DJIの測域センサー「Livox」製品の取り扱いを開始


SB C&S株式会社は、DJI JAPAN社の高精度・高品質の測域センサー「Livox」製品の取り扱いを開始します。

測域センサーは、自動車の自動運転において「目」の役割を担う重要なセンサーです。
近年、自動車の自動運転だけではなく、ロボットの自律走行や建設機械、ドローンと組み合わせて使用する3Dマッピング、既存のセキュリティシステムの代替としても注目されています。

DJIの「Livox」製品は、独自の技術により隅々までスキャンが可能で、高度なアルゴリズムから物体の反射率をより細かく認識することができます。また、量産化の成功により、低単価での製品化を実現しています。
 

 

【製品概要】

【価格(税抜き)

 Mid-40  7万445円
・ Mid-100 17万9,182円
・ Horizon  9万円
・ TeLe-15 未定 (2020年4月出荷開始予定)

【製品の詳細とお問い合わせ】
SB C&S株式会社 「DroneBank」(https://dronebank.jp/

Livoxについて
Livoxは、世界的なドローンメーカーのDJIがさまざまな用途向けに開発した高性能LiDAR※センサーです。 独自の非反復スキャンパターンは、リアルタイムで正確な情報を提供し、コンパクトなサイズでユーザーは既存の製品設計に簡単に組み込むことができます。自動運転はもちろん、AGVや高精度3Dマッピング、セキュリティ管理など、様々な分野でサポートできると期待されています。
https://www.livoxtech.com/jp

※LiDAR(ライダー)は、ターゲットにレーザ光を照射してターゲットまでの距離を測定する測量方法です。もともと光(light)とレーダー(radar)を混ぜた造語です。

・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
・その他、このお知らせに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
・プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SB C&S株式会社 >
  3. DJIの測域センサー「Livox」製品の取り扱いを開始