楽天証券の投資情報メディア「トウシル」連載小説初の書籍化のお知らせ

- 約12万人に読まれた人気投資小説が1冊に -

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、2019年2月22日(金)に、お金にまつわる記事や投資情報を配信するオウンドメディア「トウシル」で連載している投資小説が初めて書籍化されることをお知らせします。
「トウシル(https://media.rakuten-sec.net/)」は、“お金と投資をもっと身近に!”をコンセプトに、人生におけるマネープランの作り方や生活のお役立ち情報をはじめ、投資や証券という枠にとらわれない情報を発信する楽天証券のオウンドメディアです。現在、楽天証券に所属するアナリスト陣が執筆するオリジナルレポートのほか、個人投資家や各界著名人のインタビュー記事など、バラエティ豊かな情報を、合計1万8,000件超配信しており、月間85万人の方にお楽しみいただいています。 

このたび、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー、以下「IFA」)法人GAIA株式会社(以下「GAIA」)代表取締役兼CEO 中桐啓貴氏に、2018年2月より7ヵ月にわたり「トウシル」で連載いただき、約12万人※に読まれ、個人投資家の間で“長期投資のバイブル”と話題になっている人気投資小説「もう投資なんてしない」を元にした書籍が発売されます。
 


本書は、株で大火傷を負った30歳スポーツ用品営業マンの心の変化を描いた投資小説を読み進めるだけで「投資の基本」や「正しい知識」、「心構え」が身につく、新しい形の投資の教科書です。複雑な資産運用のエッセンスを抜き出し、資本主義の仕組みや行動経済学の視点も取り入れ、初心者から上級者まで長期資産運用を続けられるコツや、具体的な実践方法をわかりやすく解説しています。

 今後も楽天証券では、幅広いお客様に、投資を身近に感じていただくための様々な情報提供に力を入れてまいります。

 
  • 書籍概要(敬称略)

書籍名:日本一カンタンな「投資」と「お金」の本
著者:中桐啓貴(IFA法人GAIA 代表取締役兼CEO)
発売日:2019年2月22日
価格:1,480円(税抜)
出版社:株式会社クロスメディア・パブリッシング






 
  • 書籍の見所:主人公と一緒に成長できる新しい形の「投資の教科書」

金融や投資の知識がほとんどなく株で大損をした主人公、隆一が、新橋の日比谷神社横の地下室で「先生」と呼ばれる人物と出会い、投資の教えを請うことに。物語を読み進めることで、隆一と共に投資に必要な考え方を得ることができる、新しい形の投資の教科書です。


また、「トウシル」連載小説のほかに、iDeCo・NISAの使い方、10年投資を続けた場合の金額や1億円をつくるための投資シミュレーションなども具体的に解説します。

 
  • 著者プロフィール

兵庫県出身。1997 年「最後の新入社員」として入社した山一證券の倒産を経て、メリルリンチ日本証券で富裕層向け資産運用コンサルティングに従事。その後米国大学院でのMBA 取得中、人々を幸せにしている現地のファイナンシャルアドバイザーの姿に衝撃を受け、日本でも同様のサービスを根付かせようと決意。2006 年に「銀行でも証券会社でもない資産運用のパートナー」として設立したGAIA では、これまで10,000 件を超える資産運用アドバイスを行う。自身でも顧客を受け持つ傍ら、金融機関に属さないIFAの先駆けとしてテレビ番組の他、日本経済新聞などでもコメントを寄せる。これまでに16 冊の書籍を出版しており、主著に「会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方」(クロスメディア・パブリッシング)や「損しない投資信託」(朝日新書)があり、累計10 万部を超える。

 
  • GAIAについて
金融機関に属さない独立系ファイナンシャル・プランナーの会社として2006年に設立した、日本を代表するIFA法人。2016年からIFA業界でいち早くフィーベース(資産残高連動型)サービスを導入し、「銀行でも証券会社でもない、新しい資産運用のパートナー」をキャッチフレーズに、退職世代・ヤングプロフェッショナル世代を中心に認知を広げている。商品提案型ではなく、お客様の価値観や考えに基づくヒアリング型のコンサルティングを重視。家族契約率は約5割と、相続から教育資金を含めた資産形成プランニングなど、世代を超えた「一家のかかりつけ医」のような存在としてお客様に寄り添っている。現在、資産運用設計コンサルティングを行うIFAは13名、契約者は730世帯、仲介している預かり資産は300億円を超える(2019年1月末時点)。

 
  • 目次
【Part1】一番シンプルで一番儲かる方法を知る(マインド編)
第 1 章 投資で儲けるために一番大切なこと
先生との運命の出会い/新橋・日比谷神社で投資を教わる/投資とトレードはどう違う?/金持ちは株で資産を増やしている

第 2 章 1ドルが60万ドルに化ける資本主義のパワー
人間の欲求が生んだ資本主義/億万長者になるチャンスがある社会/投資で儲けたおカネは汚い?/投資で痛い目にあわないための知識/リスクから逃げるか、可能性に賭けるか

第 3 章 バブルと投資の関係。儲かる仕組みが分かった
長期で見れば株価は上がる。本当か?/マグロの価格とバブルの以外な関係/高いとわかっていて買うのはなぜ?/株価が高いか、安いかを考えてはいけない

第 4 章 気持ちを整えるだけで投資の勝率は上がる
独りよがりな投資で痛い目を見た/損失を減らしたいからリスクをとる!?/お得感に潜む罠。「アンカリング効果」とは?/楽観主義は投資において利点か、それとも…?

第 5 章 長期投資がもっとも優れた投資法である本当の理由
猿がダーツで決めたポートフォリオ/なぜ投資になるとふつうに考えられないのか/やっと腑に落ちた長期分散投資の魅力/もう投資なんてしないなんて言わない

【Part2】一番シンブルで一番儲かる方法を実践する(ノウハウ編)
お金が増える具体的で実践的な方法

世界株式型のインデックスファンドに投資する/ファンドのコストは基本的には低いものを選ぶ/iDeCoとNISA、おどろくべき節税効果とは?/50歳から始めても5000万円作れる/60歳からリスクを抑えて70歳まで運用/信頼のできるアドバイザーに相談する/さあ、この10本に長期分散投資をしよう!

※:2019年1月31日現在、連載小説全25回の合計ユニークユーザー数を楽天証券にて集計


以上



【手数料等およびリスクの説明について】
楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されている内容や契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。 

商号等:楽天証券株式会社
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天証券 >
  3. 楽天証券の投資情報メディア「トウシル」連載小説初の書籍化のお知らせ