スマートフォン AQUOS sense2 を商品化

約5.5インチ IGZO液晶ディスプレイ(※1)とAIが最適な撮影モードを自動で選択するカメラを搭載

 

スマートフォン2018年冬モデル「AQUOS sense2」(左から、シルキーホワイト、ニュアンスブラック) ●画面はハメコミ合成です。 ●開発中につき、発売時にデザインや仕様が変更になる可能性があります。スマートフォン2018年冬モデル「AQUOS sense2」(左から、シルキーホワイト、ニュアンスブラック) ●画面はハメコミ合成です。 ●開発中につき、発売時にデザインや仕様が変更になる可能性があります。

 シャープは、約5.5インチのIGZO液晶ディスプレイと、AIが最適な撮影モードを自動で選択するカメラを搭載したスタンダードシリーズのスマートフォン「AQUOS sense2」を2018年冬モデルとして商品化します。

 本機は、縦横比18:9の約5.5インチ フルHD+(2,160×1,080画素)IGZO液晶ディスプレイを搭載し、高精細な表示と高い省エネ性を実現しました。アプリケーションの表示領域を従来機比約23%(※2)拡大。画面上により多くの情報を表示できるので、WEBサイトやSNSなどの閲覧がさらに快適になりました。また、画面サイズをアップする一方、消費電力は約21%(※3)削減しました。

 メインカメラには、ピクセル(画素)サイズを従来機比約25%(※3)大型化したイメージセンサーと、F値2.0の明るいレンズを採用。薄暗い場所でもノイズが抑えられ、質感や色味がよりリアルな画像を撮影できます。さらに、スマートフォンAQUOSのスタンダードシリーズで初めて「AIオート」機能を搭載しました。料理や花、夕景など、被写体やシーンにあわせて、AIが最適な撮影モードを自動で選択します。

 本体ボディには剛性の高いアルミ素材を採用しました。防水性能(※4)やおサイフケータイなど充実の基本機能に加え、文字やアイコンを大きく表示する「かんたんモード」を搭載しています。さらに、OSバージョンのアップデート(※5)やセキュリティの更新をサポート。スマートフォンを初めて購入された方から法人のお客様まで、安心してご利用いただけます。

■ 主な特長
1.縦横比18:9の約5.5インチ フルHD+(2,160×1,080画素) IGZO液晶ディスプレイを搭載
2.メインカメラに、AIが最適な撮影モードを自動で選択する「AIオート」機能を搭載
3.防水性能やおサイフケータイなど充実の基本機能に加え、文字やアイコンを大きく表示する「かんたんモード」を搭載

※1   IGZO液晶ディスプレイは、株式会社半導体エネルギー研究所との共同開発により量産化したものです。
※2   表示領域を最大にした場合。当社2017年度モデル<AQUOS sense/AQUOS sense lite>との比較。
※3   当社2017年度モデル<AQUOS sense/AQUOS sense lite>との比較。
※4   IPX5/IPX8の防水性能。
※5   発売日から2年間、最大2回のOSバージョンアップをサポート。

本製品に関する情報は、 以下のウェブサイトでもご覧いただけます。
http://www.sharp.co.jp/k-tai/

※ ニュースリリースに記載されている内容は、 報道発表日時点の情報です。
  ご覧になった時点で、 内容が変更になっている可能性がありますので、 あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/181003-a.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/181003-a.pdf
  1. プレスリリース >
  2. シャープ >
  3. スマートフォン AQUOS sense2 を商品化