「令和元年台風第19号」災害復旧・復興支援活動 ― 地域とともに復旧・復興を目指して ―

 全国46都道府県にパチンコホールを展開する株式会社ダイナム(本社:東京都荒川区西日暮里 代表取締役:藤本 達司)は、ダイナム中野店含め多数の店舗が、令和元年台風第19号の影響により一時休業という被害にあいましたが、営業再開のみならず、一日も早い地域の復興に向けて支援活動を実施しています。
 特に被害の大きかったダイナム中野店では、店舗・本部の従業員が、地域ボランティアとして周辺地域の復旧活動を行いました。主な作業内容は、堆積土砂のかき出し、土嚢や瓦礫の撤去、家屋の片づけ・清掃、必要物資(ゴミ袋・土嚢袋など)のお届けなどです。千曲川決壊による浸水被害のあった長野市豊野町を中心に支援活動を行い、地域の復興に寄与しました。

 

堆積土砂のかき出し堆積土砂のかき出し

土嚢の撤去土嚢の撤去

 

瓦礫の撤去瓦礫の撤去

家屋の片づけと清掃家屋の片づけと清掃


 また、ダイナムジャパンホールディングスグループ各ホール(一部除く)の店頭では、現金及び玉・メダルによる支援活動も受付しています。
(詳細は10月24日のリリースをご覧ください。http://www.dynam.jp/news/pdf/news_191024.pdf
 ダイナムでは、災害発生前の日常を取り戻すために、引き続き被災地の状況やニーズに応じてさまざまな地域の復旧・復興活動に協力してまいります。

ダイナム中野店での店頭支援の様子ダイナム中野店での店頭支援の様子

 

 

 


株式会社ダイナム
パチンコを「誰もが気軽に楽しめる日常の娯楽」となるよう改革し、「街と生きるパチンコ。」を目指すべく、日本全国にチェーン型パチンコホールを展開しています。2019年10月現在、全国46都道府県に405店舗を展開し、1円パチンコなどの低貸玉営業を中心とした店舗展開を推進しています。

株式会社ダイナムジャパンホールディングス
信頼と夢を育む百年の挑戦という企業理念を掲げ、日本全国にチェーン型パチンコホールを展開する株式会社ダイナムを含む3社のパチンコホール経営会社およびその関連会社を保有する持株会社で、2012年8月、パチンコホールオペレーター企業として初めて株式上場しました。
(香港証券取引所メインボード/ 証券コード:06889)

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ダイナム >
  3. 「令和元年台風第19号」災害復旧・復興支援活動 ― 地域とともに復旧・復興を目指して ―