【楽天イーグルス】楽天生命パーク宮城の座席64脚 仙台駅東まちづくり協議会に寄贈

楽天生命パーク宮城の座席をベンチとして再利用

株式会社楽天野球団(本社:宮城県仙台市宮城野区、代表取締役社長:立花 陽三)は、楽天生命パーク宮城で実際に使用されていた座席を仙台駅東まちづくり協議会に寄贈し、ベンチとして再利用されることとなりましたので、お知らせいたします。
この取り組みは、仙台駅東口エリアの魅力あるまちづくりと公共空間の有効活用に向けての社会実験の一環として、仙台駅東まちづくり協議会が主体となって行っており、楽天イーグルスがこの趣旨に賛同したことで実現いたしました。
■寄贈品
楽天生命パーク宮城で実際に使用していた内野席座席 64脚

■設置場所
仙台市宮城野区・宮城野通沿道

■主催
仙台駅東まちづくり協議会
https://sendai-ekihigashi.net/

■後援
仙台市

 


【報道関係のお問合わせ先】
仙台駅東まちづくり協議会 事務局/担当:菅野(かんの)様
Tel:070-8309-8091  Mail:ekihigashi.machi@gmail.com

※画像をご活用の際はクレジット表記をお願いいたします
クレジット表記:(C)Rakuten Eagles ※(C)は〇丸の中にC【©】
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社楽天野球団 >
  3. 【楽天イーグルス】楽天生命パーク宮城の座席64脚 仙台駅東まちづくり協議会に寄贈