オンラインでの個人向け普通預金口座の即日開設を実現

日本初!平日夜間、土曜・日曜を含めて即日で口座が利用可能に

株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田鎖智人、以下ジャパンネット銀行)では、2020年10月29日(木曜日)より、個人向け普通預金口座が、オンラインでのお申し込みから最短即日で開設できるようになりました。口座開設後は、スマホ決済へのチャージやカードレスVisaデビットでの支払い、ローン申込、totoの購入などを行うことができます。
オンラインでの平日夜間(19時~24時)、土曜・日曜を含めての口座開設即日対応は、日本の銀行ではジャパンネット銀行が初めてです。※2020年10月28日現在、ジャパンネット銀行調べ
本人確認には株式会社ポラリファイ(代表取締役社長:和田友宏、以下「ポラリファイ」)が提供する「Polarify eKYC ( https://www.polarify.co.jp/business/ekyc/ ) 」を導入し、普通預金口座の即日開設を実現しました。また、取引時の本人認証に必要なワンタイムパスワードを発行するトークンは、これまでのカード型トークンからスマホで使えるトークンアプリに変更。ATM利用などのキャッシュカードを必要とする取引を除くほとんどのサービスが、最短で口座開設申込当日にご利用いただけるようになりました。


■口座開設後即時でご利用いただけるサービス
・振り込み ・口座振替 ・ローン申込 ・カードレスVisaデビット
これらのサービスに紐づくお取引、各種スマホ決済チャージ、スポーツくじ・宝くじの購入、公営競技のレース投票などがご利用いただけます。
 



■トークンアプリについて
トークンアプリは、取引の際の本人認証に必要なワンタイムパスワードをスマホで発行します。
また、振り込みやスマホ決済との口座連携などの重要なお取引には、より強固な認証方式であるトランザクション認証を採用。お取引内容と連動したワンタイムパスワードが発行されるので、万が一ワンタイムパスワードが第三者に盗み取られてしまっても、他のお取引に使用することはできません。
https://www.japannetbank.co.jp/apps/token.html
 


セキュリティと利便性を両立したトークンアプリで、より一層便利に安全に、ジャパンネット銀行のサービスがご利用いただけるようになります。

 
ジャパンネット銀行は、『金融サービスを空気のように身近に』をミッションとして、目には見えないけれどなくては困る、気がつくと自然に使っている、そんな空気のような金融サービスを目指しています。
今後もジャパンネット銀行は、安全で便利なサービスの提供に取り組んでまいります。

 
以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PayPay銀行株式会社 >
  3. オンラインでの個人向け普通預金口座の即日開設を実現