分子生物学用酵素・キット・試薬の市場規模、2026年に297億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場 (~2026年):製品 (キット・試薬・酵素)・用途 (PCR・シーケンシング・エピジェネティクス・合成生物学)・エンドユーザー (研究機関・医薬品&バイオテクノロジー企業・病院)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月26日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1009016-molecular-biology-enzymes-kits-reagents-market-by.html


分子生物学用酵素・キット・試薬の市場規模は、2021年の153億米ドルからCAGR14.2%で成長し、2026年には297億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、ライフサイエンス産業における研究活動や研究開発投資の増加、ゲノムプロジェクトの増加、ライフサイエンス産業における技術の進歩、遺伝性疾患の発生率の上昇などによりもたらされます。しかし、遺伝子検査に対する償還額が限られていることが、今後の市場の成長を抑制すると予想されます。

COVID-19が分子生物学用酵素キット・試薬市場に与える影響

世界保健機関(WHO)は、2020年3月11日にCOVID-19をパンデミックと宣言しました。研究者たちは、このパンデミックに対処するための診断方法や治療法を模索してきました。COVID-19の診断には、宿主の体内に存在するウイルスの遺伝物質を正確かつ確実に検出できるPCR検査がゴールドスタンダードとされています。

牽引要因:ゲノムプロジェクト数の増加

遺伝子の変異は、免疫系疾患、代謝性疾患、がん、先天性遺伝性疾患などの病気や障害の発生に重要な役割を果たしています。そのため、ヒトゲノムに関する詳細な知識は、研究者が特定の疾患の病因を理解し、治療計画を立てる上で大いに役立ちます。世界中でゲノムプロジェクトの数が増加していることに加え、遺伝子解析のコストが削減されていることから、病気の治療、個別化医療、微生物遺伝学など、さまざまな分野の研究が進んでいます。これらのプロセスには、様々な分子生物学用酵素や試薬が必要とされるため、同市場の成長を牽引するものと考えられます。

抑制要因:遺伝子検査に対する償還金の制限

遺伝子検査の償還方針は柔軟性に欠けています。米国のほとんどの健康保険サービスは、医師の処方がない限り、遺伝子検査の費用を補っていません。補償と払い戻しは、提供者の方針に依存しています。例えば、メディケアでは、がんと診断された人で、メディケアの下で遺伝性の突然変異に対する遺伝子検査の適用を受ける資格がある人には、遺伝子検査が適用されます。このような問題が、全世界での市場の成長を抑制しています。

市場機会:研究開発投資がもたらすチャンス
過去20年間で、ゲノミクスは科学的な研究分野として発展してきました。政府機関からの助成金や資金を背景に、ゲノミクス市場は技術面で大きな変化を遂げてきました。研究開発投資は、分子生物学用酵素・キット・試薬市場に潜在的な成長機会をもたらしています。中国は世界でも有数の研究開発投資国であり、2023年には研究開発費で米国を追い抜くと予想されています。このため、多くの企業が中国での事業や研究開発活動を拡大しています。中国の研究開発費は、2020年には10.3%増の3780億米ドルに達すると予想されました。




【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1009016-molecular-biology-enzymes-kits-reagents-market-by.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. 分子生物学用酵素・キット・試薬の市場規模、2026年に297億米ドル到達予測