オフサイト蓄電池付太陽光電力をホテルに供給~エコスタイルが新たなBGサービスを運用開始!~

太陽光発電事業を中核とした再生可能エネルギーの普及促進を展開している株式会社エコスタイル(代表取締役社長:木下公貴、本社:大阪市中央区)は、新電力の新たなBG(バランシンググループ)サービスとして、オフサイト蓄電池付太陽光発電所から調達した電力を需要家に供給する需給管理の運用を2019年10月1日から開始いたしました。

※当社のBG(バランシンググループ)とは、需要バランシングループで、複数の小売電気事業者の電力需給調整業務を当社が代行し、当社が代表して送配電会社と託送供給契約を締結することです。
エコスタイルでんきURL:https://www.ecostylepower.com/

【日没後も継続する太陽光発電所からの電源調達】
当社はBG代表として、小売電気事業者である1号発電所株式会社(代表取締役:迫田康稔、千葉県市川市)と業務委託契約を交わし、需給管理代行業務などのBGサービスを提供します。そのサービスにおいて、1号発電所グループで所有する蓄電池付太陽光発電所の発電量(30分毎に24時間)を予測し、発電計画を作成し電力広域機関へ提出するなど一連の業務を代行することにより、1号発電所の太陽光発電所からの電力調達をサポートします。
1号発電所社は、運営するホテルに供給し、将来的に温室効果ガス排出量ゼロのクリーンホテルを運営する方針を示しています。蓄電池付の太陽光発電所は、充放電による損失を伴いますが、定格の安定した出力を日没後も得られ、自然変動電源からの電力を系統を通じて実利用する希少な事例と考えております。
(太陽光発電所:定格出力49.5kW・パネル容量257.52kW、蓄電池システム:440kWh)

【エコスタイルは“FIT特例②”の小売電気事業者。独自の発電予測ノウハウがそれを可能にしています】
多くの小売電気事業者は、インバランス(発電予測誤差)リスクの影響を直接負う事がない「FITインバランス特例制度➀」を選択する中、エコスタイルは、インバランスリスクを自ら負う「FITインバランス特例制度②」を選択している数少ない事業者です。これは、インバランスリスクを低減する、気象予報士による独自の発電予測ノウハウが可能にしています。

【エコスタイルのBGサービスの特徴】
新電力事業の立ち上げから電力需給管理、顧客管理サポートなどのバックオフィス業務までを支援するサービスです。
ワンストップで新電力事業への参入を支援!
エコスタイルでは、自社の気象予報士の知見を活かした独自の需給管理により、エンドユーザーの電力需要量に合わせた無駄のない調達を行う仕組みを確立しています。BG参加企業はエコスタイルのBGサービスの活用により、煩雑な需給調整業務を行うことなく、新たな事業として小売電気事業を展開できます。

■エコスタイルのBGサービスの特徴

・専属気象予報士が開発したシステムによる正確な需給管理スキーム
・固定価格での卸電力提供を実現し、BG参加企業の事業計画性を確保
・「需要側に対するインバランスリスク0」「市場変動リスク0」の独自BGスキーム

サービス詳細URL:https://www.ecostylepower.com/service/pps/

【会社概要】
■株式会社エコスタイル

所在地 大阪本社:大阪府大阪市中央区道修町1丁目4番6号ミフネ道修町ビル3階
東京本部:東京都千代田区丸の内1丁目4番1号丸の内永楽ビルディング20階
設立 2004 年10 月5 日
資本金 605百万円
代表者 代表取締役社長 木下 公貴
事業内容 投資型太陽光発電事業
自家消費型太陽光発電事業
電力小売事業
太陽光発電事業
実績 10,174件(2019年9月末日時点、太陽光発電施工実績)
URL http://www.eco-st.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エコスタイル >
  3. オフサイト蓄電池付太陽光電力をホテルに供給~エコスタイルが新たなBGサービスを運用開始!~