁進してまいります。 

問い合わせリンクは下記になります。
https://reality.inc/contact/

アプリ「REALITY」とは
スマートフォン向けメタバースです。スマートフォン一つで自分だけのオリジナルアバターを作成してライブ配信による交流からゲームまで楽しめるコミュニケーションプラットフォームです。アバターの姿で友だちと3D仮想空間である「ワールド」機能でコミュニケーションを取ったり、ライブ配信で受け取ったギフトを通じて収益化したりすることもできます。
https://reality.app/

「REALITY Worlds」とは
アプリ「REALITY」の「ワールド」機能を法人向けに提供するサービスです。「メタバースに挑戦して“箱”(3D仮想空間)を作ってみたものの“人”がいなかった」という課題を解決し、プロモーションや、バーチャル支店等の空間開発、バーチャル都市を利用したメタバース広告などを、世界中で累計1000万DLを突破した「REALITY」ユーザーに対して展開できます。
REALITYについて

REALITYについて
「なりたい自分で、生きていく。」というビジョンのもと、個人ユーザー向けにスマートフォン向けメタバース「REALITY」の提供や、法人向けに3D CGやXRテクノロジーを活用したメタバース構築プラットフォーム「REALITY XR cloud」の運営、Web3事業としてブロックチェーンゲームの開発やパブリッシングを展開しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. グリー株式会社 >
  3. 1,000万DLを突破したスマホ向けメタバース「REALITY」に「東京ドーム」が出現~REALITY、三井不動産グループとリアル施設のサービス価値向上に向け連携~