【シントトロイデン】FW岡崎慎司選手 加入のお知らせ

岡崎選手が加入し、在籍日本人選手は5選手に。

STVVは、チーム練習に参加していたFW岡崎慎司選手(2021-22シーズンまでFCカルタヘナ所属)が加入することが決定しましたので、お知らせいたします。

 


【コメント 岡崎選手】
「まずこのクラブの一員になれた事を嬉しく思います。練習に参加して、クラブの雰囲気や、スタジアムの雰囲気を感じて一気に好きになりました。近くのホテルやレストランでもシントトロイデンに住んでる人達は優しくて、ファンにも声をかけてもらいました。そんな中で自分を監督もクラブも必要としてくれた事が全てです。年齢で判断される事が多い中で自分を必要とするクラブでプレーできる事は幸せです。クラブやファン、そしてチームメイトの為に自分の全てを尽くしたいと思います!」
 
【コメント 立石CEO】
「彼の現在のコンディションをクラブとして評価し、獲得に至りました。ドイツ、イングランド、スペインと各国でゴールを決めてきた彼のパワーをSTVVでも発揮してほしいと思います。彼の豊富な経験とフットボールに取り組む姿勢は、チームに多くの刺激を与えてくれるであろうと期待しております」
 

 

【プロフィール】
生年月日:1986年4月16日
ポジション:FW
背番号:30
国籍:日本
身長・体重:175cm・76kg
【経歴】
2005-2010: 清水エスパルス
2011-2013: VfBシュトゥットガルト
2013-2015: 1.FSVマインツ05
2015-2019: レスター・シティーFC
2019: マラガCF
2019-2021: SDウエスカ
2021-2022:FCカルタヘナ

【シント=トロイデンVV(STVV)とは】
1924年創立のベルギー・プロ・リーグ1部に所属するサッカークラブ。 2017年11月に合同会社DMM.comが経営権を取得。2018年に元FC東京GMの立石敬之が最高経営責任者(CEO)に就任 。 5つの柱として、トップチームの強化・アカデミーの充実・新たな事業スキームの構築・スタジアムの拡充・IT導入による技術革新を掲げている。 シュミット ダニエル選手(前所属ベガルタ仙台)、橋岡大樹選手(前所属浦和レッズ)、林大地選手(前所属サガン鳥栖)、香川真司選手(前所属PAOKテッサロニキ)、岡崎慎司選手(前所属 FCカルタヘナ)が所属。2021-22シーズンは勝ち点51の9位で終了した(15勝6分13敗/得失点+2/42得点40失点)。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シント=トロイデンVV >
  3. 【シントトロイデン】FW岡崎慎司選手 加入のお知らせ